妊娠中の性別はエコー写真で分かる?

妊娠中に気なってくること、それは子供の性別です。女の子でも男の子でもうれしいものですが、どうせなら早く知りたいものです。

エコー写真を見ると性別は分かるといいますが、実際に判別は可能なのでしょうか。また、何か月目から判定可能なのでしょうか。

 

エコー写真で性別が分かるのは

エコー写真で赤ちゃんの性別が分かるのは、早い人で妊娠16週頃となります。

ですが、赤ちゃんの性別は精子の持つ染色体によって決められますので、性別というのは受精した時点ですでに決まっているんですよ。

そして、妊娠9週目当たりから男女の体の区別が作られていくため、実際はお医者さんの間ではかなり早期に男女の区別が分かっているという噂があります。ですが、自分たちが希望した性別でないからと子供をおろしてしまう親も実際にいるため、なるべく妊娠早期では子供の性別を教えないようにしている医者が多いのも事実です。

また、医者によっては妊娠週数にかかわらず子供の性別は教えないといった方針を取っている病院もありますので、まずは医者に性別を教えてもらえるか聞いてみましょう

とにかく子供の性別とは、早い人で大体妊娠16週頃には分かります。そして23週頃にはさらにはっきりとした性別が分かるようになります。また、自分でエコー写真の見分け方る方法もあり、男の子の場合、シンボルがついているので比較的わかりやすいです。女の子の場合の足と足の間にコーヒーの豆や木の葉のようなものが見えますが、男の子よりは見分けが難しくなります。

 

性別の判定の仕方

赤ちゃんの性別というのは、妊婦健診時に行われるエコー超音波検査によって判定されます。

b0e243ec10fbc1642d017b0c6e72d2a2_s_s血液検査のような数値から判定するのではなく、医者がエコーで胎児の様子を見て性別をチェックします。ですので、健診時の赤ちゃんの体勢や向きなどで判定が難しくなるといったことも起きます。

ですが、エコーにも3Dエコー4Dエコーといったかなり精密度の高いものがでてきており、胎児の性別判定はひと昔前より断然にわかりやすくなりました。

エコーの映像が立体的になったり、さらに鮮明になったことで医者が判別しやすくなったからです。ですが、頭に入れておきたいのは、判定は100%確実ではないということです。

赤ちゃんの性別というのは、受精の時点から決まっているため、赤ちゃんの性別が妊娠中に変わるということは起こりません。ですが、お腹の中で胎児が取る体勢や向きによって確認が難しくなるということもあります。中には、男の子と言われていたのに生まれてきたのは女の子だったというケースや逆のケースもあります。ですので、性別判定は絶対ではないということを覚えておきましょう。

妊娠中に性別はいつわかるの?

妊娠中、お腹の赤ちゃんの性別が気になる妊婦さんは多いのではないでしょうか。名前を考えたりお洋服を準備したりするとき、男の子か女の子か分からないと困ることもありますよね。

検診の時にお医者さんに聞いてみても、分からないと言われると不安になるかもしれません。赤ちゃんの性別はいつ頃はっきりするのでしょうか。

 

赤ちゃんの性別、はっきりしてくるのは?

お腹にいる赤ちゃんの性別を判断する材料はエコーで外性器が見えるかどうかですが、赤ちゃんの身体に男女の差が出始めるのは9週目頃からです。11週目頃には身体の形の差ははっきりし始めますが、エコーでも確認できるようになるのは16週目頃で、はっきりと区別できるのは24週目頃のことが多いです。

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s_s

しかし、これらはあくまでも目安であって、赤ちゃんの位置や姿勢によっては判別しづらいときもあります。男の子であることは判別しやすいですが、女の子の場合は分かりづらいという、性差による特徴もあります。

また、病院の方針によっては、性別の希望による堕胎を防ぐために、法律で中絶が禁じられている22週目以降になるまでは分かっていても教えない、という医師もいます。

また、最近の機器の性能としては100パーセント正確に性別を見分けることができるのですが、それでもやはり、赤ちゃんの角度によっては確認しづらいこともあり、生まれてみたら間違いだった、ということも稀にあります。その場合、「女の子といわれていたのに男の子だった」ということが多く、逆のケースはあまりありません。

 

病院で聞く前に予想をたてるには?

