妊娠線と遺伝って関係あるの?

女性にとって「妊娠中の期間」というものは、一生のうちでも何にも代えがたいとても幸せな時間です。ですが、その妊娠中にもいくつか気をつけなければいけないことがあります。

出産赤ちゃんの健康にかかわることももちろんですが、その1つが生まれたあとの自分の美容に関係する部分です。

その1つが「妊娠線」です。「妊娠線」は、早い段階からケアをすることで、出来ないようにしたり、ある程度うすくしたりすることができます。「妊娠線」も、妊娠期間を経験した、という立派な母親の勲章のようなものですが…やはりない方がいいですよね。

後々、後悔しないようにここではウワサになっている遺伝が原因なのかどうかと、予防・ケアの方法をご紹介します。

 

妊娠線は遺伝でできるの?

妊娠線は、急激にお腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られることに耐え切れず、入ってしまった亀裂を「妊娠線」と呼びます。

出来てしまった妊娠線は消えないので、妊婦さんにとっては大きな心配事ですね。

さて、「妊娠線のできやすさは遺伝するか?」という問題ですが、アメリカにある民間の遺伝子研究機関で「遺伝の要因はある」という研究結果が出たそうです。

遺伝子の中に妊娠線の正体、「肉割れ」の原因となる遺伝子マーカーが発見されました。この遺伝子を持っている妊婦さんは、持っていない妊婦さんに比べて40%も妊娠線ができてしまう確率が大きかったそうです。

つまり、遺伝子で妊娠線のできやすさは決まっている、ということですね。

また体質で肌が乾燥しやすい方は皮膚を伸びにくくしてしまうため妊娠線ができやすい、というデータもあります。
遺伝の部分は仕方ないので、しっかり予防することが大切です。

 

妊娠線の予防とケアの方法は?

妊娠線は遺伝子で決まっているといっても、効果のある予防の方法を知っていて損はありません。

妊娠中のグッズとして、妊娠線クリームが売られていますがこちらを塗って保湿しながら気になる部分にマッサージをしましょう。グレープフルーツなど、柑橘系の香りのするものは気分転換にもなります。

00717e1712df76ce664f1ec40ed90053_sまた、100%オーガニックのオイル保湿力からとてもおススメです。赤ちゃんが生まれてからも、全身に使えるものを選びましょう。

市販のものよりも、インターネット通販でしか買えないものの中にもいいものがありますので、口コミサイトなどもチェックしてみましょう。

人にもよりますが、妊娠7ヶ月から気になり始める方が多いので、妊娠線ができる前からこまめにケアをしておくことが大切ですね。

だんだんと膨らんでくるお腹をマッサージしながらお腹の赤ちゃんに話しかける期間は、妊娠中の大切な思い出の1つになるでしょう。ぜひ、妊娠線のケアもポジティブな気持ちでたのしんでくださいね!

そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。

その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。

しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。

そのような事になってしまわないためにも妊娠線が出来る原因を十分に理解して、妊娠中はしっかりと妊娠線ケアを行う事がとても重要なポイントになってきます。

そこで今回は、その妊娠線が出来てしまう原因について詳しくご紹介させていただきます。

 

妊娠線が出来る原因は?

妊娠線が出来るのには個人差があり、中には太ももや腕や胸に出来る人もいます。また網目にようになったり、筋状になったりして出来方は人それぞれです。

この妊娠線が出来てしまう主な原因は、妊娠で急激にお腹が大きくなり、皮膚が急激に伸ばされてしまう事にあります。私達の皮膚は表皮と真皮と皮下組織の三層に分かれているのですが、妊娠してお腹が大きくなる際に表皮が伸びやすくなってきます。

しかし真皮や皮下組織の一部には弾力性が無いため、急激に伸びてしまう事に対応出来なくなるのです。
さらに皮下脂肪も弾力性がないため、真皮や皮下組織は伸縮する力が限界を超えてしまう事になるのです。

しかしその状況であっても、お腹は大きくなり続けていくため、皮膚は引っ張られ最終的に亀裂が入ってしまう事になるのです。そして皮膚の上に赤紫の線状の班が現れてしまう事になるのです。

c134197882649866167da216cae04ee5_s_s

妊娠線が出来てしまうのはホルモンバランスも影響?

