妊娠線ケアクリームと保湿クリームの違いは?

妊娠線を予防したりできてしまった妊娠線を消したりするための対策には様々なものがあります。そのうちの一つに妊婦さんに向けて製造されている「妊娠線ケアクリーム」があります。

一般に売られている普通の「保湿クリーム」に比べると価格が高いため「保湿クリーム」で代用しようとされる妊婦さんも少なくありません。節約のために同じ効果があるのであれば安いものでよいと思うのは当然です。

しかし、実は「妊娠線ケアクリーム」と普通の「保湿クリーム」には明確な違いがあります。

もし、きちんと妊娠線をケアしたいと思うのであれば、自分に合った「妊娠線ケアクリーム」を選んで使い続けるのがとても大切なことなのです。

では「妊娠線ケアクリーム」と「保湿クリーム」では一体何が違うのでしょうか?
この二つの違いをきちんと知っておきたいですね。

妊娠線ケアクリームは保湿クリームと何が違うのか?

人間の肌は三層構造でできており、一番表面から表皮、真皮、皮下組織となっています。いわゆる普通の「保湿クリーム」はカサカサしたお肌をしっとりさせるもので、一番表面にある表皮に効果があるように作られています。

一方で妊娠線は、表皮の下の真皮が断裂することによってできるものです。つまり、そもそも普通の「保湿クリーム」は傷ついた真皮をケアできない製品であるため妊娠線に効果的に効くわけがないのです。

対して「妊娠線ケアクリーム」は断裂が起きている真皮にまで保湿成分が届くように作られているのです。だからこそ高価になってしまいますが妊娠線に効果的に効く製品となっているのです。

また、妊娠中は体質が変わってこれまでは平気だった成分や香りを不快に感じることもあります。このような妊婦さん独特の性質にも配慮して作られているのです。

出産後に妊娠線で悩まないために

20131570533_2普通の「保湿クリーム」では妊娠線への効果が見込めない理由がお分かりいただけたかと思います。

「妊娠線ケアクリーム」では確かに高価になってはしまいますが、その中には妊娠線への高い効果と妊婦さんへの配慮まで含まれているのです。

代用していて効果が見られなかったり、気分が悪くなったり、お肌が荒れてしまったりしてから「妊娠線ケアクリーム」を買い直すくらいなら、最初から「妊娠線ケアクリーム」を使っていた方が無駄がなくよりよい効果も得られてお得ですね。

また、「妊娠線ケアクリーム」と書かれると妊娠中にしか使えないように思われる方もいらっしゃいますが、要は保湿性の高い高品質クリームですから、残ってしまっても出産後にハンドクリームやボディークリームとして使うこともできるのです。