妊娠9ヶ月!まだ妊娠線予防は間に合う!?

妊娠すると、どうしても気になるのが妊娠線です。妊娠線は、身体の急激な変化に身体自身が付いていけずに、肉割れなどが発生することでできてしまうものです。

妊娠中の出来るだけ早いうちから妊娠線予防をしておきたいところですが、たとえば妊娠9ヶ月でもまだ間に合うのでしょうか?

 

いつから妊娠線が出来始めるのか

子供を授かると、女性の身体は劇的に変化するものです。お腹が膨れてきますし、身体全体も大きくなっていきます。妊娠は女性にとってこれ以上ない喜びとなる出来事ですが、一方で美容のことについては不安を感じるものです。妊娠を契機として、ホルモンバランスが変化し、肌が乾燥しやすくなった結果、それが妊娠線の原因となってしまいます。

妊娠線は、だいたい妊娠8ヶ月から臨月くらいの間にできてしまうことが多いです。とりわけ妊娠前の体重をよく見ておくと良いでしょう。妊娠前と比べて、体重が12キロ以上増えると、妊娠線ができやすくなるのです。

体重が増加すると、それだけ体形が変化しているということですから、その身体の変化に身体自身が付いていけずに、肉割れを起こしてしまう確率も上昇してしまいます。

妊娠8ヶ月くらいからできやすくなる妊娠線ですが、妊娠線予防はできるだけ早いうちからやっておいた方が効果的です。妊娠して4ヶ月から5か月くらいで妊娠線ができてしまうという人も中にはいますから、早めの対策が妊娠線予防には不可欠となります。

 

妊娠9か月からでも予防できるか

4feb5f4edb0bf2119ec0cbc6285c6fbf_s_s早めに対策を打っておきたい妊娠線予防ですが、妊娠9か月や臨月のあたりであっても、予防に遅すぎるということはありません。それから、残念なことに妊娠線が既にできてしまっているという場合であっても、しっかりとケアをすれば妊娠線は解消することができます。

妊娠線予防クリームは、妊娠線ができる前に使用しておくと、妊娠線予防に大きな効果を発揮してくれるものです。とりわけ葉酸入りの妊娠線予防クリームであれば、使用することで血流を良くすることができ、要するに表皮の細胞分裂や新陳代謝を活性化してくれる効果があります。こうした効果は対策が早ければ早いほど効き目がありますが、妊娠9ヶ月目以降であっても、問題なく予防することができます

妊娠線予防クリームは、肌の再生機能を高めるためのものですから、たとえ妊娠線ができてしまった後であっても諦める必要はありません。これ以上妊娠線を増やさないためにも妊娠線予防クリームは有効ですし、肌の細胞分裂を活性化させる葉酸含有の妊娠線予防クリームであれば、できてしまった妊娠線を消すことも不可能ではありません。

コメントを残す