妊娠線予防に効果のあるのはこの方法!

妊娠線予防にはいろいろな方法があります。まず、妊娠線は皮膚が急激に伸びることによって表皮の内側の組織が追いつけずにちぎれてしまう現象ですから、妊娠した初期からできるだけ皮膚を保湿して、皮膚が伸びることに少しでも対応できるような肌質へと改善したいですね。

私も実践していた方法で、具体的には保湿クリームやマッサージクリームを使って、肌ができるだけ乾燥しないようなケアをする方法が効果的ですね。

 

妊娠線予防には体重管理も重要!

体重を増やしすぎないことも妊娠線予防には大きな効果が期待できます。

体重が増えすぎるということは、胎児が大きくなりすぎてお腹の皮膚も必要以上に伸びてしまう可能性が高くなりますし、体重が増えることでお腹周りの皮下脂肪の量が増えることにもつながります。

皮下脂肪は弾力性がなく、皮膚が伸びるとついていけずにちぎれてしまう性質があるので、できるだけ余分な皮下脂肪をつけないためにも妊娠中こそしっかり体重管理をしておきたいものです。

 

食生活を見直す!

食生活を見直すことも必要です。お腹が大きくなる妊娠中期から後期にかけては食欲が旺盛になるため、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いですし、コッテリしたものや高カロリーのものが食べたくなるという妊婦さんも多いものです。

しかし、食べ過ぎると皮下脂肪がつきすぎる原因になりますし、食事内容によっては栄養が偏ってしまうことも多くなります。出来るだけ外食は控えて、タンパク質やビタミン、ミネラルが多いあっさり系の食生活を心がけると良いでしょう。

かゆくても我慢してポリポリかかないことも、妊娠線予防としては大きな効果があります。

妊娠中にはコルチコステロイドと言うホルモンが多く分泌され、皮膚のかゆみを引き起こしています。だからかゆい事は仕方ないのですが、かゆいからと引っ掻いてしまうと、その部分の肌がダメージを受けて弱くなり、妊娠線の原因となりやすくなるので注意しましょう。かゆみ対策としては、できるだけ肌を乾燥させないように保湿ケアを行ったり、刺激が少ないコットンタイプの下着をつけたりするなどが有効です。

コメントを残す