妊娠線は臨月に一番できやすいって本当?

妊娠線ができてしまうことは妊婦にとっての悩みの種ですが、いつできるのかわからないことも不安を大きくする原因です。

妊娠線ができてしまうタイミングは人それぞれであるのは事実ですが、できやすいタイミングがあるということも知られています。そろそろ生まれる頃と思い始めると妊娠線の対策もおろそかになりがちですが、臨月になるとできやすいということもよく言われています。

それが本当のことなのかどうかは妊婦にとって興味のある話に違いありません。

臨月に一番できやすいのかどうかということを、臨月に何が起こるのかということや、妊娠線ができてしまう原因に立ち返って考えてみましょう。すると行うべき対策が見えてくるはずです。

 

臨月で起こることと妊娠線の関係

妊婦にとって臨月を迎えることは嬉しいことは間違いないでしょう。妊娠生活を長らく過ごしてきて、ようやく子どもが生まれる状況になったと実感が湧いてくる頃になるからです。

臨月になると胎児はそれまでにもましてすくすくと育つものであり、急にお腹が大きくなってくる人も大勢います。その影響もあって出産が近づくのは事実ですが、それが妊娠線をできやすくしてしまう原因ともなることは知っておく必要があるでしょう。

妊娠線はほとんどの場合にはお腹が大きくなったことが直接の原因でできてしまうものであり、特に急激な変化に肌が耐え切れなくなってしまうことでできてしまいます。

それによって肌が皮膚の下で裂けてしまうのが妊娠線の原因だからです。そのため、急激にお腹が大きくなりやすい臨月になって妊娠線ができてしまうという妊婦も現実として多いのです。

 

臨月だからこそ油断のない対策

妊娠線は早い人では妊娠4ヶ月頃から見られるものであり、その頃から対策を行っていくというのが一般的です。

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s_s毎日欠かさずスキンケアを行ったり、体重管理をしながら運動をしたり、サポーターを着用したりして妊娠線ができないようにしている妊婦も大勢います。

それを継続していればそれほど妊娠線ができてしまうリスクは高くありません。しかし、もうすぐ出産だから大丈夫だろうと気を抜いてしまうと臨月に入ってから妊娠線ができてしまうことになりがちです。

人によっては愛用していた妊娠線クリームがなくなってしまって、もう残り僅かな期間だから大丈夫だろうと考えて失敗をしてしまうこともあります。

胎児が育っているタイミングだからこそ、最後の最後まで油断をしないことが重要です。それまで行ってきたケアが十分なものであったと考えて出産の日まで継続するようにしましょう。

妊娠線ができやすい人ってどんな人?

妊娠線ができないようにお手入れをしているつもりでも、妊娠線が出来てしまう人は多いようです。

自分は妊娠線ができやすいので、お手入れを諦めてしまう人も多いようですが、妊娠線ができやすい原因は必ずあるものです。

では、妊娠線ができやすい人は、どのような人なのでしょうか?

そもそも妊娠線は、お腹が次第に大きくなる過程でできるもので、皮膚がお腹の大きさに耐え切れず避けてしまう為に作られるものです。妊娠線の予防をしている人は、お腹を温め皮膚を柔らかくし、乾燥させないようにクリームを塗っていると思います。

お手入れを何もしていない人は、妊娠線ができやすいのですが、お手入れをしている人でも妊娠線が作られてしまう場合があります。

 

妊娠線は体質にも関係が!

乾燥肌の人や冷え性の人も妊娠線ができやすく、体を冷やす食べ物を好んで食べる人もできやすいようです。

妊娠線を作りたくないのであれば、自分のタイプを把握しておくことで、お手入れ方法も対策も変わってくると思います。妊娠線ができやすいのであれば、できにくい対策を取ってお手入れをしていくことが大切です。

また、妊娠後期に入ると、グーンと赤ちゃんが大きくなるので、妊娠中期の後半から特に念入りにお手入れをして、保湿を重視してケアしていきましょう!