妊娠線が出来るのには、ホルモンのバランスも大きく関係してきます。妊娠するとホルモンのバランスが崩れやすくなり、コルチコステロイドホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。

この影響を受けるとコラーゲン生成が抑制されたり、肌のターンオーバーの働きが抑制される事になるため、妊娠前の状態よりも肌の代謝が悪い状態になるのです。そのため妊娠すると、肌には弾力性がなくなり、ダメージに弱い状態になるのです。

その状態はとてもデリケートな状態であるため、妊娠線が最も出来やすい状態と言えます。特に、脂肪がつきやすいお腹に妊娠線は現れやすくなっているのです。

それらの妊娠線は、基本的にはお腹の大きくなり始める妊娠6か月頃から現れ始めます。さらには下腹部あたりから妊娠線が現れ始める人も多いようなので、見落としてしまう可能性が高くなります。

妊娠線は臨月に一番できやすいって本当?

妊娠線ができてしまうことは妊婦にとっての悩みの種ですが、いつできるのかわからないことも不安を大きくする原因です。

妊娠線ができてしまうタイミングは人それぞれであるのは事実ですが、できやすいタイミングがあるということも知られています。そろそろ生まれる頃と思い始めると妊娠線の対策もおろそかになりがちですが、臨月になるとできやすいということもよく言われています。

それが本当のことなのかどうかは妊婦にとって興味のある話に違いありません。

臨月に一番できやすいのかどうかということを、臨月に何が起こるのかということや、妊娠線ができてしまう原因に立ち返って考えてみましょう。すると行うべき対策が見えてくるはずです。

 

臨月で起こることと妊娠線の関係

妊婦にとって臨月を迎えることは嬉しいことは間違いないでしょう。妊娠生活を長らく過ごしてきて、ようやく子どもが生まれる状況になったと実感が湧いてくる頃になるからです。

臨月になると胎児はそれまでにもましてすくすくと育つものであり、急にお腹が大きくなってくる人も大勢います。その影響もあって出産が近づくのは事実ですが、それが妊娠線をできやすくしてしまう原因ともなることは知っておく必要があるでしょう。

妊娠線はほとんどの場合にはお腹が大きくなったことが直接の原因でできてしまうものであり、特に急激な変化に肌が耐え切れなくなってしまうことでできてしまいます。

それによって肌が皮膚の下で裂けてしまうのが妊娠線の原因だからです。そのため、急激にお腹が大きくなりやすい臨月になって妊娠線ができてしまうという妊婦も現実として多いのです。

 

臨月だからこそ油断のない対策

妊娠線は早い人では妊娠4ヶ月頃から見られるものであり、その頃から対策を行っていくというのが一般的です。

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s_s毎日欠かさずスキンケアを行ったり、体重管理をしながら運動をしたり、サポーターを着用したりして妊娠線ができないようにしている妊婦も大勢います。

それを継続していればそれほど妊娠線ができてしまうリスクは高くありません。しかし、もうすぐ出産だから大丈夫だろうと気を抜いてしまうと臨月に入ってから妊娠線ができてしまうことになりがちです。

人によっては愛用していた妊娠線クリームがなくなってしまって、もう残り僅かな期間だから大丈夫だろうと考えて失敗をしてしまうこともあります。

胎児が育っているタイミングだからこそ、最後の最後まで油断をしないことが重要です。それまで行ってきたケアが十分なものであったと考えて出産の日まで継続するようにしましょう。

出産後でも妊娠線ができるの?

出産の際に、多くの女性が恐れるであろう「妊娠線」。
必ず出るものではなく個人差があるため、極力出て欲しくないと願う方は沢山いるかもしれません。

しかし、この妊娠線は出産時だけではなく出産後に出てくるケースもあるのです。出産が終わればもう心配はいらないと思っていると、痛い目にあう可能性があるので要注意です。

どのように注意したらいいの…?と疑問に思う方もいるはずです。妊娠線が出ないようにするために大切なことは、肌の保湿だったのです。なぜ肌の保湿をすることと妊娠線の予防が関連してくるのか、わからない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、出産後に妊娠線が出来る仕組みとそれを予防するためのポイントについて、述べていきます。

 

妊娠線って何で出来るの?その仕組みとは…

そもそも、妊娠線がなぜ発生するのかについて述べていきましょう。

妊娠線は、皮膚の下にある真皮というものが断裂することにより発生します。人間の皮膚は、簡単に言うと3層で作られています。一番上が皮膚、そして真ん中に真皮があり一番下に皮下組織があります。

