妊婦さんの約50~60%に妊娠線ができる!?

妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。
本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか。

 

妊娠線ができる確率は高い?

あるデータによると、第一子の妊婦さんでは全体の約20%から30%で妊娠線ができたということです。また、第二子以降の妊婦さんでは、全体の約70%~80%で妊娠線ができたというデータがあります。全体としては1回の妊娠において、妊婦さんの約50%から60%に妊娠線ができると考えて良さそうです。

ちなみに双子や三つ子ちゃんを妊娠した場合、ほとんど妊娠線ができてしまうようです。
双子や三つ子の妊娠では、1人の時に比べてお腹の大きさが明らかに違いますから、妊娠線ができてしまうのはある程度仕方がないことかもしれません。

約50%から60%に妊娠線ができてしまうという数字、高いと思われますか?低いと思われますか?実は私の周りでは私を含めて妊娠線が出来てしまった人がほとんどであったため、私の実感としては妊娠線が出来る人はもう少し多いのではないかと思っていました。意外と低いな、と感じました。

 

初産婦さんの方が妊娠線はできにくい!?

初めての赤ちゃんを妊娠されている妊婦さんに妊娠線のできる確率が低いのは、年齢的にお肌が若く、皮膚がよく伸びるためだと考えられます。
また、初産婦さんは経産婦さんに比べて妊娠線予防のケアをしっかりと行っているためということも考えられています。

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s_s初めての妊婦さんは時間的余裕もあり、妊娠線予防クリームをしっかり塗ってケアするのですよね。ところが二人目以降になると、今いる子供のお世話に追われて妊娠線予防ケアをしている時間がないのです。

私も1人目の時はせっせとクリームをお腹に塗っていましたが、2人目、3人目の時はクリームの存在すら忘れていました…。そして、1人目の時は大丈夫でしたが、2人目の時には妊娠線が出来てしまいました…。二人目以降の妊婦さんもしっかり妊娠線予防のケアを行えば、もしかしたら妊娠線ができる確率は下がるのかもしれません。

また、妊婦さんの約5割から6割に妊娠線が出来るといっても、お腹全体に大きく妊娠線が出来てしまう人もいれば、ちょこっと小さく1本だけなどといった人もいます。
つまり、妊娠線のでき方については人それぞれなのです。妊娠線予防クリームでしっかりケアしていても妊娠線が出来る方もいますが、クリームを塗ることで妊娠線の出来方が最小限に抑えられている可能性もありますね。