ノコアはできてしまった妊娠線に効果ある!?

妊娠中、うっかり予防をすることを忘れてしまい、できてしまった妊娠線はとても気になるものです。妊娠線対策クリームは予防として使用するものがほとんどです。

肉割れ対策クリームのノコアは、このできてしまった妊娠線にも効果はあるのでしょうか。

 

妊娠線の原因と予防

妊娠をすると急激にお腹が大きくなるだけでなく、体全体のサイズが大幅にアップします。そうなると、急激な体型の変化で、皮膚が伸びてしまい、それが跡になったものが妊娠線です。

妊娠中の体重増加が大きかった人ほど、この妊娠線ができやすく、また肌の乾燥も原因の一つです。体重増加が激しいと、お腹もその分大きくなりますし、腕や太ももなど大幅にサイズアップしてしまった箇所にはお腹と同じように複数の妊娠線や肉割れができてしまいます。また、乾燥が原因となるのは、皮膚がのびてしまった時にコラーゲンが不足していると跡になってしまうからです。

産後に後悔しないように、妊娠線の予防のために、おなかが大きくなる前に保湿効果の高い妊娠線対策クリームを塗って予防をする必要があります。妊娠中のお肌はいつも以上にデリケートになっているので、乾燥や環境の変化にも敏感になっています。

そのため、たっぷりとこまめにクリームを塗り、1日も欠かすことなく予防のケアをすることが必要になります。塗る箇所もお腹はもちろん、腕や太ももなどの肉割れができやすい箇所にも塗ることが大切です。

 

できてしまった妊娠線には、ノコア

妊娠線対策の予防クリームの塗り方が適当でなかったり、また、うっかり予防し忘れてしまったりなどで妊娠線ができてしまった場合、どのようなケアをしたらよいのでしょうか。

多くの妊娠線予対策クリームは予防としておなかが大きくなる前から使用するものなので、できてしまった妊娠線には効果のないものがほとんどです。

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s_s肉割れ対策クリームのノコアは、急激に太ったりしたことが原因でできてしまった肉割れの改善やセルライトにも効果があるクリームです。このノコアは、古い肉割れや頑固なセルライトにも効果があるので、できてしまった妊娠線にも効果を発揮してくれます。たっぷりの保湿成分と高浸透型ビタミンCが配合されていて、肌にハリと潤いを与えてくれるクリームです。

ノコアは、古い肉割れにも効果があるクリームなので、できてから時間が経ってしまっている妊娠線のケアにも効果が期待できます。古い妊娠線を諦めかけていた方も希望をもってケアを始めることができます。妊娠線の程度がひどい場合や、古い場合は、一度に使用する量を意識して増やすようにすると、効果的です。

 

 

ロクシタンで妊娠線予防効果は期待できる?

出産したあとは、どうしても妊娠線が目立ってしまいます。しかし、妊娠線予防をするために様々な対策を行うことができます。

その中でも、注目されているのがロクシタンによる妊娠線予防であり、効果を期待できます。

 

ロクシタンでできる妊娠線予防とは?

ロクシタンはスキンケア用品を取り扱っていますが、妊娠線予防に効果的なものもいくつか存在します。その中でも特に効果的なのは、やはり化粧水でしょう。

化粧水は普通顔などに使用することが多いのですが、妊娠線が出来た場所に浸透させることによってハリが良くなりますから、妊娠線が徐々になくなっていきます。しかし、これは場合によって変わってきますから一概には言うことができません。

他にも、肌のスキンケアを行うときに使用するような、美容液乳液なども効果的ですから使用してみると良いです。妊娠線は夏になると、露出ができなくなってしまうほど目立ってしまいますから、いち早く改善しておきたいものですよね。

出産してからすぐですと、少し体も負担がかかるでしょうから二・三ヶ月経った頃から、徐々に行っていくとよいでしょう。また、予防するという意味では妊娠している時から妊娠線が目立っているようであれば、その時からケアを行ってみるのも良いでしょう。妊娠線が目立ってしまうと、それだけでナイーブになってしまいますから、早めに解決することが重要です。

 

ロクシタンでもオススメの商品とは?

