妊娠線予防に無印のホホバオイルが効果あり!?

コスパや使い勝手のよさから無印のボディケアは確かに人気があります。

実際に妊娠線に使う人もいますが、専用オイルというわけではないのでこれだけで本当に大丈夫という保証もありません。あくまでも保湿オイルという認識が正しいでしょう!

無印のホホバオイルは、べたつくことなく、浸透性も高いので大変人気です。コスパも大変よく、50ml714円、100ml1300円、200mlのみ2500円でポンプ式なので使いやすいですね。

このような価格ですので初めての方も購入しやすく、リピートしやすいのが特徴です。

 

無印のホホバオイルの特徴は?

特に変なにおいもしませんし、全身どこにでも使えます。

しかし、保湿オイルとしては優秀なのですが、妊娠線をケアするような成分は入っていません。傷んだコラーゲンを修復する機能などはありませんのでこれだけでは残念ながら不十分と言えます。

そのため乾燥肌の方は先にこのオイルをつけて、その後に専用クリームを塗ることでより良い妊娠線対策ができるでしょう。

 

そもそもホホバオイルって?

では、ホホバオイルは本来どういった目的で使うかというと保湿効果とバリア機能が高いことから乾燥や紫外線、肌荒れ、シミそばかすを防ぐといった効果が見込めます。

顔やボディだけでなく、髪の毛や頭皮にも使えるマルチオイルで髪の毛の補修効果もあるとされています。

妊娠線を修復するほどの作用はないとはいえ、乾燥してカチカチに固まってしまった肌を柔らかくする効果は期待できます。おなかだけではなく、太ももやおしり、胸なども妊娠線のできやすい場所ですので忘れずに塗っておきましょう。

円を描くようにゆっくりマッサージすることでリラックス効果も得られます。妊娠後期になるとより乾燥したり、皮膚が亀裂しやすい時期ですので1日に数回塗らないといけなくなりますね。

 

妊娠線専用クリームとホホバオイルを組み合わせる

pregnancy and skin care. belly of pregnant woman and smile from moisturizing cream for stretch marks

このようにスキンケア(保湿、ニキビケア、美白効果、アンチエイジング効果、角栓除去効果)、ヘアケア(髪の毛の補修、頭皮ケア、抜け毛予防)、マッサージといろんな用途で使える便利なオイルがホホバオイルです。

乾燥肌、敏感肌の方は妊娠線専用クリームと併用して上手に全身ケアしていきましょう。

 

保存方法としては直射日光を避け、冬場に気温が低くなって固まった場合は常温で溶かして使えば問題なく使えます。約1年を目安に使い切ってください。

おすすめの妊娠線クリームはこちら>>

 

for fam(フォーファム)で妊娠線予防できる?

妊娠するとホルモンバランスの変化もあって体型が変化します。バスト、ヒップ、おなかが体重増加によって急激に大きくなっていくので皮膚や皮下脂肪がその変化についていけないこともあります。

そうすると皮膚表面が断裂してしまい、妊娠腺となってしまいます。

つわりが終わると食欲が増すので太りやすくなります。体重が急に増えないように食事や運動などの工夫が必要となる時期です。そのためおなかが大きくなる妊娠5か月前後にはしっかりスキンケアをして保湿に気を付けることが大事です。

 

pregnancy and skin careおなかだけでなく、ボディ全体にしっかり塗ってあげましょう。

できればおなかが大きくなる前、妊娠が発覚した時点で早めに塗り始めると妊娠腺ができにくくなります。万が一できてしまったとしてもケアを続けていればできてしまった妊娠腺も消えやすくなるでしょう。

妊娠線ケアには、ローションとミルクの2つのタイプがあります。

 

ローションとミルクは何が違う?

dsc08257どちらを選ぶかはその方の好みにもよりますが、違いはローションタイプはミルクタイプよりスクワランオイルを5倍配合、肌の感触がべたつかずサラッとしている、牛乳・卵・大豆由来の材料を使わないといったアレルギーの方への配慮がある点です。

ミルクタイプはスクワラン、アルガン、オリーブ、ひまわりオイルなどの保湿成分に加えて母乳に近いとされるヨーグルト液を配合しています。

たんぱく質、ビタミン、ミネラル、多糖類といった栄養が豊富でお肌に潤いとモチモチ感を与えてくれます。大豆などのアレルギーがある方はローション、ない方は両方使えばより効果を高めることができるでしょう。

フォーファムは300gとたっぷり使えるファミリータイプです!

