双子ちゃん・三つ子ちゃんでも妊娠線を作らない方法ってある?

双子ちゃんや三つ子ちゃんとなると、一度にたくさんの子どもが授かれて嬉しいという気持ちに溢れる両親も多いものです。

しかし、それと同時に不安が募ってくるのも事実であり、両親ともに頭を抱えがちなのが子育てにかかる費用でしょう。ところが、それに加えて妊婦となっている女性にとっては妊娠線ができてしまうリスクが高いという事実に直面して悩ましい状況になってしまいがちです。

一人であってもできてしまうことが知られている妊娠線であるのに、双子ちゃんや三つ子ちゃんといった多胎出産ともなると不安が多くなってしまうでしょう。

そういった状況になってしまっても妊娠線を作らない方法はあるのでしょうか。妊娠線の原因と共に理解をしておきましょう。

 

妊娠線の原因と多胎出産のリスク

妊娠をしてお腹が大きくなってくるとできてしまいやすいのが妊娠線であり、ずっと残ってしまう傷跡になってしまう場合もあることから対策を立てておきたいと考える女性がほとんどでしょう。

その原因となっているのは皮膚の下に広がっている真皮と呼ばれる組織が引き伸ばされた結果として断裂してしまうというものです。

お腹が大きくなるとそれだけ肌が引き伸ばされることになるため、それに真皮の柔軟性が対応しきれなくなるとちぎれてしまって傷跡になってしまいます。これが妊娠線です。

多胎出産となると必然的にお腹が大きくなりやすくなり、妊娠線ができやすくなってしまいます。しかし、双子ちゃんでも三つ子ちゃんでも元気に生むためにはお腹を大きくしてあげなければならないのも事実であり、予防のために万全の対策をしていくことが欠かせないのです。

 

多胎出産のときの対策方法

06223951f46885e849829b8264774b5c_s_s双子ちゃんでも三つ子ちゃんでも皆を元気に生みながら、自分にも妊娠線を残さないためには十分な対策を行っていくことが需要です。

体重が急激に増えてしまわないように運動をしていくことが基本となり、自分由来の体重を少し減らしながらバランスをとっていくことが欠かせません。

また、皮膚の状態を良好に保つことは重要な視点になります。食事としてタンパク質やビタミンC、鉄分や葉酸に豊富なものを心がけるようにして身体を作りやすい状態にしていくことが対策の基本です。

それに加えて重要になるのが外側からの皮膚のケアであり、保湿性を高めてできるだけ真皮の柔軟さを保っていくことは忘れないようにしましょう。

妊娠線クリームを毎日欠かさず使用することで大きな寄与を期待できます。また、負担を軽減するためにサポーターをつけておくことも大切です。

双子ちゃん・三つ子ちゃんは妊娠線ができる危険度MAX!

双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高いです。

というのも、双子ちゃん・三つ子ちゃんの場合、お腹の大きさが単胎に比べて全然違うのです。お腹にはいっている人数が通常の2倍、3倍になりますので、お腹が大きくなることは容易に想像できますね。

 

お腹がはちきれそう!

特に初めての妊娠の場合、赤ちゃんが1人だけのときは臨月までお腹のふくらみが目立たないこともよくあります。臨月まで周りが妊娠に気が付かないといったことも少なくありません。そのような人は、臨月になり出産予定日が近くなって一気にお腹が膨らみ、周囲に大変驚かれます。

ところが双子ちゃんや三つ子ちゃんの場合、早いうちからお腹はかなり大きくなり、目立ってきます。早い人で妊娠4か月、5ヶ月ぐらいで、単胎の臨月ほどの大きさになります。双子ちゃん、三つ子ちゃんの臨月になると、お腹の皮膚ははちきれそうになるぐらいに引っ張られています。

お腹が大きくなると、その分お腹の皮膚は引っ張られ、皮膚の伸びがついていかなくなり妊娠線が出来てしまうのです。

妊娠線はお腹中にマスクメロンの網のようにたくさん出来てしまう人から、お腹の裏側に目立たない程度に出来る人まで、様々です。どうせ妊娠線ができるからといって諦めて何もしないことはよくありません。妊娠線ケアのクリームやオイルを毎日お腹によく塗ってマッサージして、お腹をしっかりと保湿することはとても重要です。何もしない時に比べて妊娠線のでき方や本数などに大きな違いが出てくることでしょう。

 

少し早めの妊娠線ケアがおすすめ

a0cbd8fb9578fd8d8c223fb91d8d074b_s_s単胎の場合は通常妊娠4ヶ月、5ヶ月頃から妊娠線ケアのクリームを使い始めますが、双子ちゃん・三つ子ちゃんの場合はおなかが大きくなりはじめる時期が早いので、つわりが落ち着いた頃から使い始めると良いでしょう。

また、おなかを守るさらしやガードルなどで子宮が下がらないようにすることも大切です。お腹を固定することは、急にお腹が大きくなりすぎることを防ぐことができるため、妊娠線予防対策にも有効なのです。

妊娠線ができる危険度がかなり高い双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠ですが、元気に無事生まれてきた後は、2人・3人の赤ちゃんが仲良く遊んでいる姿が見られて大変かわいいです。最初は大変ですが、2、3歳頃からは一緒に遊んでくれるようになるので、子育てが大変楽になります。是非楽しみに待っていてくださいね。