妊娠線予防に一番重要なことって何でしょう?

妊娠線予防にとって一番重要なこと、それは、ずばり「保湿」です。

保湿をすることで、妊娠線の原因となる真皮の断裂を防げる可能性が高まると言われているからです。

 

妊娠線は皮膚の病気?

妊娠線は真皮と呼ばれる皮膚の奥の組織が断裂することで起こります。断裂した真皮は何もしなければ元に戻ることはなく、妊娠線は多少白くはなるものの、妊娠線としてはっきりと体の表面に残ってしまうやっかいな存在です。

真皮の断裂を防ぐためには、真皮を柔軟にしてあげることが大切です。表面の皮膚ほど、横に伸びる力のない真皮は、少しのサイズアップでも裂けやすいそうで、妊娠している人に限らず、誰にでも起こる可能性があるものです。そして、れっきとした皮膚の病気です。

病気といっても、薬を飲んで治るものではなく、現在のところ、美容外科や美容皮膚科で行われるレーザー炭酸ガス注入による治療だけが、はっきりと効果の表れる治療法となっています。

 

妊娠線予防は専用クリームで!

さて、妊娠線を予防するには、専用のクリームを使ってお風呂上りにしっかりとマッサージをすることが大切です。通常の保湿クリームでも保湿効果は期待できますが、妊娠線予防のクリームには、真皮に潤いを届ける成分が豊富に含まれているので、妊娠線予防のためには専用のクリームを使った方が良いでしょう。

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s_s

私もつわりが治まった頃から専用のクリームを使ってマッサージを続けました。妊娠線を防ぐためのケアは早ければ早い方が良いと言われますが、妊娠初期にはマッサージをするというよりも、ただ塗るだけで良いと思います。あまり一生懸命にお腹を触るのは怖い気がしますし、毎日時間をかけてマッサージをすることがストレスになってはいけません。

また、妊娠後期は、ちょっとしたことでお腹が張ってきます。マッサージでお腹を触ることでハリを感じたら、すぐにマッサージをやめてください。妊娠後期のお腹のハリを甘く見てはいけません早産や破水の原因になることもあるので、無理のない範囲で体に聞きながらマッサージをしていくようにしましょうね。

朝も妊娠線クリームでマッサージを行うと良いそうです。睡眠中にかいた汗によって、朝起きた時の私たちの体はとても乾燥しているそうです。朝の着替えをするタイミングでマッサージを行うことで、寝ている間に蒸発してしまった潤いを再び真皮に届けることができます。

朝は忙しくてマッサージをする時間がないという人は、クリームを塗るだけでもいいので毎日続けてみてください。日中も乾燥を感じたら、お腹だけでなく太もも二の腕バストなど妊娠線ができやすい部分にクリームを塗り足せばさらなる効果が期待できるのでおすすめです。

コメントを残す