そのため全身に使えるのはもちろんのこと、家族みんなで使えるのも特徴です。赤ちゃんのお肌にも使える優しい商品なので出産後もずっと使い続けて、家族ですべすべ肌を目指してみてはどうでしょうか。

出産後も急激に皮膚が収縮して妊娠腺ができやすいので気を抜いてしまうと後で後悔する方も多いようです。人によって妊娠腺ができる時期は違うのでできるだけ保湿ケアは継続するのがおすすめですね。

 

for fam(フォーファム)の口コミはどう?

高保湿スキンケアのフォーファムの口コミは口コミサイトや通販サイトなどいろんな場所で見ることが可能です。

べたつきもなく、夏でも使いやすいと高評価が多いスキンケアと言えます。クリームに関しては容器の改善を求める声が多いようですね。

全体的には高評価が多いのがフォーファムの特徴です。植物オイルやセラミドなど保湿成分がたっぷりなのにそんなにべたつくこともなく、伸びがよいスキンケアです。では良い評価と悪い評価を比較してみましょう。

 

悪い評価

そんなにはないのですが、悪い評価からご紹介します!

  • クリームタイプは残り4分の1くらいになると固くて出てこない
  • ポンプが壊れやすい

 

良い評価

  • べたつかず、すーっと浸透し、使い続けると肌がしっとりもちもちに
  • 量が多いのでたっぷり使える
  • 香りがないので子供が嫌がらない
  • ボトルがおしゃれで部屋に置きっぱなしでも問題なしでも大丈夫!
  • ボトルタイプで使いやすい

 

無香料、低刺激、オールシーズン使えるというのが良い評価の特徴です。

保湿力については個人差があるようで物足りない人はクリームの後にさらにオイルを重ねる人もいれば、ローションだけでも充分、夏はローションだけでいいという方も。それぞれの好みでローションだけ、ローションとクリームを併用など決めて使えばいいのではないでしょうか?

ただ、絶対に妊娠線を作りたくないという場合は、断然ローションとクリームの併用がおすすめです。併用したから絶対に妊娠線ができないというわけではありませんが、できる確率を低くすることはできます!

悪い評価はそれほど多くないのですが、クリームがポンプに詰まって出てこないという意見が圧倒的に多いようです。

ローションは問題ないようです。クリームタイプはチューブにするなり容器の改善が求められていますが、まだ変わっていないようですね。固めのクリームなので最後まで使うのがかなり大変のようです。小さい子供がいる家庭では特にお困りのようですね。

容器以外には特に悪い口コミは見つかりませんでした。

肌荒れの改善に役立つということで年齢を問わずに幅広く使えるようです。もちろん人によっては合わないことやアレルギーもあるでしょう。内容成分は公開されていますので、特に赤ちゃんに使う時は成分をきちんと確認してから購入したいですね。金額に関しては高いと感じる方もいるようですが、妊娠腺予防もできるものと考えれば逆に量が多めなのでそこまで高いものではないかもしれません。
妊娠腺クリームは同じくらいの量で6千円から8千円程度するものも少なくないからです。コスパの良さと高保湿と言う点では優れていると言っていいでしょう。

for fam(フォーファム)の購入は公式サイトで!

