妊娠線防止クリームは高めの専用クリームじゃないと効果ないの?

妊娠とともに徐々に大きくなっていくお腹に、妊婦さんなら誰しも幸せな気持ちになります。

しかし、女性としては「妊娠線」が気になるものです。できれば予防をして妊娠線をできないようにするのがベストですが、妊娠線防止クリームは、高めの専用クリームでなければ効果がないのでしょうか

 

妊娠線はなぜできてしまうのか

妊娠線は、妊娠6か月ほどで腹部や胸、おしり、太ももなどに現れる、皮膚が裂けたように見える赤みを帯びた線のことです。

赤ちゃんの成長とともに大きくなったお腹の伸びに、皮下組織が耐えきれずに断裂してしまい、その下にある毛細血管が透けて赤い線が入ったように見えるのです。

妊娠によって、急に大きくなったお腹に耐え切れずに、引っ張られた胸、おしり、太ももなどの皮膚にも妊娠線ができることがあります。

しかし、妊娠線は早めのケアで予防、もしくは最小限にとどめるとができます。

妊娠線の予防には、お腹が大きくなるまでに、しなやかで弾力のある皮膚を作っておかなければなりません。乾燥して伸縮性のない皮膚よりも、潤いが追って保湿された皮膚の状態にしておくことが感じです。

一番効果があるといわれているのが、オイルを使ったマッサージで、たくさんの種類の妊娠予防クリームやオイルが売られています。

中にはお値段が高めの妊娠線防止クリームもありますが、妊娠線予防には、必ずしも高めの専用クリームでなければいけないというわけではありません

 

保湿と柔軟性が妊娠線をできにくくする

妊娠線は、お腹の急激な伸びによって引き起こされるので、通常の体重増加は問題ありませんが、体重の急激な増加には注意が必要です。

妊娠中の健康管理に加えて、そして皮膚が急激な伸びにも対応できるように、潤いと柔軟性を持たせることが大切になります。

高めの妊娠線防止クリームでなくとも、百貨店や雑貨店などのアロマテラピーショップにおいてあるキャリアオイルを使って、丁寧に優しくお腹周りを中心にトリートメントをします。

お腹周りだけでなく、胸やおしり、太ももまで、お腹に引っ張られて妊娠線が出やすい部分にまで広範囲にケアしていきましょう。

6e74c46be9ada6b4b5b70190493e48f2_s_sアーモンドオイルやマカデミアナッツオイルで皮膚を柔軟にし、肌が乾燥気味の人はホホバオイルでやさいくトリートメントするとよいでしょう。キャリアオイルには精油が入っていないので、妊娠初期からでも使えて安心です。セルフケアで精油を加える場合は、妊娠6か月以降からにし、アロマテラピーの専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

それでも努力の甲斐なく妊娠線ができてしまった場合も、産後も続けて根気よく優しくケアをつづけてください。産後はラベンダー、フランキンセス、ネロリ、マンダリンなどの精油を加えてトリートメントするのもいいかもしれません

優しくからだをいたわって、妊娠中も産後も、きれいなママを目指しましょう。

コメントを残す