真ん中の真皮はほとんどコラーゲンで生成されていますが、妊娠するとお腹が大きくなりこの真皮が伸びてしまいます。

真皮がこの伸びに耐えられなくなると、コラーゲンが断裂し結果真皮が破壊されてしまうのです。そうすると、真皮の下にある皮下組織が見えてしまうため、赤紫色の線となって皮膚に表れるのです。

出産時はお腹がずっと引っ張られたままの状態を保つので、真皮が伸びに耐え抜くケースも稀にあります。

しかし、出産を終えた後お腹が急に元のサイズに戻る時に真皮が急に縮むので、その変化に耐え切れず真皮が破壊されてしまうことがあるのです。だから、出産後にも妊娠線が出るのです。

 

これでもう妊娠線に悩まされない!

fa2419a2b743e8abcc90db5a508fcb28_s_s妊娠線の仕組みについて述べましたが、その対策法は一体何なのかわかりますか。

妊娠線の主な原因は真皮の断裂なので、その断裂を予防できたら妊娠線で悩むことはなくなるでしょう。

真皮の断裂を防ぐためには、肌の保湿を行ってください。肌の保湿を行うと、皮膚の中に浸透して肌が潤い柔軟性が出ます。柔軟性が出れば真皮の伸びも良くなるので、出産後のお腹の急激なサイズ変化にも耐え抜くことが出来るでしょう。

最近では、妊娠線を予防する専用のクリームまで販売されています。クリームや化粧水などで、皮膚にしっかりと潤いを与えることが重要だったのです。

しかし、どんなに頑張っても妊娠線が出来てしまうこともあります。そういう場合は、レーザー治療や手術で妊娠線を消すことが可能です。費用もそこまで高くないので、すぐに消したいという方はこのような方法を試してみてはいかがでしょう。

妊娠線には「できやすい人」と「できにく人」がいるって本当?

妊娠線は半数の妊婦にできるということが言われていますが、ただ確率で決まっているわけではないということは知っておくと良いことでしょう。

特別に対策もしていないのに妊娠線ができない人もいるものであり、もともとできやすい人もいればできにくい人もいるのです。

そのため、自分ができやすい人に該当するのか、できにく人に相当するのかを胸に手を当てて考えておくと、どれだけの対策をしていかなければならないかということにつながっていきます。

できやすい人の特徴を理解すると共に、できにくくするための対策方法を覚えて実際に実践していくようにしましょう。たとえできやすかったとしても、しっかりとした対策を立てることで確率は下げられるからです。

 

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線ができやすい人にはいくつかの特徴があります。

肌の柔軟性が低くて力が加わったときに裂けてしまいやすい状態になっているというのが一つ目の特徴であり、乾燥肌やアトピー肌で肌の状態がもともと悪い人や、脂肪太りをしていて皮下脂肪が多い人は妊娠線ができやすくなります。

一方、小柄な人や痩せ過ぎの人も妊娠線ができやすい傾向があります。
こういう人は身体に対して胎児が大きくなりすぎてしまってお腹がせり出てしまいがちになるのが特徴であり、それだけ肌に負担がかかってしまうのです。

多胎出産のときも同様にして負担がかかりすぎてしまって妊娠線ができやすくなります。

もう一つの要因となるのが年齢であり、若い人の方が肌の状態もよくて肌のターンオーバーも良いことから妊娠線ができにくいとされており、高齢出産の場合には十分な注意が必要です。

 

妊娠線ができにくい人と対策方法

妊娠線ができにくい人はできやすい人の真逆に当たりますが、それに加えて考え方の面からも違いが生じます。

妊娠線ができてしまう原因として急激な体重増加が原因になることが多く、日頃から体調管理ができている人ほど妊娠線ができにくい傾向があるのは事実です。

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s_s一方、肌の状態をより良くしようとするまめな考え方を持っている人も妊娠線ができにくくなります。もともと肌の状態が良いことから裂けてしまうリスクが低くなっているからです。

こういったことを考慮して普段からでは難しくても妊娠中は体重管理やスキンケアに気を遣うのが妊娠線予防になります。

体重が急に増え始めたら運動をして減量を行ったり、妊娠線クリームを使って肌の状態を整えたりすることによって妊娠線ができないように対策していくことが可能です。
できやすい人だからといって諦める必要はなく、対策を行っていく姿勢を持ちましょう。

妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。

妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません

出産後は色は白くなり一見目立たなくはなりますが、表皮の光沢はそのままで、でこぼこしたまま残るのでしっかり予防していきたいですね。

おなかにできるイメージの強い妊娠線ですが、実はおなか以外にもできる可能性があるんです。

 

誰もがサイズアップする場所!