妊娠線予防の際に、ロクシタンを使用したいと思っている人は、まずは保湿することができるようなクリームと、ハリを高める化粧水を用意するとよいでしょう。

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s_s

原理は、顔のスキンケアを行う時と同様に、妊娠線が目立っている場所に塗れば良いのです。しかし、ただそれだけでは改善することができません。妊娠線は、肉割れのようになっていますから、念入りに保湿とはりを高めていくことが重要になってきます。

ロクシタンに関しては、少し高めの化粧品ですから、それなりに効果を期待することができるわけですが、妊娠線は広範囲に広がっていることが多いために、少しもったいない気もしますよね。そういう時は、別の化粧品と併用して使用すると良いでしょう。

併用したからといって体に負担に成ることはありませんし、コスパも良くなります。二週間ほど様子を見てから、ハリが良くなってきて妊娠線もなくなっているようであれば、そのまま使い続けるとよいでしょう。ここで重要になってくるのは、毎日継続して使用するということです。スキンケアと同様に、使い続けることに意味があるのです。

シラノール誘導体の効果や効能は?

シラノール誘導体という言葉はご存知でしょうか。ビタミンC誘導体という言葉なら聞いたことがあるけれど、シラノール誘導体はあまり聞き慣れたものではありませんね。

シラノール誘導体ってどんなもので、どのような効果が期待できるのでしょう?

 

シラノール誘導体が真皮にまで潤いを与える!

シラノール誘導体は、正式にはアスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンと言います。なかなか1度聞いたくらいでは覚えられませんね。これは、皮膚弾力の修復とコラーゲンの再構築作用があるとされ、張りや弾力がある肌に導く効果があります。シラノール誘導体は、主に妊娠線予防クリームに配合されていて、肌の奥深くの真皮まで有効成分が届くとされています。

肌の表面よりも奥深くにある真皮は、とても伸びにくいと言われていて、妊娠によりお腹が急に大きくなってきたり、太って皮下脂肪がついてきたりすると肌が引っ張られて真皮が傷つき、肉割れを起こして妊娠線の出現となってしまいます。伸びにくいとされている真皮にまで潤いを与えると言われているのが、このシラノール誘導体なんです。

妊娠線予防クリームの多くにはシラノール誘導体が含まれていて、妊娠線予防に効果を発揮していると言われています。シラノール誘導体を配合したクリームを使った妊婦さんの9割が、妊娠線の予防に役立ったという結果が出たそうですよ。これは興味深いことですね。

 

シラノール誘導体には皮膚のダメージを修復する働きが!?

シラノール誘導体に含まれているケイ素が、皮膚のダメージを修復する働きがあります。妊娠線は肌のダメージの一つですから、これが含まれたクリームを使うことによって予防効果を高めているのです。妊娠線ができないように予防していたけれども、できてしまったという人にもおすすめです。

できてしまった妊娠線は元の状態のように完全に消すことはできませんが、薄くして目立たないようにするのは可能です。そんな場合にシラノール誘導体が含まれたクリームを使うことで、そんな悩みを解決してくれます。また、出産後に気になる皮膚のたるみにも、このシラノール誘導体配合のクリームは効果があると言われています。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s_s
出産後もきれいな肌で引き締まった体型に戻りたいと願う女性はほとんどだと思いますが、そんな時にもシラノール誘導体は活躍してくれるのです。しわやたるみの防止、引き締め効果、ハリの維持、高い保湿力があるとされています。乾燥肌対策やcにも効果があるもので、幅広い年齢層の人たちから頼りにされているのがシラノール誘導体という成分なのです。何か化粧品を探す時は、シラノール誘導体が含まれているかどうかを確認すると良いですね。

ニベアの青缶で妊娠線予防?効果はあるのでしょうか?

小さい頃から保湿といえば「ニベアの青缶」を使っていました。CMでも目にするように、母がほっぺや体に塗ってくれていました。妊娠線の予防にもいいのではないかという話を聞きました。妊娠線の予防は、肌に潤いを与えることが一番ですから、あながちウソではない気もします。CMでは小さな子供がお母さんの大きなお腹にニベアを塗ってあげているシーンが放送されたことが理由でしょうか。妊娠線にニベアを使えるのかどうか、私なりに調べてみました。

 

ニベアは妊娠中使っても大丈夫?