フォーファムはどこで買えるのでしょうか?以下にあげてみます。

 

通販

公式サイト、楽天市場、Amazon、ヤフーショッピング、ベビーザらす

 

実店舗

PLAZAや一部コスメショップ

今のところ、残念ながら一般的なドラッグストアでの取扱がないようです。

でも全国のPLAZAにあるのでネット専売品よりは手に入れやすいかもしれませんね。その他にも一部コスメショップにあることも。しかしあまり情報がないので公式サイトで問い合わせした方がいいかもしれません。

割引や返金保証は公式サイトのみのサービスです。2本セット購入での割引や初回購入30日保証は公式サイトに詳細が載っています。全部使い切っても返金保証は適用されますが、容器を返却すること、商品代金の支払いがすでに終わっていることが条件です。

送料や振り込み手数料などは自己負担で返金されません。

他の通販サイトで購入する場合はそのサイトでのポイントを使って割引するしかありません。もちろん定価購入です。楽天やヤフーで2本購入で送料無料があるくらいでしょう。送料無料のサイト、負担するサイトがあるので確認して購入しましょう。

ポイントをたくさん持っているならそちらで、ないなら公式サイトがお得と言えますね。

 

実店舗はおすすめできない?

fotolia_77997651_xsもちろん実店舗なら割引はまずないと思います。特に割引がなくてもいいからすぐ買いたいという人向けでしょう。ちなみにPLAZAはPLAZAPASSというポイント制度はありますが、店舗によっては対象外の場合もあるので注意が必要です。

公式サイトでは2本セットは送料無料、定期購入は1か月に2本、2か月に2本のどちらかで毎月1本あたり290円お得。

定期便はお届け日の7日前までに連絡すれば回数制限はないので1回でも解約可能です。試しに1本だけ購入して合わないなら返金保証を使い、合えば定期購入にすると言った方法が一番お得かもしれません。

セット割引は実施しているときとそうでない時もあるようなので事前に確認しましょう。大幅な割引はないものの、一般的な妊娠腺クリームよりは大容量でコスパがいいので家族で使うのには向いていると言えます。ドラッグストアに置いてある安価なものは香料や保存料など添加物が多いので、値段だけで判断しないのが大事です。

 

>>for fam(フォーファム)をお得に購入<<

 

 

妊娠線予防で一番大切なのはこれ!【保湿】

妊娠線予防をしたいとは妊婦なら誰もが考えることであり、跡として残ってしまう可能性が高いからこそできる限りの対策を立てるというのが基本として知られるようになってきました。

妊娠線予防で一番大切になるのは保湿であるということをまず理解することが大切です。妊娠線ができてしまう基本的な理由と、保湿がその対策として有用である理由を知って、万全な対策を行っていけるようになりましょう。

また、保湿に加えて行うと良い対策もあるため、合わせて行っていくと妊娠線予防の効果を高められると期待できます。

胎児の成長を喜んでいける妊娠生活を送っていけるようにするために保湿ケアを中心とした十分な妊娠線予防を行っていきましょう。

 

妊娠線の原因と保湿による予防

妊娠線ができてしまうとずっと跡が残ってしまい、美容を大切にする女性にとっては悲しい事態になってしまいがちです。その対策をする上では妊娠線がどうしてできるのかを知ることが大切です。

妊娠線は皮膚の下にある真皮が引き伸ばされることによって断裂することが原因で生じています。

お腹に妊娠線ができやすいのは胎児が育ってお腹の真皮が引き伸ばされることになるからであり、断裂してしまわないようにするケアが予防につながるのが必然と言えるでしょう。

断裂を防止するために役に立つのが保湿です。皮膚が乾燥すると肌荒れが起こって出血しやすくなってしまうというのは誰もが経験することでしょう。

水分が十分にあるということは肌の柔軟性を保つ上で重要な要素であり、保湿ケアを行って真皮の柔軟性を保っていくことが妊娠線予防につながるのです。

 

真皮を守るための取り組み

真皮の断裂を防いでいくためには保湿ケアが重要になります。

普段からスキンケアで保湿クリームを使用しているという人も、妊娠線対策用のクリームを利用した方が高い効果を期待できるでしょう。真皮を守ることを考えて配合されていることから、他の場所に使うクリームよりも適した成分になっていることが多いからです。