すべての妊婦さんがサイズアップする場所、それはバストです。赤ちゃんに母乳を与えるために急激に乳腺が発達するバストはおなかの次に妊娠線ができやすい場所なのです。

臨月までに2カップほどサイズアップするバスト、妊娠初期から急激に大きくなっていくので早めのケアが必要になってきます。おなかがまだ出てこないから・・・と油断していると妊娠線ができてしまうかもしれないので要注意ですね。特に出来やすいのは胸の横の部分です。かゆみを感じたら危険信号です。しっかりケアしていきましょう。

母乳育児のためには妊娠中のおっぱいケアが大切なので、それと同時にバストのマッサージを行いながらクリームなどで保湿していくと効果的です。また、産後でも新たに妊娠線ができてしまう可能性があるのがバストです。搾乳などをしつつ、おっぱいが張り過ぎないように注意しましょう。

 

脂肪がつきやすい場所も要注意!

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s_s
妊娠すると、ホルモンの影響で皮下脂肪が蓄えやすくなるため、普段は太りにくい人でも体に脂肪がつきやすくなります。

まずは二の腕。特に上半身が太りやすいという人は二の腕に脂肪がつきやすいので要注意です。内側の柔らかい部分は妊娠線ができやすく、また、外側は自分では見えにくいので、注意しましょう。

次に腰からお尻。大きくなったお腹を支えるために、どんな人でも脂肪がつき、がっしりしていく場所です。元々痩せていて脂肪が少ないという人は特に注意が必要です。大きなおなかに腰回りの皮膚が引っ張られるので、亀裂が生じやすくなります。

そして太もも腰からお尻にしっかり脂肪がつく人は、それを支えるために太ももにも脂肪がついてきます。経ったり座ったりと動きが多いので、二の腕よりもできやすいようです。特に内側の柔らかい部分は、妊娠線ができやすいので日頃からチェックしましょう。

最後に膝の裏。皮下脂肪はつきにくいですが、足全体が太くなることによって皮膚が引っ張られ、妊娠線ができやすくなります。自分で見にくい場所なので、家族にチェックしてもらうといいでしょう。

第1子で妊娠線ができなければ第2子も大丈夫?

第1子で妊娠線ができずに済んだ人は第2子でも大丈夫であると考えてしまいがちです。確かに全く問題がない人もいるのは事実であり、何人子どもを生んでもわずかな形跡すら見えない女性もいます

しかし、安心してしまうことは良い判断ではないと覚えておきましょう。妊娠線ができる確率は第1子のときよりも第2子のときのほうが高くなってしまうことがわかっているからです。

一度できるときれいに消し去るのが難しいのが妊娠線の特徴であることからも、できてしまうリスクがあるかもしれないと常に気を払っておくことが重要になります。

できることなら妊活をする以前から対策を立てておくと安心して第2子の妊娠に臨んでいくことができるでしょう。

 

第1子を生んで身体に起こる変化と妊娠線の関係

子どもは二人くらい欲しいと考える人は多いものであり、一人っ子よりも二人いた方が子どもたちも生活を楽しんでいくことができるでしょう。そういった考えから、第1子を生んだら少し間をあけて第2子を望む女性は多いものです。

そのときに気にかかるのが妊娠線ができるのかということです。第1子を生んだことによって子宮に変化が生じていることにより妊娠線ができやすい身体になってしまっていることが多いと理解しておくことが大切になるでしょう。

第2子のときの方が妊娠線ができてしまう可能性が高いことが知られており、その原因が子宮の変化によるものであると言われています。

子どもを生んだことによって子宮が柔軟になっているため、第2子のときの方が簡単に子宮が大きくなり、急激にお腹が大きくなりやすいのです。その影響をうけて妊娠線ができてしまうリスクが高まってしまうことは覚えておきましょう。

 