病院の検査ではっきり性別を教えてもらう前も、男の子女の子のどちらが生まれてくるかとても気になる人もいらっしゃるかと思います。そんなとき、昔から言い伝えられている見分け方もあるので、予想を立ててみても楽しいかもしれません。

まず一つ目は、つわりが軽ければ男の子、つわりがひどければ女の子という説です。
二つ目は、妊婦さんの顔つきがきつくなれば男の子、柔らかい顔つきになれば女の子、という説です。
三つめは、妊婦さんのお腹が前に突き出していたら男の子、横に広がっていたら女の子という説です。

つわりに関しては、つわりを引き起こすホルモンが女の子を妊娠したときにより多く分泌される、という科学的な根拠もありますが、つわりの軽重には個人差が大きいです。また、妊婦さんのその時の精神状態や健康状態、働いているのか専業主婦として上の子の世話をしているのかなど様々な要因により、一人の妊婦さんが同じ性別の複数の子を出産する場合でも、上の子と下の子とでつわりの重さが違うこともあります。

他の二つの見分け方についてもあくまでも言い伝えなので、言い伝えは予想をたてて楽しむ程度に利用するくらいがちょうどよいかもしれませんね。

妊娠中の性別判定って間違うことあるの?

妊娠すると、次に楽しみなのは、お腹の子の性別についてです。夫婦それぞれで、男の子が良い、女の子が良いなどの希望はあるでしょうが、妊娠中の性別判定とは、間違う可能性はあるのでしょうか?

そこで、妊娠中の性別判定の仕方や間違ってしまう理由などを考えていきましょう。

 

性別判定の時期や方法は?

妊娠中、胎児の性別は、早ければ安定期に入る妊娠5ヶ月頃から判定ができるようになります。ですが、男の子の証拠の1つである睾丸は、28週まで体内に埋まってしまっている状態なので、性別判定が確実になるのは妊娠8ヶ月ごろだとも言われています。実際に、最初は女の子だと聞いていたのに、途中からやっぱり男の子だと判定が覆るケースはあまり珍しくありません。

7604687f8d2cc7dbb01e0875db8308e7_s_s次に、性別判定の方法ですが、これはエコー(超音波検査)の様子を見て判断します。男の子の場合の方が判定がしやすく、ペニスが見えてしまえば、すぐに男の子だと判定できます。逆に、女の子の判定は、ペニスがない事と、陰部が葉っぱの形に見える事が決め手になる場合が多いようです。また、女の子の場合は、同じくエコーで赤ちゃんの子宮が見える場合もあり、この場合も女の子だと判定されます。

ですが、赤ちゃんの向きや姿勢によっては、上手く性別判定の決め手が見えない事も多いです。赤ちゃんの姿勢はそうころころと変わるものではないので、見えなかったとしても落胆し過ぎずに、次の機会を待ちましょう。

また、赤ちゃんの性別ついて、積極的に明らかにするかどうかは、産院によって多少差があるので、積極的に知りたい、または知りたくない場合は、事前に伝えておくといいでしょう。

 

性別判定はなぜ間違える?