また、保湿ケアの効果を高めるためには真皮自体にも保湿性の成分を十分に供給しておく必要があります。ヒアルロン酸やコラーゲンを摂取する習慣をつけて柔軟性の高い真皮にすることは役に立つ取り組みです。

9d65d481953d5292df87b3442c73e2ca_s_sこれに加えて、脱水症状にならないように水分をとることも欠かせません。つわりが始まると水が臭くて飲めない状況になってしまい、脱水症状になりやすいことは留意しておく必要があります。飲める水分を見つけてしかりと補給するように努めましょう。

妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。

妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。

この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きたことで、もちろん時間がたてば元に戻りますがしかし一度引っ張られるとなかなか消えてはくれないのです。

そこで産んだ後の気掛かりである妊娠線予防として行う場合、そのコラーゲンを元に戻すクリームオイルのメリットとデメリットを知っておくことが大事です。

 

妊娠線予防に使われるクリームとオイルのメリットデメリット

妊娠線を予防するためには産んだ後に伸びきってしまったコラーゲンを元に戻すことが大事です。そのためにはコラーゲンの復元に役に立つクリームおよびオイルを使うことが大事になりメリットとデメリットを正確に理解しておくことです。

基本的にクリームのメリットは妊娠線の原因がコラーゲンが伸びきっていることが原因なので、クリームを塗ることによってマッサージをすると伸びきった皮膚の再生が促進されて元に戻る力を戻します

ただその反面クリームはマッサージして延ばさなければならないため、その使い方に慣れていないと皮膚が荒れてしまい皮膚が弱い人には使いづらいというデメリットがあります。

そしてオイルのメリットは通常油のままでの液体なので手で触れるだけで広範囲に使えて皮膚に優しく、さらに高い保湿成分があるので皮膚の弾力を元に戻す力が強いです。

ただしデメリットとしては使うのが油なので酸化が早く使用期限が短いことです。

 

結局のところは両方使うのがベストです。

db286f617d724a292db7b0ac15b6020f_s_s妊娠線予防としてクリームを使うのかそれともオイルを使うのかは議論されますが、先に言ったとおりにクリームにもオイルにも一長一短といった形でメリットそしてデメリットが存在します。

結局のところクリームとオイルどちらを使えばいいかという点においては、基本的に両方同時に使ったほうがいいということになります。

それはオイルの弱点は油で酸化が早いことがデメリットですが使い切れば問題ないので、妊娠線が出来ている範囲すべてに塗るということを毎日繰り返せばいいだけです。

その中でクリームは肌が弱い人には使えないといいましたが、このオイルで皮膚表面を覆っていればこすっても大丈夫なのでマッサージをしても皮膚が荒れることはないのです。

そもそもクリームもオイルも人体にとってよい成分でお互いがけんかすることはないので、どちらかだけを使えばいいというものではなく両方使ったほうがお互いのデメリットを打ち消しあって相乗効果が生まれます

妊娠線予防するならベビーオイルと妊娠線クリームどっち?

妊娠線の原因の1つとして、お腹の膨らみに皮膚が追い付けずに真皮などが裂けてします事が挙げられます。この皮膚下の真皮などが裂ける原因は、裂けてしまう部位の乾燥や柔軟性が足りないために起こります。

柔軟性を補助し潤いを保つために、妊娠線予防クリームベビーオイルなどの保湿剤を肌の状態を見ながら使用します。

 

妊娠線が出来てしまう原因とは

妊娠線が出来てしまう主な原因には、胎児の成長によってお腹の皮膚が追い付かなくなってしまう事で起きてしまいます。皮膚の下にある真皮などが裂けてしまうと元の状態に戻る可能性は少なく見た目にも良いものではないため、皮膚の柔軟性を補助する形で保湿クリームやオイルを使って皮膚が裂けてしまうのを防ぐ必要があります

