妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。

妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。

この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きたことで、もちろん時間がたてば元に戻りますがしかし一度引っ張られるとなかなか消えてはくれないのです。

そこで産んだ後の気掛かりである妊娠線予防として行う場合、そのコラーゲンを元に戻すクリームオイルのメリットとデメリットを知っておくことが大事です。

 

妊娠線予防に使われるクリームとオイルのメリットデメリット

妊娠線を予防するためには産んだ後に伸びきってしまったコラーゲンを元に戻すことが大事です。そのためにはコラーゲンの復元に役に立つクリームおよびオイルを使うことが大事になりメリットとデメリットを正確に理解しておくことです。

基本的にクリームのメリットは妊娠線の原因がコラーゲンが伸びきっていることが原因なので、クリームを塗ることによってマッサージをすると伸びきった皮膚の再生が促進されて元に戻る力を戻します

ただその反面クリームはマッサージして延ばさなければならないため、その使い方に慣れていないと皮膚が荒れてしまい皮膚が弱い人には使いづらいというデメリットがあります。

そしてオイルのメリットは通常油のままでの液体なので手で触れるだけで広範囲に使えて皮膚に優しく、さらに高い保湿成分があるので皮膚の弾力を元に戻す力が強いです。

ただしデメリットとしては使うのが油なので酸化が早く使用期限が短いことです。

 

結局のところは両方使うのがベストです。

db286f617d724a292db7b0ac15b6020f_s_s妊娠線予防としてクリームを使うのかそれともオイルを使うのかは議論されますが、先に言ったとおりにクリームにもオイルにも一長一短といった形でメリットそしてデメリットが存在します。

結局のところクリームとオイルどちらを使えばいいかという点においては、基本的に両方同時に使ったほうがいいということになります。

それはオイルの弱点は油で酸化が早いことがデメリットですが使い切れば問題ないので、妊娠線が出来ている範囲すべてに塗るということを毎日繰り返せばいいだけです。

その中でクリームは肌が弱い人には使えないといいましたが、このオイルで皮膚表面を覆っていればこすっても大丈夫なのでマッサージをしても皮膚が荒れることはないのです。

そもそもクリームもオイルも人体にとってよい成分でお互いがけんかすることはないので、どちらかだけを使えばいいというものではなく両方使ったほうがお互いのデメリットを打ち消しあって相乗効果が生まれます

妊娠線予防するならベビーオイルと妊娠線クリームどっち?

妊娠線の原因の1つとして、お腹の膨らみに皮膚が追い付けずに真皮などが裂けてします事が挙げられます。この皮膚下の真皮などが裂ける原因は、裂けてしまう部位の乾燥や柔軟性が足りないために起こります。

柔軟性を補助し潤いを保つために、妊娠線予防クリームベビーオイルなどの保湿剤を肌の状態を見ながら使用します。

 

妊娠線が出来てしまう原因とは

妊娠線が出来てしまう主な原因には、胎児の成長によってお腹の皮膚が追い付かなくなってしまう事で起きてしまいます。皮膚の下にある真皮などが裂けてしまうと元の状態に戻る可能性は少なく見た目にも良いものではないため、皮膚の柔軟性を補助する形で保湿クリームやオイルを使って皮膚が裂けてしまうのを防ぐ必要があります

妊娠線の初期症状としては、皮膚下の真皮などの裂けめ部分は赤い線状となって現れるため、見た目で初期と判断する事が可能です。人によっては痒み軽い痛みを感じる場合もありますが、何も感じずに気づいたら妊娠線が出来ていたという人もいます。

基本的な妊娠線初期に対する簡単な処置としては、なるべく皮膚の感想を避けるために保湿剤を使用します。ただし、妊娠線を出さないためにも予防クリームオイルは使用するようにしましょう。