妊婦健診時は女の子だと聞いていたのに、いざ産まれてみたら男の子だった!という話は、よく聞く話です。では、なぜ妊娠中の性別判定は間違ってしまうのでしょうか。それは、あくまでもエコーで見えた結果だけで判定を下すしかない為です。

偶然が重なり、性別の判定につながる部分が隠れてしまい、見落としてしまうケースも少なくはありません。例えば、本当は男の子なのに、エコーの時はペニスが足の間に挟まっていて見えなかった、などが考えられます。ちなみに、『男の子のはずが女の子だった』というケースより、『女の子のはずが男の子だった』というケースの方が多い傾向があります。

エコーはあくまでも赤ちゃんの成長を確認する為のものであって、性別を確認する為に見ているものではないので、致し方ない部分もあります。

ですが、最近の医療技術の発達により、妊娠中の性別判定の精度も上がってきているようです。最近では普通のエコーもかなり鮮明ですし、さらに、今まで表面的な画像でした見えなかったエコーですが、赤ちゃんの様子が立体的に見える、3D・4D超音波検査を導入する産院も増えてきています。

その結果、昔と比べると性別判定を間違える可能性は低くなってますが、それでもやはり100%の判定はないので、もしかしたら違う性別の可能性もある事は、心の片隅に留めておくといいでしょう。

妊娠中は日焼けにも要注意!

妊娠中でも外に出かけることはあります。買い物や体調が良い時は、レジャーに出ることもあるでしょう。そんな時に気をつけたいのが日焼けです。

最近では過度の日焼けは良くないと言われるようになっていますから、普段から日焼け止めを塗ってケアしている人がほとんどです。日焼け止めもいろんな種類が出ており、「絶対焼かない人のために」というような日焼け止めもあって、安心して出かけられそうですね。

 

ホルモンバランスの変化に注意!

しかし、妊娠中はホルモンバランスが変化します。妊娠前はどんな日焼け止めを塗っても大丈夫だったけれど、妊娠してから今まで使っていた日焼け止めでかぶれてしまったということがあるのです。

ホルモンバランスの変化により、敏感肌になってしまう人がいるんですよね。妊娠によって急に肌質が変わる恐れがありますから、日焼け止めを使う時は注意してくださいね。妊娠によって肌質が変わるということは、紫外線を浴びることによる肌ダメージを心配しなければなりません。妊娠中は、シミや吹き出物ができやすい状態にあるので、紫外線にはいつも以上に注意するようにしてください。

 

妊婦さん専用の日焼け止めクリーム!?

妊婦さん専用の日焼け止めクリームやローションはあるのでしょうか。妊婦専用の日焼け止めクリームなどは、今のところありません。しかし、肌が敏感になっている可能性があるので敏感肌用のものを使うとか、赤ちゃん用の日焼け止め商品を使うと安心です。赤ちゃん用のものなら、出産してから親子で一緒に使えますからおすすめです。赤ちゃん用の製品は赤ちゃんの肌につけても大丈夫なものを使って作られているので、安心して使えます。

妊娠したとたん、シミが増えてしまったという人はいます。シミは簡単に消えないので、作らないように予防することが大切ですね。海外では、大きなお腹をした妊婦さんがビーチでビキニ姿でいるところを見かけます。日本では妊婦さんがビキニ姿になるのはダメということはありませんが、もし海に行ってビキニのなりたいというのであれば、日焼け対策や安全対策(転んだりぶつけたりしないような)はきちんとするようにしてくださいね。

a0eca4524345ff7ee6caab0e13de040a_s_s

お腹に日焼け止めを塗るのは問題ありませんが、肌に合うものを使ってください。できればビキニよりも、日焼けもカバーできる妊婦さん用の水着を着ることをおすすめします。マタニティー用の水着は、お腹を締め付けたりするものではありませんので窮屈な思いをせずに着用できますよ。日焼け止めは、毎年新しい物を使うようにしてください。去年の残りがあるからそれを使うという人は多いですが、劣化している恐れがあります。効果の方も不安ですし、かぶれてしまう心配があります。

妊娠中は赤ちゃんの分まで食べた方が良いはウソ!

