妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!

一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。妊娠発覚後につわりが始まりますし、つわりがひどい方は妊娠線予防などと言っている余裕はないでしょう。大体早い方でつわりが落ち着いた3ヶ月~4ヶ月ぐらいで妊娠線予防を意識し始めるようです。

 

妊娠線の予防にはどんなものがあるのでしょう?

早ければ早いほど良いと言われる妊娠線の予防とは、どのようなものがあるのでしょうか。妊娠線の予防というと多くの方は妊娠線予防のクリームを思い浮かべると思いますが、妊娠線予防のクリームを使うのは、妊娠中期の5ヶ月~6ヶ月からかなといった感じです。お腹がちょっと出てきたかな、という時期です。実際5ヶ月~6ヶ月ぐらいで妊娠線予防のクリームを使い始める方が多いです。3ヶ月~4ヶ月ではまだおなかはぺちゃんこなので、クリームを使うにはちょっと早いかなと思います。

もちろん、早くからの保湿対策で悪いことはありませんので、早くからクリームを使っても大丈夫です。また、第2子以降の妊娠の場合はおなかが大きくなり始めるのが早い傾向にありますので、早くから妊娠線予防クリームを使うことをおすすめします。時期でいうと、冬は特に乾燥しやすい季節なので、冬に妊娠3ヶ月~4ヶ月を迎える方も早くから妊娠線予防クリームを使ってみてください。妊娠期は肌が乾燥しがちです。お腹がかゆくなってしまうという方は、早くから妊娠線予防クリームを使ってお腹を保湿してあげてください。

 

妊娠線予防には体重管理も大切

2715167ad107982190de65bc144102f5_s_s妊娠線予防クリーム以外で早ければ早いほど良い妊娠線の予防としておすすめなのは、上手な体重管理です。実は妊娠線は急激な体重増加が原因の1つとしてあげられています。急激な体重増加によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に伸びてしまうと妊娠線が出来てしまいます。

急激な体重増加を防ぐためには、栄養バランスの良い和食中心の食事を心がけることが大切です。妊娠期はママの食事の内容がそのままダイレクトに赤ちゃんに伝わります。その面からいっても、バランスの良い食事はとても効果があります。食べ過ぎにも注意しましょう。

妊娠中の体重の増加は、元の体重+8キロから10キロが理想的だと言われています。体重が増えすぎると、妊娠線が出来ることもありますが、出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けにくく難産になりがちです。早いうちから、妊娠中の体重コントロールを心がけましょう。

コメントを残す