流産の時期とその種類

妊娠が判明したら、無事にベビーの元気な顔を見るために、一番気をつけたい流産

妊娠初期、安定期、出産真近の後期それぞれの時期に起こりやすいものとその種類があります。妊娠12週未満に起こるものを「早期流産」といい、12週以降22週未満に起こるものを「後期流産」といいます。

出血や腹痛などがその兆候であるとされていますが、母体に何の影響も現れず、定期健診のエコー検査で胎児の胎動が止まっていることがわかり、ようやく気がつく場合もあります。

大切なベビーのために、流産の種類とその起こりやすい時期をよく理解し、心と身体の調子を整えて、豊かなマタニテイライフを満喫していただくために、是非この記事を参考にしてみてください。

 

妊娠初期は一番危険!痛みや出血など流産のサインを見逃さないで

妊娠初期に流産してしまうその原因のほとんどは受精卵の異常であると言われています。

胎児の染色体異常卵巣の機能の低下によるもの、もともと子宮が胎児を10ヶ月間育むのに適した環境を持っていないことなどが原因で受精卵の細胞分裂がスムーズに行なえないことが原因として挙げられます。また妊婦さんに持病があると流産のリスクも高くなります。

流産してしまうと、多くの妊婦さんがご自分を責めてしまいがちですが、妊娠初期に起こる流産は、ほとんどが防ぎようのないことであることが多いのです。お仕事を持っていて多忙だったり、運動をしていても、それらが原因になることは、まずありません。

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s_s流産の兆候として出血や痛みがあります。妊娠初期にこのような症状が出たら早めに産婦人科へ。時期や原因によりますが、流産を防ぐことができる場合があります。

持病をお持ちの方はドクターと相談して少しでも良い状態の時期に妊娠できるようにすることで、流産のリスクを減らすことができます。

女性として、パートナーとの将来や妊娠を意識したら、一日も早く健康的な妊活を始めることをお勧めします。

 

妊娠後期の流産を健康的な生活と小まめな休息で防いで!

妊娠後期に入ると、いわゆる「安定期」と呼ばれ妊婦さん自身もまた職場や家庭でもちょっと気を緩めてしまうことがあるものです。

ですが妊娠中はやはり細心の注意をはらって過ごしたいものです。心身ともに健康的な生活を心がけましょう。お腹の張りを感じたら無理せず横になりましょう。ストレスにも気をつけて。

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s_s妊娠初期に妊婦さんが流産する確立は約13%といわれています。これが中・後期になると約1.6%まで下がります

この時期の流産の原因の大半は妊婦さんにあると言われています。妊婦さんが気づかない間に病気に罹患していることもあります。

妊娠後期の流産の兆候はやはり出血と痛みですが初期とは違い、大量の出血がある場合もあります。痛みも出産時に近いものであったりします。

後期の流産の兆候があっても適切な処置を受ければ流産を防ぐこも可能ですが、胎児には大きな負担であることには変わりありません。早産、未熟児出産、さらに重大な先天性疾患の原因にもなります。

「安定期」も引き続き、規則正しい生活と健康的な食生活で、妊婦さんもベビーも準備万端で出産の日を迎えたいですね。

つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。

これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。

また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれば、入院するほどひどい状態になる場合もあり、つわりとはかなり個人差のはげしい現象であると言えるでしょう。

そのつわりの中でも代表的な症状のもの、「これもつわり!?」と思えるような、ちょっと特異なものまでさまざま症状を集めてみました。

 

代表的な「吐きづわり」と「食べづわり」

代表的なつわりの症状で、多くの人が経験するのが先にも述べた「吐きづわり」です。

症状はとにかく胸がむかむかしたり、吐き気がしたりして気分が悪く、食べても吐いてしまうといったものです。常に船酔いや二日酔いをしている気分だと例える人もいるつらい症状です。

また、食べ物だけでなく水分も取れない状態になることもあり、このような場合には病院で点滴を受けるなどの対応が必要となります。

また、同じく多くの人が体験するのが「食べづわり」です。

このつわりは名前から「とにかくものをたくさん食べるつわり」だと誤解されていることが多いのですが、実際は「食べないと気持ち悪くなるから食べている」という状態なのです。