妊娠したら、周囲の人達から「お腹の赤ちゃんの分まで食べなきゃだめよ」と言われるようになりますよね。もう一人の命を宿しているのですから、お母さん自身もそう思ってしまいがちです。そして、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

昔は確かにそのように言われていて、お母さんは一生懸命食べていました。しかし、今と昔では食生活が随分と違います。昔は栄養状態も良くありませんでした。

ところが今はどうでしょう。食べるものはどこにでもありますし、栄養状態が良くないということはありませんよね。赤ちゃんの分まで食べていると急激に体重が増えてしまい、かえって危険な状態になることがあるのです。

 

最近は体重管理が厳しい!?

最近、産婦人科での検診でも体重管理がかなり厳しくなったと感じませんか?検診のたびに体重が増えていると、看護師さんや助産師さん、医師にも注意されるようになりましたよね。

お母さんが太りすぎると、妊娠糖尿病高血圧になる恐れがあります。太りすぎて脂肪が付くと、産道にも脂肪がついてしまい、赤ちゃんが下りてこられなくなって難産になる可能性もあるんです。

また、赤ちゃんが大きくなり過ぎて出産の時に頭は出たけど肩が引っかかって出られないなんていうトラブルもあるんです。それに、急激に太ると、妊娠線がたくさんできてしまうかもしれないですからね。妊婦さんが太りすぎると、良いことは一つもないんです。

 

まずは軽い運動から♪

妊娠すると赤ちゃんが成長してきますし、羊水などもあるのでお母さんの体重は増えてきます。増えるのは当然なのですが、1週間に500g以上の増加は良くありません。急激な体重の増加は妊娠線の出現だけでなく、妊娠中毒症になる恐れがあります。

標準的な体型の人なら、妊娠による体重増加は7kgから10kgが理想的だと言われています。もしもともと太り気味の人なら、妊娠しても体重増加は5kgから7kg以内に止めておくように病院で指導されます。赤ちゃんの分まで食べて良い、というのは昔の話。今は緩やかな体重増加を目指すようにしましょう。

太りすぎると妊娠中だけでなく、出産時も出産後も大変な状態になってしまいます。かと言ってあまり神経質になるのも良くないので、もし食べ過ぎて1週間に500g以上体重が増えてしまったなと自覚した時は、その時の食生活を見直して反省し、次の週は500g以内に収めるように気をつければ良いのです。

ca666f55798af7e9bc356ea86b7e090c_s_s
妊娠中でも順調なら運動したらダイエットになるじゃない、という人もいます。散歩やストレッチ程度なら良いですが、基本妊娠中の運動は医師の許可を得てからになります。無理のない範囲で行うことが大切です。

妊娠中に気をつけるべき成分って?

妊娠中は胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が送られます。胎盤で送られる栄養とは、私たちが口にした食べ物から摂られる栄養のことです。ですから、お腹に塗ったクリームが赤ちゃんに影響するということはほとんどありませんが、塗り薬の中には含まれる成分に、お腹のハリを促す成分や皮膚を通して赤ちゃんに届いてしまうかもしれない成分もあるそうです。

例えば、アキュテイントレチノインハイドロキノンパラベンなどの成分は妊娠中に控えるべき成分として指定されています。これらが妊娠線クリームに含まれることはありませんが、市販の薬や保湿クリームを使う場合には少し注意をして成分にも目を向けてみましょう。

 

お母さんにとっても安心かチェック

赤ちゃんだけでなくお母さんにとって安心な成分かどうかもしっかりとチェックしておきましょう。妊娠中はホルモンバランスの変化から、妊娠前よりも肌が敏感になりがちです。

今までは平気だった化粧品が、妊娠してから使えなくなったという人も多いようです。化粧品が悪いのではなく、お母さんの体が過敏に反応してしまうのです。アレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性のある旧表示指定成分の入ったクリームを使うことは避けた方が無難です。

ff41ac7e23d5119118cbbde726bec126_s_sアロマオイルを使うのにも慎重になってください。こちらも、アロマオイルが悪いのではなく、お母さんの体がアロマオイルの様々な成分に過敏に反応する可能性があるからです。アロマオイルの中には、妊娠中にさけた方が良いとされるものもあります。妊娠中にアロマオイルを使いたいという場合、使い方や使ってよいオイルの種類など、専門家に相談してから使うようにしましょう。

