もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!

今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。

妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?

 

体重増加を避ける

妊娠線の原因である急激な体重変化を避けることが予防法としてあげられます。

妊娠中でなくても急激に太ったりした場合は妊娠線のような肉割れの症状が起こります。急激に体重を増やしてしまうことは、妊娠線を作ってしまうばかりか、赤ちゃんが生まれるときに通る産道に余計な肉がついて狭くなり、難産になる可能性も引き起こしてしまうのです。

できることならば、妊娠中の体重増加は8キロから10キロまでの間に抑えておきたいところです。妊娠中は特に太りやすい時期です。和食中心の栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。とはいっても、ストイックに食事制限ばかりしているとストレスがたまりますので、たまには解禁日を作ってあげましょう。

妊娠期に大切なのは、心身ともにリラックスした状態です。ストレスが多くたまってしまうと、お腹の赤ちゃんによくありません。例えば妊婦健診の日は自分にご褒美DAYとして、大好きなものを食べるなどといったことを決めておくと体重のコントロールも行き詰ることなく無理なく続けられそうです。

 

さらしは効果的?

最近ではあまり使われることがなくなってきましたが、昔は妊娠5か月ごろよりさらしをおなかに巻きました。今では専用のガードルタイプのものなどもあります。女性がブラジャーをつけて柔らかい胸を固定するのと同じように、さらしやガードルなども柔らかく大きくなるお腹を固定してお腹を支えることが目的です。

そしてお腹を固定することで、急激にお腹が大きくなりすぎることを防ぎ、妊娠線の予防にもなるのです。

 

妊娠線の予防には保湿が一番大切!

妊娠線の予防方法として最も大切なことはお肌の保湿です。顔も乾燥すると小じわやほうれい線が目立ったりしますよね。それと同じで、おなかも乾燥すると妊娠線が出来やすくなってしまいます。

十分な潤いをお腹に与えてやると皮膚が柔らかくなり、お腹が急激に大きくなってもその伸びに皮膚がついていけるのです。つまり、お腹を十分に保湿すると妊娠線が出来にくくなります。

妊娠線予防のクリームは、お肌を保湿して妊娠線ができるのを防ぐことが目的です。妊娠期間中おなかにたっぷり塗れるように大容量タイプのものが多いです。妊娠期間中を通じて、たっぷりお腹や気になる部分に使って妊娠線を予防してくださいね。

 

コメントを残す