リスクを考えて行える対策

妊娠線ができてしまいやすくなることから、第2子の妊活を始めるときには対策を立てておくことが重要になります。

妊娠線クリームを準備しておいて、妊娠初期からしっかりと毎日塗るというのは基本的な対策としてまず取り組んでみると良いことです。それに加えて、妊活前からより良い肌を作るための努力をしておくことが重要になります。

f7552d71c714192533d077c6a6e11f50_s_s
一度妊娠すると胎児に栄養を持っていかれてしまったり、ホルモンバランスの乱れが生じた影響を受けたりして肌の状態が悪くなってしまいがちです。肌の組織をしっかりと作れるようにコラーゲンの摂取を行い、日頃から保湿ケアを行って保湿肌を作っておくことは重要な対策となるでしょう。

また、身体の中から対策をとっておくことも考えると効果的です。妊娠しても肌の新陳代謝が良い状態を保てるように、貧血予防をしていくことが役に立ちます。鉄分だけでなく葉酸を摂取することも心がけて、必要に応じてサプリの利用も考慮していくと妊娠の準備ができていくでしょう。

あなたの夫は妊娠線を見ても大丈夫??

愛する夫との子どもが、ある日自分の体に宿り、日々成長していく・・・。

女性にとって、これ以上の幸せはないと思う人もいるのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんがお腹の中で大きくなるにつれ、体型の変化は避けて通れません。残念ながら、妊娠線ができてしまう場合もあるでしょう。

妻の体型の変化や、妊娠線の存在を夫はどう思っているのでしょうか。
どうせなら、妊娠線もできず、夫とも仲良くして、楽しい妊婦ライフを送りたいものです。

妊娠中の夫の気持ちや、愛情を維持して妻を女性として見てもらうにはどうすればいいのか、ご紹介していきます。気になる妊婦さんは、ぜひ参考にしてみてください。そしてハッピーな妊婦ライフを送りましょう。

 

体型の変化と妊娠線で夫がショックを受けることも

妊娠線は、お腹が目立ち始める5か月ごろから出来ることが、一般的です。

しかし、妊娠線が出来る場所は、お腹だけでもありません。胎児が大きくなることで、お腹だけではなく、お尻、ふともも、背中などの肉付きが急激によくなります。そのため、ホルモンバランスの崩れた状態の肌に大きな負荷がかかり、さまざまな場所に妊娠線ができてしまうのです。

普段から見慣れていた妻の体型が急激に変わり、つわりで苦しみ、妊娠線まで出来てしまう・・・。

自分の子どもを妻が胎内で育てているためだと、理性では受け入れられていても、ショックを受けてしまう男性もいます。妊娠中、妻を女性としてみれなくなる男性がいる原因としては、こういった事情もあるのです。愛する夫の子どもを産むためなのに、と腹を立てる女性もいるでしょう。

では、こういった事態を避けるためには、どうすれば良いのでしょうか。

 

妊娠中も夫との愛を増やすためには

1e823aa19ab546f0843a70700ea50de2_s_s妻の妊娠を他人事にせずに、夫自身にも体型の変化と、赤ちゃんの成長を感じてもらいましょう。そのためには、体型の変化が始まる前から、夫に妊娠線予防クリームを塗ってもらうことが効果的です。

夫にクリームを塗ってもらう事が、スキンシップとなり愛情が増していきます。それに、クリームを夫の手で毎日塗ることによって、妻の体型の変化を夫自身の手で普段から、ゆるやかに感じることができます。

日々大きくなっているお腹も、毎日その手で触れることによって、赤ちゃんの成長を感じられるでしょう。二人で協力し合って出産まで頑張るという、一体感が生まれるのです。

二人の間の絆が深まり、妊娠線も予防できるなんて、とても素敵なことではないでしょうか。

妊娠中は妻も気持ちの上下が強く、夫とギグシャグしがちです。そんなときこそ、普段からのスキンシップで、愛情を揺るぎないものにしておきましょう。

太っているほど妊娠線はできやすい?