 

 

オーガニックだから安心とは限らない

では、オーガニック製品なら安全なのでは?と考えてしまいますが、これも一概に安全とは言い切れません。もちろん、オーガニック製品自体は安全です。無農薬で化学肥料を使わない植物由来の天然成分は安全なはず。

しかし、妊娠中の体は不安定であるということを忘れてはいけません。もともとアレルギーを持っていなかったはずなのに、植物由来の成分にアレルギー反応を起こすこともあります。アロマオイルも同様ですが、植物由来だから安全と安易に考えずに、使用には慎重になった方がよさそうです。

多くの妊婦さんが使っている「妊娠線予防クリーム」は妊婦さんが使うことを前提として作られていますし、妊娠線を予防するのに効果が高い成分をたくさん含んでいます。市販の保湿クリームよりは割高ですが、効果安全性という両面から考えると専用のクリームがおすすめです。

妊娠中にお腹周りにかゆみが?これって何?

私にも経験がありますが、妊娠中ってお腹やバストの周りがとても痒くなりますよね。もともとはそんなに乾燥肌ではなかったと思うのですが、顔も体もカサカサとした感触で、妊娠中はずっと肌の変化を感じていました。

お腹が大きくなり始めた妊娠5か月の終わり頃からは、今まで使っていたジーンズは完全に入らなくなり、ウエストがゴムでできたジーンズやスカートを愛用していました。このウエストの部分が痒くて仕方なかった時期があります。キャミソールを着ていたので、直接ゴムが肌にあたるわけではないのですが、どうしても痒い。市販の薬を使うのが怖かったので産院で相談したことがあります。すると、看護師さんから意外な言葉が返ってきました。

「それ、乾燥もあると思うけど、妊娠線ができ始めているかも」と驚きの言葉。妊娠線のでき始めには、肌の奥の真皮と呼ばれる部分が少しずつ裂けはじめるので、痛みはなくても痒みを感じる人が多いのだそうです。痒くてポリポリと掻いてしまうことで、余計に肌を刺激することになり、妊娠線の発生を促してしまうのだとか。

妊娠の後期には、ホルモンの影響によって体が痒くなることがよくあるそうですが、私の場合はまだ安定期に入った時期だったので、それもないだろうと。すでにお風呂上りに妊娠線のケアを始めていた私ですが、朝の肌も乾燥するという話を聞き、妊娠線クリームで朝もケアすることにしました。

 

痒みが出始めたらしっかり保湿ケア

8987d081271c8d3fdf4c86711a74c0e5_s_s妊娠線のでき始めだけが痒いのではなく、化学繊維など、洋服の刺激で痒くなることもあるそうです。この場合にも、保湿が大切なのだそうです。しっかりと保湿されてふっくらとした皮膚は、外部刺激にも強くなるのだと教えてもらいました。

妊娠線なのか、洋服の刺激なのか、単なる肌の乾燥なのか、原因は結局はっきりしませんでしたが、妊娠線クリームでちゃんとケアしてあげると次第に痒みも引いていったのを覚えています。

 

妊娠後期の体重の急増時は注意!

妊娠後期になると、お腹が急に大きくなり、体重も急に増えてきましたが、早めにケアをしていたのが功を奏したのか、妊娠線はできないままでした。

もちろん、皮膚の状態には個人差がありますし、妊娠線クリームにもさまざまな種類があるので妊娠線クリームが効いたとは断言できないのですが、ストレスの原因になる痒みが治まったことだけでも私にとってはありがたかったです。バストの周りも痒かったので、お腹と一緒にケアを続けていたところ、痒みも落ち着きました。

バストはあまりサイズアップしなかったので、こちらは単純に肌が乾燥していただけか、ブラジャーの繊維が刺激になっただけではないかなと思っています。