妊娠線には「できやすい人」と「できにく人」がいるって本当?

妊娠線は半数の妊婦にできるということが言われていますが、ただ確率で決まっているわけではないということは知っておくと良いことでしょう。

特別に対策もしていないのに妊娠線ができない人もいるものであり、もともとできやすい人もいればできにくい人もいるのです。

そのため、自分ができやすい人に該当するのか、できにく人に相当するのかを胸に手を当てて考えておくと、どれだけの対策をしていかなければならないかということにつながっていきます。

できやすい人の特徴を理解すると共に、できにくくするための対策方法を覚えて実際に実践していくようにしましょう。たとえできやすかったとしても、しっかりとした対策を立てることで確率は下げられるからです。

 

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線ができやすい人にはいくつかの特徴があります。

肌の柔軟性が低くて力が加わったときに裂けてしまいやすい状態になっているというのが一つ目の特徴であり、乾燥肌やアトピー肌で肌の状態がもともと悪い人や、脂肪太りをしていて皮下脂肪が多い人は妊娠線ができやすくなります。

一方、小柄な人や痩せ過ぎの人も妊娠線ができやすい傾向があります。
こういう人は身体に対して胎児が大きくなりすぎてしまってお腹がせり出てしまいがちになるのが特徴であり、それだけ肌に負担がかかってしまうのです。

多胎出産のときも同様にして負担がかかりすぎてしまって妊娠線ができやすくなります。

もう一つの要因となるのが年齢であり、若い人の方が肌の状態もよくて肌のターンオーバーも良いことから妊娠線ができにくいとされており、高齢出産の場合には十分な注意が必要です。

 

妊娠線ができにくい人と対策方法

妊娠線ができにくい人はできやすい人の真逆に当たりますが、それに加えて考え方の面からも違いが生じます。

妊娠線ができてしまう原因として急激な体重増加が原因になることが多く、日頃から体調管理ができている人ほど妊娠線ができにくい傾向があるのは事実です。

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s_s一方、肌の状態をより良くしようとするまめな考え方を持っている人も妊娠線ができにくくなります。もともと肌の状態が良いことから裂けてしまうリスクが低くなっているからです。

こういったことを考慮して普段からでは難しくても妊娠中は体重管理やスキンケアに気を遣うのが妊娠線予防になります。

体重が急に増え始めたら運動をして減量を行ったり、妊娠線クリームを使って肌の状態を整えたりすることによって妊娠線ができないように対策していくことが可能です。
できやすい人だからといって諦める必要はなく、対策を行っていく姿勢を持ちましょう。

コメントを残す