ちょいぽちゃは妊娠線ができやすいって本当?

ちょいぽちゃさんは妊娠線ができやすいといわれています。

実は本当です。ちょいぽちゃさんは普通の人に比べると妊娠線ができやすいといえます。これはどうしてでしょうか?

赤ちゃんが急激に大きくなるとお腹もぐんぐん大きくなり、お腹の皮膚がお腹の成長スピードに追い付かずに亀裂が生じてしまうことが妊娠線の原因です。このとき、皮膚の一番上の表皮はまだ比較的伸びやすいため、表皮が裂けることはありません。

しかし表皮の下の真皮やその下の皮下組織は伸びにくいため、急激なお腹の変化についていけずにあっさりと亀裂ができてしまいます。皮膚の一番上は裂けないので血は出ませんが、真皮やその下の皮下組織が裂けると赤いミミズ腫れのような目立つ線がお腹に出来てしまいます。

 

ちょいぽちゃさんの皮下脂肪が多いのが原因

ちょいぽちゃさんは、普通体型の人に比べて皮下脂肪が多いのです。

皮下脂肪は伸びにくいため、お腹が急に大きくなると裂け易く、そのため妊娠線が出来やすくなります。ちょいぽちゃさんが妊娠線ができやすいということはちゃんと理由があるのです。

ちょいぽちゃさんはお腹の他に太ももや胸、二の腕などにも皮下脂肪が多くあるため、これら部分も妊娠線ができやすくなります。

とはいっても、ママのお腹に皮下脂肪が全くない、ということは逆に赤ちゃんにとってはあまりよくありません。皮下脂肪は赤ちゃんを衝撃や熱さ寒さから守るクッション的な役割を果たしています。皮下脂肪がないと衝撃や暑さや寒さなどがダイレクトに子宮の赤ちゃんに届いてしまいます。

ですので皮下脂肪は適度にあったほうが良いようです。妊娠すると腰回りがしっかりするのはそのためで、皮下脂肪をお腹の周りにつけることで、赤ちゃんを外部刺激から守る働きがあるのです。

 

急激な体重増加に気をつけて!

ちょいぽちゃさんでも急激にお腹が大きくなることを防ぐことで、妊娠線を防ぐことができます。暴飲暴食を避け、栄養バランスのとれた食事を規則正しく美味しく食べることが大切です。

普通の人の理想的な体重増加はプラス8キロから10キロですが、ちょいぽちゃさんはもうちょっと少な目の体重増加でも大丈夫です。ちょいぽちゃを気にして全く体重増加しないということは良くありません。赤ちゃんがお腹の中で育っているわけですから、ある程度は体重を増やした方が良いのです。

ちょいぽちゃんは積極的に妊娠線予防クリームを使うと良いですね。浸透の良いクリームを使い、皮下組織を柔らかくして、急激なお腹の変化にもついていけるような環境づくりを心がけましょう。