まず、ニベアの青缶に書かれている注意書きには、妊婦さんに使用しないなどとは書かれていないので妊娠中も使って大丈夫なようです。ニベアに含まれる成分も、通常の保湿クリームに含まれる成分よりもシンプルで安全性は高いようです。肝心の保湿効果ですが、使ったことのある人なら分かりますが、結構持続するんですよ。ただ、塗りすぎるとべたつくので塗る量には気をつけた方が良いかもしれません。何よりうれしいのはそのお手頃な価格です。大缶と呼ばれている大きめの缶タイプでも、価格は400円前後です。妊娠線クリームと比べると、ニベアの青缶に軍配が上がりますね。そして、どこでも手軽に手に入るのが魅力的です。コンビニに置いてあることもありますよ。

効果があるのかどうかは、人それぞれの体質にもよるのではっきりと言えませんが、保湿効果があるので「効果があった」という人と、「効果はなく、妊娠線が出来てしまった」という人など様々な意見がありました。

 

安心なのは専用の妊娠線クリーム

専用の妊娠線クリームには、ニベアの青缶よりも多くの保湿成分が含まれていて、妊娠線の原因となる真皮の亀裂を防ぐため、真皮にまで浸透しやすい成分が含まれています。ニベアの青缶は肌の表面を保護する保湿剤ですから、真皮にまでしっかり保湿成分を届けるのであれば、妊娠線クリームの方が良いと思います。

とはいえ、あまりに高価な妊娠線クリームでは続けて使うことができません。高価だから良い物とは限りませんし、続けられなければ意味がないので、低価格でも専用のクリームを使ってケアを続けていきましょう

Fotolia_24584147_XS_s
結論としては、ニベアの青缶でも保湿効果は期待できますが、絶対に妊娠線を防げるかどうかは疑問が残るところ、としておきます。クリームと併用して使うと保湿効果が高まって効果がもっと期待できるのかもしれません。でも、出産後も赤ちゃんの肌にも使えるので、家庭に一つ常備しておきたい保湿剤ではあります。

妊娠線クリームの効果を最大限に引き出す方法って?

妊娠線クリームを使う目的は、伸びている肌に潤いを与えて柔らかい状態を保ち、妊娠線を防ぐことですね。そのためにお金を出して買うわけですから、買って、ただ塗っているだけではもったいないです。せっかく買った妊娠線クリームの効果を目一杯引きだしてあげて、妊娠線をしっかりと防いでいきましょうね。

 

妊娠線クリームを一日最低2回塗る!

効果的な塗り方としては、「一日最低2回は塗る」ということをお勧めします。多くの人は、お風呂上り、裸になっている時に妊娠線クリームを使うと思います。私も何も考えず、ただ裸になっていて塗りやすいからという理由だけでお風呂上りに塗っていました。でも、あとで調べて分かったのですが、お風呂上りのお肌が一番水分を保持した状態なのだそうです。そこからどんどん乾燥が進んでいくそうなので、お風呂上りのタイミングで肌の水分にふたをしてあげるのはとても効果的なんだとか。また、お風呂上りは肌がお湯の温度で柔らかくなっているので、クリームの保湿成分が最も浸透するタイミングでもあるそうです。なので、お風呂上りの妊娠線クリームは正解です。

2a9be0147950b31275f749ea95c16b84_s_s
ただ、それだけでは残念ながら足りないのです。夜、寝ている時に私たちは汗をかきます。これは誰にでも起こる体の正常な活動なのですが、この時に汗と一緒に肌に必要な水分も逃げていってしまうのだそうです。夜にクリームでふたをしているので、逃げにくくはなっているのですが、それでもクリームを塗った直後よりは乾燥は進んでいるそうです。なので、朝、着替えるタイミングでも妊娠線クリームを塗ってあげると良いのだそうです。

 

妊娠線クリームでしっかり保湿

私は妊娠前には自分のことを乾燥肌ではないと思っていました。ボディケアも特にしていなかったし、乾燥していると感じたこともありませんでした。でも、妊娠中はお腹や手足の肌が乾燥しているなと感じることがよくありました。その時の状況にもよるのですが、乾燥していると感じたらできるだけすぐにクリームを塗るようにしました。これもクリームの効果を高める使い方だと思います。

妊娠後期にウエスト周りやブラジャーの金具の部分が痒くなることがあったので、看護師さんに相談したことがあります。すると、「乾燥して痒くなってるかも。肌が引っ張られると毛穴も開くから乾燥しやすいんですよ」と教えてもらいました。痒くなったときにはすでに乾燥が進んでいるそうです。妊娠線を防ぐためには、痒みを感じないくらいに、こまめにクリームを塗りなおす方が良いんだなと実感しました。