妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。

妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません

出産後は色は白くなり一見目立たなくはなりますが、表皮の光沢はそのままで、でこぼこしたまま残るのでしっかり予防していきたいですね。

おなかにできるイメージの強い妊娠線ですが、実はおなか以外にもできる可能性があるんです。

 

誰もがサイズアップする場所!

すべての妊婦さんがサイズアップする場所、それはバストです。赤ちゃんに母乳を与えるために急激に乳腺が発達するバストはおなかの次に妊娠線ができやすい場所なのです。

臨月までに2カップほどサイズアップするバスト、妊娠初期から急激に大きくなっていくので早めのケアが必要になってきます。おなかがまだ出てこないから・・・と油断していると妊娠線ができてしまうかもしれないので要注意ですね。特に出来やすいのは胸の横の部分です。かゆみを感じたら危険信号です。しっかりケアしていきましょう。

母乳育児のためには妊娠中のおっぱいケアが大切なので、それと同時にバストのマッサージを行いながらクリームなどで保湿していくと効果的です。また、産後でも新たに妊娠線ができてしまう可能性があるのがバストです。搾乳などをしつつ、おっぱいが張り過ぎないように注意しましょう。

 

脂肪がつきやすい場所も要注意!

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s_s
妊娠すると、ホルモンの影響で皮下脂肪が蓄えやすくなるため、普段は太りにくい人でも体に脂肪がつきやすくなります。

まずは二の腕。特に上半身が太りやすいという人は二の腕に脂肪がつきやすいので要注意です。内側の柔らかい部分は妊娠線ができやすく、また、外側は自分では見えにくいので、注意しましょう。

次に腰からお尻。大きくなったお腹を支えるために、どんな人でも脂肪がつき、がっしりしていく場所です。元々痩せていて脂肪が少ないという人は特に注意が必要です。大きなおなかに腰回りの皮膚が引っ張られるので、亀裂が生じやすくなります。

そして太もも腰からお尻にしっかり脂肪がつく人は、それを支えるために太ももにも脂肪がついてきます。経ったり座ったりと動きが多いので、二の腕よりもできやすいようです。特に内側の柔らかい部分は、妊娠線ができやすいので日頃からチェックしましょう。

最後に膝の裏。皮下脂肪はつきにくいですが、足全体が太くなることによって皮膚が引っ張られ、妊娠線ができやすくなります。自分で見にくい場所なので、家族にチェックしてもらうといいでしょう。

コメントを残す