第1子で妊娠線ができなければ第2子も大丈夫?

第1子で妊娠線ができずに済んだ人は第2子でも大丈夫であると考えてしまいがちです。確かに全く問題がない人もいるのは事実であり、何人子どもを生んでもわずかな形跡すら見えない女性もいます

しかし、安心してしまうことは良い判断ではないと覚えておきましょう。妊娠線ができる確率は第1子のときよりも第2子のときのほうが高くなってしまうことがわかっているからです。

一度できるときれいに消し去るのが難しいのが妊娠線の特徴であることからも、できてしまうリスクがあるかもしれないと常に気を払っておくことが重要になります。

できることなら妊活をする以前から対策を立てておくと安心して第2子の妊娠に臨んでいくことができるでしょう。

 

第1子を生んで身体に起こる変化と妊娠線の関係

子どもは二人くらい欲しいと考える人は多いものであり、一人っ子よりも二人いた方が子どもたちも生活を楽しんでいくことができるでしょう。そういった考えから、第1子を生んだら少し間をあけて第2子を望む女性は多いものです。

そのときに気にかかるのが妊娠線ができるのかということです。第1子を生んだことによって子宮に変化が生じていることにより妊娠線ができやすい身体になってしまっていることが多いと理解しておくことが大切になるでしょう。

第2子のときの方が妊娠線ができてしまう可能性が高いことが知られており、その原因が子宮の変化によるものであると言われています。

子どもを生んだことによって子宮が柔軟になっているため、第2子のときの方が簡単に子宮が大きくなり、急激にお腹が大きくなりやすいのです。その影響をうけて妊娠線ができてしまうリスクが高まってしまうことは覚えておきましょう。

 

リスクを考えて行える対策

妊娠線ができてしまいやすくなることから、第2子の妊活を始めるときには対策を立てておくことが重要になります。

妊娠線クリームを準備しておいて、妊娠初期からしっかりと毎日塗るというのは基本的な対策としてまず取り組んでみると良いことです。それに加えて、妊活前からより良い肌を作るための努力をしておくことが重要になります。

f7552d71c714192533d077c6a6e11f50_s_s
一度妊娠すると胎児に栄養を持っていかれてしまったり、ホルモンバランスの乱れが生じた影響を受けたりして肌の状態が悪くなってしまいがちです。肌の組織をしっかりと作れるようにコラーゲンの摂取を行い、日頃から保湿ケアを行って保湿肌を作っておくことは重要な対策となるでしょう。

また、身体の中から対策をとっておくことも考えると効果的です。妊娠しても肌の新陳代謝が良い状態を保てるように、貧血予防をしていくことが役に立ちます。鉄分だけでなく葉酸を摂取することも心がけて、必要に応じてサプリの利用も考慮していくと妊娠の準備ができていくでしょう。

コメントを残す