妊娠線の初期症状としては、皮膚下の真皮などの裂けめ部分は赤い線状となって現れるため、見た目で初期と判断する事が可能です。人によっては痒み軽い痛みを感じる場合もありますが、何も感じずに気づいたら妊娠線が出来ていたという人もいます。

基本的な妊娠線初期に対する簡単な処置としては、なるべく皮膚の感想を避けるために保湿剤を使用します。ただし、妊娠線を出さないためにも予防クリームオイルは使用するようにしましょう。

妊娠線予防クリームやオイルそれぞれに専用の物がありますが、クリームかオイルのどちらを選ぶべきか悩む方もいるのではないでしょうか。基本的には、肌の状態によってクリームとオイルを使い分ける方が良いため、両方とも揃えておくと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームとベビーオイルの使い分けについて

妊娠線予防クリームやベビーオイルを使用する場合にどちらの方が妊娠線を出にくくするのか考えてしまいがちですが、基本的には妊娠線予防専用の保湿クリームを使用します。

補助として保湿が足りないようであればベビーオイルなどの保湿が高い物を併用し調節する事が必要になります。また、腹部に使用する物なので使用する前には必ずパッチテストは怠らないように注意します。

a7a9b42b0d1f3053235242d4aed43024_s_s

肌の状態を毎日確認しながら、感想度合いを見てベビーオイルにするべきか専用のクリームにするべきか選びます。必要によっては両方を使用する事もありますが、べたつきによって肌が荒れてしまう事もあるため、なるべく皮膚に塗った後は軽くタオルやティッシュペーパーを軽く押し当てるようにして拭き取るようにしましょう。

妊娠線予防専用クリームの場合では、特に葉酸が含まれたクリームを使用する事で、専用外のクリームよりも肌をより柔らかくし柔軟性を保つようになります。

葉酸が含まれたクリームを使用する場合には、なるべく合成葉酸の物を選ぶようにしましょう。その理由とは、天然成分の場合だと肌の浸透が少なくなってしまう可能性があるからです。

ロクシタンで妊娠線予防効果は期待できる?

出産したあとは、どうしても妊娠線が目立ってしまいます。しかし、妊娠線予防をするために様々な対策を行うことができます。

その中でも、注目されているのがロクシタンによる妊娠線予防であり、効果を期待できます。

 

ロクシタンでできる妊娠線予防とは?

ロクシタンはスキンケア用品を取り扱っていますが、妊娠線予防に効果的なものもいくつか存在します。その中でも特に効果的なのは、やはり化粧水でしょう。

化粧水は普通顔などに使用することが多いのですが、妊娠線が出来た場所に浸透させることによってハリが良くなりますから、妊娠線が徐々になくなっていきます。しかし、これは場合によって変わってきますから一概には言うことができません。

他にも、肌のスキンケアを行うときに使用するような、美容液乳液なども効果的ですから使用してみると良いです。妊娠線は夏になると、露出ができなくなってしまうほど目立ってしまいますから、いち早く改善しておきたいものですよね。

出産してからすぐですと、少し体も負担がかかるでしょうから二・三ヶ月経った頃から、徐々に行っていくとよいでしょう。また、予防するという意味では妊娠している時から妊娠線が目立っているようであれば、その時からケアを行ってみるのも良いでしょう。妊娠線が目立ってしまうと、それだけでナイーブになってしまいますから、早めに解決することが重要です。

 

ロクシタンでもオススメの商品とは?

