妊娠しやすい身体づくりのために出来ることは!?

妊娠するために必要な活動として身体も妊娠しやすいよう変化させておく必要がありますが、大切なのは食事だと言います。

たとえば健康に必要とされている栄養バランスは任活のためにも必要不可欠なのですが、ジャンク食品やインスタント食品、外食産業が発達した現在食物繊維やビタミン、ミネラルが不足している人が増えています。

飽食の時代といわれる現代でありながら栄養不足に陥るというのは非常に辛いことです。大切なことはたんぱく質、脂質、糖質、そしてビタミンにミネラル、食物繊維と質のいい水です。これらのバランスが取れることで代謝が活性化し、生殖活動が活発化し、健康な精子や卵子が育つのです。

 

妊娠するには気持ちも大切

気持ちにも妊娠しやすいしづらいの差が現れるのですが、子供が欲しいのに子供ができないことに焦りと怒りを感じると、一番身近にいるパートナーにぶつけてしまい、夫婦仲が悪化することもあります。

感情が攻撃的になると男性側にもストレスが発生し、やがて自分に返って来ると言う悪循環に陥ります。

ですから妊娠するためには心のバランスを取ることも大切で、赤ちゃんを待つ余裕が必要なのです。

生活習慣も見直してみることが大切で、夜遅くまでおきている人は日中の体力が温存できず体調が崩れやすくなります。寝る時間が毎日違うという人は睡眠のリズムや生活リズムが崩れ、妊娠に影響を及ぼします。

できれば夫婦ともに寝て、ともに起きる生活を送ることができるよう、安定した規則正しい生活を送りましょう。