妊娠線予防するならベビーオイルと妊娠線クリームどっち?

妊娠線の原因の1つとして、お腹の膨らみに皮膚が追い付けずに真皮などが裂けてします事が挙げられます。この皮膚下の真皮などが裂ける原因は、裂けてしまう部位の乾燥や柔軟性が足りないために起こります。

柔軟性を補助し潤いを保つために、妊娠線予防クリームベビーオイルなどの保湿剤を肌の状態を見ながら使用します。

 

妊娠線が出来てしまう原因とは

妊娠線が出来てしまう主な原因には、胎児の成長によってお腹の皮膚が追い付かなくなってしまう事で起きてしまいます。皮膚の下にある真皮などが裂けてしまうと元の状態に戻る可能性は少なく見た目にも良いものではないため、皮膚の柔軟性を補助する形で保湿クリームやオイルを使って皮膚が裂けてしまうのを防ぐ必要があります

妊娠線の初期症状としては、皮膚下の真皮などの裂けめ部分は赤い線状となって現れるため、見た目で初期と判断する事が可能です。人によっては痒み軽い痛みを感じる場合もありますが、何も感じずに気づいたら妊娠線が出来ていたという人もいます。

基本的な妊娠線初期に対する簡単な処置としては、なるべく皮膚の感想を避けるために保湿剤を使用します。ただし、妊娠線を出さないためにも予防クリームオイルは使用するようにしましょう。

妊娠線予防クリームやオイルそれぞれに専用の物がありますが、クリームかオイルのどちらを選ぶべきか悩む方もいるのではないでしょうか。基本的には、肌の状態によってクリームとオイルを使い分ける方が良いため、両方とも揃えておくと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームとベビーオイルの使い分けについて

妊娠線予防クリームやベビーオイルを使用する場合にどちらの方が妊娠線を出にくくするのか考えてしまいがちですが、基本的には妊娠線予防専用の保湿クリームを使用します。

補助として保湿が足りないようであればベビーオイルなどの保湿が高い物を併用し調節する事が必要になります。また、腹部に使用する物なので使用する前には必ずパッチテストは怠らないように注意します。

a7a9b42b0d1f3053235242d4aed43024_s_s

肌の状態を毎日確認しながら、感想度合いを見てベビーオイルにするべきか専用のクリームにするべきか選びます。必要によっては両方を使用する事もありますが、べたつきによって肌が荒れてしまう事もあるため、なるべく皮膚に塗った後は軽くタオルやティッシュペーパーを軽く押し当てるようにして拭き取るようにしましょう。

妊娠線予防専用クリームの場合では、特に葉酸が含まれたクリームを使用する事で、専用外のクリームよりも肌をより柔らかくし柔軟性を保つようになります。

葉酸が含まれたクリームを使用する場合には、なるべく合成葉酸の物を選ぶようにしましょう。その理由とは、天然成分の場合だと肌の浸透が少なくなってしまう可能性があるからです。

コメントを残す