妊娠線予防の際に、ロクシタンを使用したいと思っている人は、まずは保湿することができるようなクリームと、ハリを高める化粧水を用意するとよいでしょう。

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s_s

原理は、顔のスキンケアを行う時と同様に、妊娠線が目立っている場所に塗れば良いのです。しかし、ただそれだけでは改善することができません。妊娠線は、肉割れのようになっていますから、念入りに保湿とはりを高めていくことが重要になってきます。

ロクシタンに関しては、少し高めの化粧品ですから、それなりに効果を期待することができるわけですが、妊娠線は広範囲に広がっていることが多いために、少しもったいない気もしますよね。そういう時は、別の化粧品と併用して使用すると良いでしょう。

併用したからといって体に負担に成ることはありませんし、コスパも良くなります。二週間ほど様子を見てから、ハリが良くなってきて妊娠線もなくなっているようであれば、そのまま使い続けるとよいでしょう。ここで重要になってくるのは、毎日継続して使用するということです。スキンケアと同様に、使い続けることに意味があるのです。

エクストラバージンオイルで妊娠線予防できる?

お腹の中心に現れる妊娠線。可愛い赤ちゃんを授かるためには仕方ないことと思っていても、やっぱり気になりますよね。最近では妊娠線予防のクリームも数多く売られています。

実は、市販のクリーム以外にも妊娠線予防に良いとされているものは他にもあります。特に最近注目されているのがエクストラバージンオイルです。

 

昔から使われていたエキストラバージンオイル

オリーブの産地であるスペインやイタリアでは、オリーブオイルは古くから生活中で様々なことに活用されてきました。オリーブオイルの成分は人間の皮脂と似た成分のため、人の肌にも良く馴染みます。べたつき感もなく、しっとりするので使いやすいのも特徴です。

56a3708904d4d8529a9b76a085c529d9_s_s

オリーブオイルには大きく分けて3つの種類があります。オリーブオイルの中で最も鮮度が良く、酸度が0.8%以下のものをエキストラバージンオイル、精製オリーブオイルにエキストラバージンオイルを混ぜて酸度1%以下にしたものをピュアオリーブオイル、主に工業用として使われるポマースオイルの3種類です。肌に直接つけて使えるのは、エキストラバージンオイルだけです。それ以外のものは成分が異なるため適しません。

エキストラバージンオイルは一切化学的な処理を行わず、オリーブの果実を搾ってろ過しただけの一番搾り油とも言えます。必須脂肪酸の比率が人間の母乳と酷似していることでも知られています。そのため、妊娠中でも安心して使用することができます。エキストラバージンオイルに豊富に含まれるビタミンEは保湿効果や美肌効果があり、妊娠線予防に良いと言われています。スペインやイタリアでは昔から妊娠線予防に使われてきました。

 

エキストラバージンオイルの使い方

妊娠線が出来る原因は、妊娠によって急激に膨らむお腹に皮膚組織が引っ張られ、皮下組織が断裂してしまうことにあります。また、妊娠中に分泌されるホルモンの一つが肌のターンオーバーを抑制し、皮膚の回復力が衰えることで断裂した組織が回復せず、そのまま赤紫色の妊娠線となって肌に残ってしまうのです。

妊娠線予防に大切なことは、とにかくお腹の皮膚が乾燥しないように保湿してあげることです。オイルのべたつきが苦手な人もいるかもしれませんが、保湿という点ではオイルは非常に優れています。人の皮脂に良く似た成分のエキストラバージンオイルは肌なじみが良いので塗った後はしっとりして余計なべたつきはありません。

ただし、注意しなくてはいけないのは、いくらオーガニックで食用であっても肌に合わない場合もあるという点です。使う前に目立たない場所でパッチテストをするようにしましょう。

妊娠線予防のためには出来るだけ早いうちからケアをしたほうが有効です。できればお腹が膨らみ始める妊娠4カ月よりも前に始めるようにしましょう。また、毎日続けることも大切です。一番良いタイミングは、お風呂上がりの時。血行が良くなっているので効果的です。手のひらに取ったオイルはお腹に塗る前に両手のひらを合わせて温めます。ゆっくり優しくマッサージしながら塗ると柔軟でしなやかな肌になり、皮膚組織の断裂が防げるため、妊娠線予防になります。

バイオイルで妊娠線予防できる?

最近女性に人気が出ている、バイオイルというアイテム。このアイテムを利用すると様々な美容効果が期待でき、なんと妊娠線予防にも効くかもしれないのです。

今回は、そんなバイオイルを利用した妊娠線予防の方法を詳しく見ていきます。

 

バイオイルってそもそもなに?

