妊婦さんの2人に1人は妊娠線ができるって本当?

女性にとって妊娠の大きな懸念材料になりがちなのが妊娠線です。

妊婦になると色々な不安を抱えることになりますが、胎児が育つにつれてだんだんと不安が大きくなってしまいがちであり、いつできてしまうのかと考えてストレスにしてしまう人も少なくありません。

特によく言われているのが2人に1人が妊娠線を作ってしまうということであり、これだけ懸念するようなものなのにできてしまうからには対策が万全でもだめなのだはないかと不安になってしまいがちなのです。その実態を知ると共に、できやすい人とできにくい人との違いを知って対策を行っていきましょう。

周到に対策を行っておけばきっと妊娠線ができずに妊婦生活を終えることができます。

 

妊娠線ができる確率の理解

妊娠線ができてしまう妊婦の割合はおよそ50%強であると言われており、2人に1人にできてしまうというのは事実です。

ただし、気をつけておきたいのはこれはあらゆる妊婦をまとめて考えたときの統計的なデータであるということであり、できやすい人もいればできにくい人もいるということです。

若い人はもともと肌の新陳代謝が良くて柔軟性もあることから高齢の人に比べると妊娠線ができにくいという特徴があります。

また、初妊婦は経産婦に比べると子宮が固いために急激にお腹が膨らんでしまうことがないことや、妊娠線への懸念が大きいことを受けて確率が低いとされています。

こういった形で基本的なところで妊娠線ができてしまう確率にも違いがあることから、安易に2人に1人に妊娠線ができてしまうと考えてしまわない方が良いでしょう。よりできにくいようにすることの方が重要になるのです。

 

妊娠線ができにくい人の共通点と対策

9eb8fdbf2690f1c57d7bcffacd84c394_s_s妊娠線ができにくい人に共通しているのは自己管理が適切にできているということです。

体重管理は特に重要なことであり、急激に体重が増えてお腹がせり出してしまうとそれだけでリスクが高まってしまいます。

一方、太り過ぎて皮下脂肪が多かったり、痩せすