そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。

その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。

しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。

そのような事になってしまわないためにも妊娠線が出来る原因を十分に理解して、妊娠中はしっかりと妊娠線ケアを行う事がとても重要なポイントになってきます。

そこで今回は、その妊娠線が出来てしまう原因について詳しくご紹介させていただきます。

 

妊娠線が出来る原因は?

妊娠線が出来るのには個人差があり、中には太ももや腕や胸に出来る人もいます。また網目にようになったり、筋状になったりして出来方は人それぞれです。

この妊娠線が出来てしまう主な原因は、妊娠で急激にお腹が大きくなり、皮膚が急激に伸ばされてしまう事にあります。私達の皮膚は表皮と真皮と皮下組織の三層に分かれているのですが、妊娠してお腹が大きくなる際に表皮が伸びやすくなってきます。

しかし真皮や皮下組織の一部には弾力性が無いため、急激に伸びてしまう事に対応出来なくなるのです。
さらに皮下脂肪も弾力性がないため、真皮や皮下組織は伸縮する力が限界を超えてしまう事になるのです。

しかしその状況であっても、お腹は大きくなり続けていくため、皮膚は引っ張られ最終的に亀裂が入ってしまう事になるのです。そして皮膚の上に赤紫の線状の班が現れてしまう事になるのです。

c134197882649866167da216cae04ee5_s_s

妊娠線が出来てしまうのはホルモンバランスも影響?

妊娠線が出来るのには、ホルモンのバランスも大きく関係してきます。妊娠するとホルモンのバランスが崩れやすくなり、コルチコステロイドホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。

この影響を受けるとコラーゲン生成が抑制されたり、肌のターンオーバーの働きが抑制される事になるため、妊娠前の状態よりも肌の代謝が悪い状態になるのです。そのため妊娠すると、肌には弾力性がなくなり、ダメージに弱い状態になるのです。

その状態はとてもデリケートな状態であるため、妊娠線が最も出来やすい状態と言えます。特に、脂肪がつきやすいお腹に妊娠線は現れやすくなっているのです。

それらの妊娠線は、基本的にはお腹の大きくなり始める妊娠6か月頃から現れ始めます。さらには下腹部あたりから妊娠線が現れ始める人も多いようなので、見落としてしまう可能性が高くなります。

妊娠線の原因を教えて!

妊娠線は何が原因で出来るのでしょう?妊娠線ケアするためには、妊娠線ができる原因についてしっかり抑えておく必要があります。

 

真皮や皮下組織が裂けるのが妊娠線

妊娠線ができるのは、お腹が大きくなり、皮膚が伸びることによって「真皮」と呼ばれる内側の皮膚に亀裂ができることが原因です。私たちの皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と呼ばれる3層構造になっています。

表皮とは、私たちが日常的に「皮膚」とか「お肌」とか呼んでいる目に見える部分です。この表皮は結構伸びるものだそうで、少しくらいサイズアップしても裂けてしまうことはありません。表皮の下には「真皮」と呼ばれる表皮を支えるコラーゲン線維で出来た皮膚が存在します。目には見えませんが、肌の弾力や潤いを左右するのも真皮がしっかりしているかどうかにかかっていて、真皮の状態はすぐに表面の表皮に現れてきます。皮下組織は、そのほとんどが皮下脂肪で作られていて、動脈や静脈の通り道になっています。血液によって酸素や栄養を真皮に届け、真皮から出される老廃物を回収して捨てに行く役目を担っている部分です。

1eb40c3c662b452f24a70dfb322dc2b0_s_s


真皮や皮下組織は、表皮に比べて伸びる力が少なく
、サイズアップすることで伸びようとはしますが限界があります。この限界をこえたらどうなるか。その時は裂けてしまうのです。裂けてしまうとどうなるのか、ということが気になりますが、とくに大きな痛みはありません。痛みが無いので気づきにくいと言われますが、私の場合は痒みが初期症状だったのではないかと思います。

病院に行って看護師さんに、大きくなったお腹が痒いと相談したところ、乾燥しているようにも見えないから、きっと妊娠線ができ始めているのでは?と言われたことがあります。結果として私には妊娠線ができなかったのですが、つわりが治まった頃から早めにしっかりと妊娠線クリームでケアをしていたからだと思います。

 

真皮を潤いで満たすことで妊娠線ケア

真皮が裂けた直後の状態は、肌の表面に赤紫色のスイカのような模様となって現れます。やがて赤みは落ち着いてきて、最終的には白いライン上の傷跡となって残ってしまいます。コラーゲンの支えを失った妊娠線部分の表皮は、細かいシワの集合体のような状態になってしまうのでとても目立ちます。

真皮が裂けるのを防ぐための手段はただ一つ。真皮に柔軟性を持たせて、サイズアップにも耐えられるようにしてあげることだけです。「柔軟性を持たせる」とは、真皮を潤いで満たしてあげるということです。

妊娠線予防を目的とした妊娠線クリームには、肌の表面だけでなく真皮にまで届く保湿成分がたくさん含まれています。また、妊娠中の敏感な肌にも安全性の高い成分で作られていますので、安心して使い続けることができますので、早めのケアで真皮を柔らかくして、お腹が大きくなるのに備えておきましょう。

妊娠線ができる原因は?

妊娠線を作らせないためには、妊娠線ができる原因を知っておくことが大切です。

妊娠線は、どうしてできてしまうのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんが大きいと、妊娠線が出来やすいと思っている人も多いようです。しかし、赤ちゃんが大きくても、妊娠線ができない人もたくさんいます。

妊娠線は、冷えや乾燥が原因で皮膚が伸び切れずに割れてしまう現象です。妊娠線を作らせないためには、お腹を温めて十分すぎるほど保湿をしてあげることです。

そうすることで、柔らかく伸びやすいお腹になり、大きくなるお腹に皮膚がついていくことができるので、割ることはなくなるということです。

妊娠線の原因を知ることは大切♪

妊娠線の原因を知っておくことで、今後のお手入れをしっかりと取り組んでいくことが出来ると思います。お腹をしっかりと守っていても、冷えや乾燥はどんどん進んでしまいます。服を着ているから乾燥しないとは限らないのです。

妊娠後期に入ると、赤ちゃんの成長も早くなるので、頻繁に保湿してクリームを塗るようにしていき、乾燥から守っていきましょう。

妊娠線が出るタイミングは人それぞれ異なります。単にお手入れをするのではなく、原因をきちんと理解してケアする方が、念入りさが大きく変わってきます。

思っている以上に乾燥するものなので、抜かりなくお手入れをしていきましょう。