バイオイルというものは、そもそもどういうアイテムなのでしょうか。妊娠線を予防する効果があるかもしれない、バイオイルについてまずは見ていきましょう。

バイオイルとはアロマオイルビタミン、そしてピュアセリンオイルが主成分となっている美容保湿オイルです。これらの成分により、様々な美容効果が期待できるとして人気になりました。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s_s
特にピュアセリンオイルが含まれていることで、肌にビタミンAやビタミンEといった栄養素が肌に浸透しやすくなります。ビタミンが肌に吸収されると、肌のハリが良くなり見た目も若返るかもしれません。またバイオイルはつけ心地もさっぱりとしており、オイル独特のベタつきはあまり無いでしょう。

このバイオイルは、日本だけではなく海外でも販売されているアイテムです。効果は大きく異なるわけでは無いのですが、成分が少し異なります。日本製のバイオイルのほうが、日本人の肌に合わせて作られているため、海外製のものよりもオイルが肌に浸透しやすいと感じるかもしれません。そのため、日本人の方は日本製のバイオイルを選んだほうが、効果が期待できるはずです。

 

妊娠線を予防するための方法とは?

バイオイルはどのように利用したら、妊娠線予防に効果的なのでしょうか?

妊娠線は急激な体重変化により出現する場合があります。線がつかないようにするために重要なのは、肌を柔らかく保つことなのです。また肌のハリがあると、跡がつきにくくなります。さらに妊娠線が出来てしまっても、バイオイルを利用することで消えるかもしれないのです。

具体的な方法を見ていきましょう。まず手にバイオイルを2、3滴手にたらします。そして、優しくお腹をマッサージしてください。おへそから下は脂肪が多く妊娠線が出来やすい場所でもあるため、念入りにマッサージすると効果が現れるかもしれません。

バイオイルを塗るときに気をつけなければならないのは、強くこすらないこと。こすりながら塗ってしまうと、いくらオイルを使用していても肌を傷めてしまうかもしれません。肌を傷つけてしまうと、湿疹やかぶれが出来てしまう場合もあり、そうなるとバイオイルも使用できなくなってしまいます。大切なのは優しく、そしてゆっくりと脂肪を取り除くようにマッサージすることです。

妊娠9ヶ月!まだ妊娠線予防は間に合う!?

妊娠すると、どうしても気になるのが妊娠線です。妊娠線は、身体の急激な変化に身体自身が付いていけずに、肉割れなどが発生することでできてしまうものです。

妊娠中の出来るだけ早いうちから妊娠線予防をしておきたいところですが、たとえば妊娠9ヶ月でもまだ間に合うのでしょうか?

 

いつから妊娠線が出来始めるのか

子供を授かると、女性の身体は劇的に変化するものです。お腹が膨れてきますし、身体全体も大きくなっていきます。妊娠は女性にとってこれ以上ない喜びとなる出来事ですが、一方で美容のことについては不安を感じるものです。妊娠を契機として、ホルモンバランスが変化し、肌が乾燥しやすくなった結果、それが妊娠線の原因となってしまいます。

妊娠線は、だいたい妊娠8ヶ月から臨月くらいの間にできてしまうことが多いです。とりわけ妊娠前の体重をよく見ておくと良いでしょう。妊娠前と比べて、体重が12キロ以上増えると、妊娠線ができやすくなるのです。

体重が増加すると、それだけ体形が変化しているということですから、その身体の変化に身体自身が付いていけずに、肉割れを起こしてしまう確率も上昇してしまいます。

妊娠8ヶ月くらいからできやすくなる妊娠線ですが、妊娠線予防はできるだけ早いうちからやっておいた方が効果的です。妊娠して4ヶ月から5か月くらいで妊娠線ができてしまうという人も中にはいますから、早めの対策が妊娠線予防には不可欠となります。

 

妊娠9か月からでも予防できるか

4feb5f4edb0bf2119ec0cbc6285c6fbf_s_s早めに対策を打っておきたい妊娠線予防ですが、妊娠9か月や臨月のあたりであっても、予防に遅すぎるということはありません。それから、残念なことに妊娠線が既にできてしまっているという場合であっても、しっかりとケアをすれば妊娠線は解消することができます。

妊娠線予防クリームは、妊娠線ができる前に使用しておくと、妊娠線予防に大きな効果を発揮してくれるものです。とりわけ葉酸入りの妊娠線予防クリームであれば、使用することで血流を良くすることができ、要するに表皮の細胞分裂や新陳代謝を活性化してくれる効果があります。こうした効果は対策が早ければ早いほど効き目がありますが、妊娠9ヶ月目以降であっても、問題なく予防することができます

妊娠線予防クリームは、肌の再生機能を高めるためのものですから、たとえ妊娠線ができてしまった後であっても諦める必要はありません。これ以上妊娠線を増やさないためにも妊娠線予防クリームは有効ですし、肌の細胞分裂を活性化させる葉酸含有の妊娠線予防クリームであれば、できてしまった妊娠線を消すことも不可能ではありません。

妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?

妊娠線予防にとって一番重要なこと、それは、ずばり「保湿」です。

保湿をすることで、妊娠線の原因となる真皮の断裂を防げる可能性が高まると言われているからです。

 

妊娠線は皮膚の病気?

妊娠線は真皮と呼ばれる皮膚の奥の組織が断裂することで起こります。断裂した真皮は何もしなければ元に戻ることはなく、妊娠線は多少白くはなるものの、妊娠線としてはっきりと体の表面に残ってしまうやっかいな存在です。

真皮の断裂を防ぐためには、真皮を柔軟にしてあげることが大切です。表面の皮膚ほど、横に伸びる力のない真皮は、少しのサイズアップでも裂けやすいそうで、妊娠している人に限らず、誰にでも起こる可能性があるものです。そして、れっきとした皮膚の病気です。

病気といっても、薬を飲んで治るものではなく、現在のところ、美容外科や美容皮膚科で行われるレーザー炭酸ガス注入による治療だけが、はっきりと効果の表れる治療法となっています。

 

妊娠線予防は専用クリームで!

さて、妊娠線を予防するには、専用のクリームを使ってお風呂上りにしっかりとマッサージをすることが大切です。通常の保湿クリームでも保湿効果は期待できますが、妊娠線予防のクリームには、真皮に潤いを届ける成分が豊富に含まれているので、妊娠線予防のためには専用のクリームを使った方が良いでしょう。

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s_s

私もつわりが治まった頃から専用のクリームを使ってマッサージを続けました。妊娠線を防ぐためのケアは早ければ早い方が良いと言われますが、妊娠初期にはマッサージをするというよりも、ただ塗るだけで良いと思います。あまり一生懸命にお腹を触るのは怖い気がしますし、毎日時間をかけてマッサージをすることがストレスになってはいけません。

また、妊娠後期は、ちょっとしたことでお腹が張ってきます。マッサージでお腹を触ることでハリを感じたら、すぐにマッサージをやめてください。妊娠後期のお腹のハリを甘く見てはいけません早産や破水の原因になることもあるので、無理のない範囲で体に聞きながらマッサージをしていくようにしましょうね。

朝も妊娠線クリームでマッサージを行うと良いそうです。睡眠中にかいた汗によって、朝起きた時の私たちの体はとても乾燥しているそうです。朝の着替えをするタイミングでマッサージを行うことで、寝ている間に蒸発してしまった潤いを再び真皮に届けることができます。

朝は忙しくてマッサージをする時間がないという人は、クリームを塗るだけでもいいので毎日続けてみてください。日中も乾燥を感じたら、お腹だけでなく太もも二の腕バストなど妊娠線ができやすい部分にクリームを塗り足せばさらなる効果が期待できるのでおすすめです。