太っているほど妊娠線はできやすい?

妊娠線はおよそ半数の妊婦にできてしまうものであると言われていますが、そのほとんどがもともとできやすい素因を持っています。高齢であることや乾燥肌アトピー肌の人のように肌の新陳代謝や肌の質が問題になっている人も多いのが事実です。

しかし、太っていることが妊娠線ができやすい原因であるということもまことしやかに言われています。それとは真逆に痩せている人も妊娠線ができやすいということが言われていますが、本当なのでしょうか。

太り方によっても影響を受けるため、太っている人の特徴を理解しながらその因果関係について理解しておくと、太っている人もどれだけ気をつけなければならないのかということがはっきりしてくるでしょう。

 

太り方のタイプと妊娠線への影響

太っていると妊娠線ができやすいということが言われていますが、逆に痩せている人もできやすいと知られています。

小柄な人に妊娠線ができてしまうのはわかりやすいものであり、胎児がお腹の中で育ったときによりお腹がせり出てしまいがちになるため、妊娠線の原因となる真皮の断裂が起こりやすくなってしまうのは必然でしょう。

この考え方からすると太っている人は胎児ができてもお腹があまりせり出てこないことから妊娠線ができにくいと考えるのも妥当な考え方です。しかし、実際には脂肪太りをしている人は特に影響を受けやすく、妊娠線ができやすくなる傾向があります。

脂肪はもともと柔軟性が低い組織であるため、お腹の皮下脂肪が多いとそれだけで真皮の柔軟性が低下してしまう原因になるのです。そのため、太っていると妊娠線ができてしまいやすくなってしまいます。

 

太っている人の妊娠線対策

太っている人の妊娠線対策として重要になるのが皮下脂肪を減らすことであり、運動を適度に行うということが欠かせません。

f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s_s

ダイエットをしようと必死になるとストレスを抱えてしまい、妊娠にも胎児の成長にも悪影響を与えかねません。少しずつ運動をして皮下脂肪を減らしていく努力を続けるのが最も良い対策になるでしょう。

一方、運動を妊娠中も続けることによって急激な体重増加を防ぐことができるのもメリットです。妊娠線の予防には急激な体重増加を防ぐことが必須であり、その効果も同時に期待できます。

また、真皮の柔軟性を確保するために少しでも肌の湿度を高めておくことが役に立ちます。妊娠線クリームのように妊娠線対策に特化した保湿性の高いクリームを塗ることによって保湿を心がけていくと太っていても妊娠線に困らされないですむでしょう。

コメントを残す