こちらは吐き気を抑えるためにたくさん食べてしまい、体重の急激な増加が心配されますので、このつわりの人は気持ち悪くならない程度に少しづつ食べるようにしましょう。

 

こんな変わったつわりも…

では逆にちょっと変わったつわりの症状を見ていきましょう。

5c2c3d08a68faa90031de5ea2ddddf32_s_s

においづわり」と言われる症状もその一つです。症状は人によって差があるようですが、とにかくにおいに敏感になることが特徴です。

例えば、特定のにおいが苦手になり、その匂いを嗅ぐと気持ち悪くなるといった症状や、「ガソリンのにおいが好きになって困った」と言う人もいるほど、どうしてもそのにおいが好きになってしまうというような症状も見られます。

また、とにかく眠くてしょうがないという「眠りづわり」や、ひたすらよだれが出てくる「よだれづわり」という症状もあります。

このように、つわりは人によって千差万別です。つわりの時期はつらいものですが永遠に続くものではありません。また、つわりの体験は母親同士の話のネタとして盛り上がるものの1つです。

つらかった体験も変わった体験も笑って話せるようになりますので、頑張って乗り越えていきましょう!

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります!
オイル・クリーム・ローションです。

そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか?
皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。

また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。
一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

妊娠線は保湿をして弾力を保つことで防ぐことができます。
ただ、妊娠線ケアの種類は、高い物から安い物、先程あげたオイルやクリーム、ローションなどがあり、どれを選んでいいのか迷うと思います。

妊娠線ケアを選ぶ参考になるよう、それぞれご紹介していきますね!

 

ローション・クリーム・オイルの選び方は?

ローション、クリーム、オイルの特徴からご紹介していきます!

まず、ローションは他のクリームやオイルに比べると保湿効果の高さは低いです。
ただ、皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織と三層に分かれています。
表皮は私達が触れることのできる、一番上の皮膚ですね。真皮からは基本的に触れることができないのですが、ローションは真皮・皮下組織まで保湿液を浸透させてくれます!
なので、肌が乾燥しがちな方にオススメです。

クリームは保湿効果も真皮・皮下組織への浸透率も、ローションとオイルの中間となっています。
普通肌の方や、ローション・オイルを使い分ける方は基本的にはクリームの使用をオススメします。

オイルは保湿効果が抜群です!
なので、先にローションやクリームを塗ってからの+αで使うのがオススメです。
オイルや、クリームには匂いのあるものも多いので、匂いに敏感な方は無香料を選ぶのがいいと思います。

 

ケア用品を使うコツとは?

次に、ケア用品を有効的に使うコツを紹介していきます!

妊娠線ケアは血行が良く、肌全体に水分が行き渡っている、お風呂上りがオススメです!

c85176d39340d1ae958eff6fe9093581_s_s
また、肌が乾燥肌の方は先にローションかクリームを塗ってからオイルで蓋をしてあげてください
肌が水分を浸透させた状態を保つことができます。

身体に妊娠線ケアを使用するときは、手のひらを温めてあげてから塗るとリラックス効果も期待できます!

お腹全体を撫でるときは、右回りでマッサージしてあげてくださいね。

マッサージが面倒な方は、肌への浸透力が高い、ケア商品を選んでください。
マッサージが不要となるので忙しい方に特にオススメです!

自分では届かない、太ももの後ろや、下腹部、背中などは自分でも鏡チェックをしつつ、旦那さんにも手伝ってもらいましょう!

これを機に、妊娠線ケアを行い産後も美しい身体になるように頑張りましょう!

胎動の種類と時期についてのまとめ!

お腹の中にいる赤ちゃんが成長するにつれて、次第に胎動を感じ妊娠している事が実感できるようになってきます。実はその胎動には様々な種類があったり、時期によって動きが違ってきたりするのですよ。
そこで、今回はその胎動の種類と時期についてご紹介します。

 

時期によって違ってくる胎動の動き

お腹の中にいる赤ちゃんは、妊娠8週ごろになると筋肉が発達し始めます。そのため、色々な動きが出来るようになってくるのです。
赤ちゃんが動き始める妊娠8週ごろにはには跳び上がったり、しゃっくりをしたり、前転や左右に回転したりしています。しかしまだ動き始めの頃は、小さい動きなのでお母さんは胎動に気付かない場合が多いです。

