妊娠線予防にボディクリームじゃあダメ?

妊娠線予防には、妊娠の経過に伴ってどんどん大きくなるお腹で皮膚が伸びていく際に内側の組織も一緒に伸びることができるようなクリームを使って保湿ケアをしてあげる方法が効果的です。

妊娠線予防クリームはたくさんのブランドからいろいろなものがラインナップされていますが、主に保湿成分がたっぷり入っているものや、肌に弾力を与えることで皮膚の伸びに表皮の下の皮下脂肪や真皮に亀裂が入らないような成分が配合されているものが人気ですね。

保湿効果のあるクリームで良ければ、割高感のあるマタニティ用のクリームでなくても市販のボディクリームでも良いのでは?

と思う妊婦さんは多いはず。もちろん、ボディクリームで代用している人もたくさんいますから、必ずしもマタニティ用のクリームを使わなければ妊娠線予防ができないというわけではありません。

しかし、市販のクリームを購入する前に、いくつかの注意点を理解しておきましょう。

 

市販のクリームの注意点とは!?

まず、ボディクリームを選ぶ際には、できるだけ自分の肌と相性が良いものを選ぶことが必要です。

妊娠中には肌が敏感になっているので、今まで使ったことがないクリームをいきなり使うと、お腹がかゆくなったり赤くなったりブツブツができてしまったりすることもあるかもしれません。

私もいろいろ試してみて、最終的には低刺激タイプや無添加タイプのものが良かったと思います。

また、どんな成分が入っているのかもきちんとチェックしてから購入するようにしましょう。妊娠線予防クリームは皮膚に塗布するものなので、お腹の中の胎児にはそれほど大きな影響はありません。しかし、長期間使い続けると副作用が出るかもしれないような成分が入っていたり、妊娠中には使用禁止と記載されたりしているようなクリームは使わないように気を付けましょう。

いろいろな商品を使ってみるのも悪くありませんが、自分の肌に合うものを見つけたら、出産後までずっと使い続けるつもりで愛用してみることも、妊娠線予防には大きなプラスとなります。

 

コメントを残す