妊娠線はおよそ半数の妊婦にできてしまうものであると言われていますが、そのほとんどがもともとできやすい素因を持っています。高齢であることや乾燥肌アトピー肌の人のように肌の新陳代謝や肌の質が問題になっている人も多いのが事実です。

しかし、太っていることが妊娠線ができやすい原因であるということもまことしやかに言われています。それとは真逆に痩せている人も妊娠線ができやすいということが言われていますが、本当なのでしょうか。

太り方によっても影響を受けるため、太っている人の特徴を理解しながらその因果関係について理解しておくと、太っている人もどれだけ気をつけなければならないのかということがはっきりしてくるでしょう。

 

太り方のタイプと妊娠線への影響

太っていると妊娠線ができやすいということが言われていますが、逆に痩せている人もできやすいと知られています。

小柄な人に妊娠線ができてしまうのはわかりやすいものであり、胎児がお腹の中で育ったときによりお腹がせり出てしまいがちになるため、妊娠線の原因となる真皮の断裂が起こりやすくなってしまうのは必然でしょう。

この考え方からすると太っている人は胎児ができてもお腹があまりせり出てこないことから妊娠線ができにくいと考えるのも妥当な考え方です。しかし、実際には脂肪太りをしている人は特に影響を受けやすく、妊娠線ができやすくなる傾向があります。

脂肪はもともと柔軟性が低い組織であるため、お腹の皮下脂肪が多いとそれだけで真皮の柔軟性が低下してしまう原因になるのです。そのため、太っていると妊娠線ができてしまいやすくなってしまいます。

 

太っている人の妊娠線対策

太っている人の妊娠線対策として重要になるのが皮下脂肪を減らすことであり、運動を適度に行うということが欠かせません。

f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s_s

ダイエットをしようと必死になるとストレスを抱えてしまい、妊娠にも胎児の成長にも悪影響を与えかねません。少しずつ運動をして皮下脂肪を減らしていく努力を続けるのが最も良い対策になるでしょう。

一方、運動を妊娠中も続けることによって急激な体重増加を防ぐことができるのもメリットです。妊娠線の予防には急激な体重増加を防ぐことが必須であり、その効果も同時に期待できます。

また、真皮の柔軟性を確保するために少しでも肌の湿度を高めておくことが役に立ちます。妊娠線クリームのように妊娠線対策に特化した保湿性の高いクリームを塗ることによって保湿を心がけていくと太っていても妊娠線に困らされないですむでしょう。

経産婦の方が妊娠線ができやすい!?

一度出産を経験して、妊娠線を作らずに済ませることができたと喜ぶ人も多いでしょう。これで二回目も同じようにしていけばきっと大丈夫だと考えるのはポジティブな考え方としては良いものです。

しかし、実際には経産婦の方が妊娠線ができやすいということが知られているため、同じように対策をしていてもできてしまったことを嘆く人もいます。

経産婦になると妊娠線ができてしまう可能性が高まるのには理由があることから、その理由と症状の特徴を理解して、万全の対策をして二度目の妊娠に挑んでいくようにすると良いでしょう。対策を立てておけば防ぐことはできるものであるため、もし一回目でも妊娠線ができてしまった人でも増やさないために対策をすることが大切です。

 

経産婦になると妊娠線ができやすい理由

妊娠線は妊娠にともなって起こってしまいやすいトラブルの一つですが、その対策方法も知られるようになってきて作らずに出産を経験できる人も増えてきました。しかし、第一子を産んだからといって安心できないのが妊娠線であり、経産婦になるとできやすくなることが知られています。

経産婦になると妊娠線ができやすいのは子宮が伸びやすい状況になっていることによって、胎児が育ったときに急激に子宮が大きくなりやすい傾向があるからです。

経産婦の方が出産が楽になるのと同じ理由で妊娠線ができやすい状態になってしまっています。

8d91e8df6f046fe5c757ea14d352cba6_s_s

それに加えて、第一子を産んだときに比べると歳をとっていることが原因になる場合もあります。歳を取るほど肌の弾力が低下するためであり、特に35歳以上になると妊娠線ができやすくなってしまうことがわかっているのです。

 

妊娠線の症状の特徴と対策方法

経産婦になって起こりやすい妊娠線は下腹部であるということが症状として特徴的です。

子宮が急激に大きくなりやすい影響を受けるからであり、特に第一子のときには妊娠線ができなかった人の場合には下腹部にだけ症状が出てくることが多くなっています。

そのため、重点をおいて対策しなければならないのが下腹部の肌のケアであり、保湿のために妊娠線クリームを使用することが効果の期待できる対策方法です。

保湿性の高い肌にすることが最大の対策となるため、保湿効果を重視してクリームを選ぶとより良い対策になるでしょう。

一方、妊娠線クリームにはアンチエイジングを志向した成分も含まれていることがよくあります。それによって加齢に伴って上昇する妊娠線のリスクを下げることも期待できるでしょう。こういった観点から有用な対策になるのが妊娠線クリームなのです。