妊娠線予防クリームやオイルそれぞれに専用の物がありますが、クリームかオイルのどちらを選ぶべきか悩む方もいるのではないでしょうか。基本的には、肌の状態によってクリームとオイルを使い分ける方が良いため、両方とも揃えておくと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームとベビーオイルの使い分けについて

妊娠線予防クリームやベビーオイルを使用する場合にどちらの方が妊娠線を出にくくするのか考えてしまいがちですが、基本的には妊娠線予防専用の保湿クリームを使用します。

補助として保湿が足りないようであればベビーオイルなどの保湿が高い物を併用し調節する事が必要になります。また、腹部に使用する物なので使用する前には必ずパッチテストは怠らないように注意します。

a7a9b42b0d1f3053235242d4aed43024_s_s

肌の状態を毎日確認しながら、感想度合いを見てベビーオイルにするべきか専用のクリームにするべきか選びます。必要によっては両方を使用する事もありますが、べたつきによって肌が荒れてしまう事もあるため、なるべく皮膚に塗った後は軽くタオルやティッシュペーパーを軽く押し当てるようにして拭き取るようにしましょう。

妊娠線予防専用クリームの場合では、特に葉酸が含まれたクリームを使用する事で、専用外のクリームよりも肌をより柔らかくし柔軟性を保つようになります。

葉酸が含まれたクリームを使用する場合には、なるべく合成葉酸の物を選ぶようにしましょう。その理由とは、天然成分の場合だと肌の浸透が少なくなってしまう可能性があるからです。

妊娠線予防にはオイルよりクリームを選ぶという賢い選択!

妊娠線を防ぐための商品として、妊娠線クリームが一般的ですが、中にはオイルタイプのものやローションタイプのものも販売されています。私個人としてはクリームをお勧めしますが、その理由は後ほどお話ししますね。まずは、それぞれの特徴をご説明しましょう。

 

オイルやローションってどうなの?

オイルは、ほとんどが油分から出来ています。天然のオイルを使用していて、保湿効果はクリームやローションよりも圧倒的に高くなっています。オイルで肌表面にふたをすることで、肌表面から水分が逃げるのを防いでくれます。ただ、これは元々の肌が潤っているという前提が必要です。ですから、使うのはお風呂上りが効果的といわれています。肌の奥まで浸透するタイプのオイルもあり、肌を柔らかくする効果も高いのですが、クリームやローションと違ってとても伸びにくいので、妊娠後期にお腹が大きくなってくると特に使いづらさを感じるかもしれません。また、使用後はベタベタする感じがするので、苦手という人も多いようですね。

ローションは、私たちが顔に使う化粧水と同じタイプのケア商品です。液体タイプですから、肌の奥まで浸透するスピードは一番早く、成分が浸透しやすいという特徴があります。ただし、油分はほとんど含まれていないので、浸透しても蒸発しやすいのが難点です。さらっとした感触は気持ちいいので私は好きなのですが、保湿をしているという感じが物足りなかったので、妊娠線ケアには使いませんでした。

 

一番おすすめは妊娠線クリーム

93d8569208587fba81c067eae50768ab_s_s最後に妊娠線クリームですが、私はこのタイプを一番お勧めします。オイルとローションのいいところを組み合わせたものだと思います。油分と水分が3つのなかで最もバランスよく配合されていて、伸びが良いので塗りやすいという特徴がありながら、肌表面から水分が逃げるのを防ぐ効果もありますので、使いやすさは一番だと思います。ただし、保湿クリームを体に塗ったことがほとんどなかった私は、最初、少し抵抗がありました。オイルほどではないと思いますが、やはり塗った直後はべたつく感じがしたものです。慣れてくると全く気にならなくなり、妊娠後期でお腹が大きくなって体が自由に曲げられなくなった時も、伸びが良いので塗りやすくて助かりました。妊娠線ケアの主流だからなのか、油分と水分の配合バランスや配合されている成分によって、さっぱりした塗り心地のものからしっとりした塗り心地のものまで色々販売されていますので、お好みで選んでみてくださいね。