妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。

妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。

この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きたことで、もちろん時間がたてば元に戻りますがしかし一度引っ張られるとなかなか消えてはくれないのです。

そこで産んだ後の気掛かりである妊娠線予防として行う場合、そのコラーゲンを元に戻すクリームオイルのメリットとデメリットを知っておくことが大事です。

 

妊娠線予防に使われるクリームとオイルのメリットデメリット

妊娠線を予防するためには産んだ後に伸びきってしまったコラーゲンを元に戻すことが大事です。そのためにはコラーゲンの復元に役に立つクリームおよびオイルを使うことが大事になりメリットとデメリットを正確に理解しておくことです。

基本的にクリームのメリットは妊娠線の原因がコラーゲンが伸びきっていることが原因なので、クリームを塗ることによってマッサージをすると伸びきった皮膚の再生が促進されて元に戻る力を戻します

ただその反面クリームはマッサージして延ばさなければならないため、その使い方に慣れていないと皮膚が荒れてしまい皮膚が弱い人には使いづらいというデメリットがあります。

そしてオイルのメリットは通常油のままでの液体なので手で触れるだけで広範囲に使えて皮膚に優しく、さらに高い保湿成分があるので皮膚の弾力を元に戻す力が強いです。

ただしデメリットとしては使うのが油なので酸化が早く使用期限が短いことです。

 

結局のところは両方使うのがベストです。

db286f617d724a292db7b0ac15b6020f_s_s妊娠線予防としてクリームを使うのかそれともオイルを使うのかは議論されますが、先に言ったとおりにクリームにもオイルにも一長一短といった形でメリットそしてデメリットが存在します。

結局のところクリームとオイルどちらを使えばいいかという点においては、基本的に両方同時に使ったほうがいいということになります。

それはオイルの弱点は油で酸化が早いことがデメリットですが使い切れば問題ないので、妊娠線が出来ている範囲すべてに塗るということを毎日繰り返せばいいだけです。

その中でクリームは肌が弱い人には使えないといいましたが、このオイルで皮膚表面を覆っていればこすっても大丈夫なのでマッサージをしても皮膚が荒れることはないのです。

そもそもクリームもオイルも人体にとってよい成分でお互いがけんかすることはないので、どちらかだけを使えばいいというものではなく両方使ったほうがお互いのデメリットを打ち消しあって相乗効果が生まれます

コメントを残す