妊娠線を消すには病院に行かなければダメ!?

出産を経験した女性にとって、妊娠線が出来てしまうのは嫌なものです。消すにしても、病院で高い治療費を支払うのには気が引けるものですよね。病院や美容外科に行かずに、妊娠線を消すための方法がないものでしょうか。

 

どうして妊娠線が出来てしまうのか

妊娠をすると、体もお腹も格段に大きくなってしまうものです。子供ができる喜びを感じられる一方で、美容のことを考えると少し気が滅入ることもありますよね。産後太り妊娠線のことなど、妊娠中から気になってしまうものです。

身体が赤ちゃんを産むための準備をするために太ってしまうのは仕方のないことですが、妊娠線というのはこうした妊娠中の身体の外面的な変化ばかりが原因となっているわけではありません。

そもそも妊娠線が出来てしまう主な原因は、ホルモンバランスにあります。妊娠に限らず、女性の身体は特に排卵日から生理の間にホルモンのバランスが変化することで、とても乾燥しやすくなってしまいます。妊娠中は常にそうした状態が続いてしまいますから、特に肌が乾燥しやすく、その結果皮膚のターンオーバーが落ちてしまうのです。すると、肌再生や分裂がうまくできなくなって、それが妊娠性の原因を形成してしまうわけです。

妊娠線が一度できてしまうと、これを解消するのは容易ではありません。病院やクリニックに通うことで、妊娠線を落とすことはできますが、やはりそれには費用がかかりますし、レーザー治療をすることもあるので少し抵抗があるという人も多いでしょう。妊娠線を直したいけど病院には通いたくない、そんな時に役に立つのが葉酸なのです。

 

葉酸サプリの肌荒れ効果が妊娠線にも効く

39f330035f695d5abc0a672f15a98a22_s_s厚生労働省でも妊娠中に葉酸を摂取することが奨励されていますが、妊娠後の身体の変化にも葉酸が有効だということがわかっています。とりわけ葉酸には肌荒れを改善する効果がありますが、そうした効果が妊娠線にも力を発揮してくれるのです。

葉酸には造血作用というのがあって、要するに血流を良くしてくれる効果があります。血流が良くなると、代謝が良くなって、肌の細胞分裂もより盛んになります。肌の細胞分裂が活発になると、要するに肌のターンオーバーも向上し、それが妊娠線の解消に一役買ってくれるというわけです。

妊娠線の解消のためには、肌の細胞分裂と同時に、肌の柔軟性も取り戻さなければなりません。葉酸を効果的に摂取することで、細胞分裂柔軟性の両方を手に入れることができ、妊娠線解消の効果を実感することができます。

妊娠線を消すための葉酸にはクリームタイプのものもありますが、厚生労働省が推奨している通り、葉酸サプリとして飲むことで摂取しやすく、また効果も実感しやすくなります。妊娠線の解消だけでなく、葉酸サプリは産後の体調変化にも効果的です。

コメントを残す