しかし妊娠10週ごろになると赤ちゃんの動きも次第に活発になっていき、手や足をぎゅーと伸ばしたり曲げたりしたり、子宮の壁に触れた時には蹴り返したりするようになってきます。お母さんのお腹には赤ちゃんの手形や足型がついたりする事もあり、胎動を実感する事が出来ます。

妊娠12週頃になると細かい動きをするようになり、指しゃぶりをしたり、羊水を飲んだりおしっこをしたりするようになってきます。

そして妊娠15週頃には目が発達してきて、まぶたの下で目が動くようになってきます。妊娠の時期によって、大きな変化を遂げる赤ちゃんの発達には驚きますね。お母さんの気付かない間に、日々成長をしてきているのです。

 

胎動の種類について

人によって胎動の感じ方は違ってきますが、その動きには様々な種類があります。代表的な胎動の種類を見ていきましょう。
fea2fe5f08eb6ab563cf96aae66b27e7_s_s
まず赤ちゃんがお腹の中でびっくりする動きですが、これは赤ちゃんの聴覚や皮膚が発達して起こる動きなのです。聞こえてくる音などの刺激を受けて、びっくりする動きです。

次に赤ちゃんのしゃっくりですが、胎動ではピクッピクッとした小刻みに振動しているような動きに感じます。お腹の中の赤ちゃんは、何度もしゃっくりを繰り返します。頻繁にこのような胎動を感じるため、びっくりするお母さんも多いです。しかし赤ちゃんは、生まれてから肺呼吸をするために何度も横隔膜を動かし、練習をしているのですよ。

最もわかりやすい胎動の種類として、赤ちゃんが手や足を伸ばしたり曲げたりする動きがあります。胎動ではぐにゅーとした感じがあります。

そして赤ちゃんが大きくなってくると、手や足をたくさん動かすようになるため、蹴られるような感覚を感じるようになります。これは赤ちゃんのキックであり、成長している証です。しかし、たまにお母さんが痛い思いをする事もあります。

妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。

また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。

 

妊娠線予防のクリームやオイルを使う

まず誰もが思いつくのは妊娠線予防のクリームやオイルを使う事ではないでしょうか。お腹の皮膚が伸びずに亀裂が入ってしまうのが妊娠線です。クリームやオイルを使うことでお腹の皮膚を保湿して柔らかく保つことが出来ます

妊娠線予防のクリームはお風呂あがりなどにたっぷりお腹に塗って、優しくマッサージしましょう。クリームが冷たいとお腹が張ってしまう原因にもなるため、一度手のひらにクリームを乗せ、手でクリームを包み込んで人肌程度に温めてから使うと良いでしょう。出来れば毎日習慣化することが大切です。マッサージするとフワフワの柔らかいお腹になるのが実感できます。赤ちゃんの胎動を直に感じることもできるので、一石二鳥です。

妊娠線予防のクリームやオイル、ジェル、ボディーバターなどは、様々な種類のものが市販されています。目的は、どれも大きくいうとお腹の保湿ケアです。妊娠中に毎日たっぷり使えるように大容量の商品が多いです。使用感も様々です。よく伸びるもの、浸透が良いもの、良い香りのするものなど、自分に合った商品を選んでみてください。サンプルのパウチがある商品もありますので、一度試してみるのも良いですね。

 

さらしやガードルなども有効

78f9f4aafaffe7229d40e44a9f162d13_s_s急にお腹が大きくなると妊娠線が出来やすくなります。お腹をさらしや腹巻き、ガードルなどで固定してお腹を急に大きくしないことも、妊娠線ケアの方法としては有効です。お腹を固定することでお腹を外部の刺激から守り、お腹の保湿効果も期待できます。

昔は妊娠5か月目の戌の日におなかにさらしを巻く習慣がありました。今は赤ちゃん用品店やデパートなどに腹巻タイプやガードルタイプのものが販売されています。お腹を固定することで、赤ちゃんが臨月前に下がってくることを防いだりもできます。あまりに固定しすぎて苦しくなるものは、ママにも赤ちゃんにもよくありません。包み込む感があるものが良いですね。

妊娠線ケアで、赤ちゃんがいても綺麗で素敵なお腹を維持しましょうね。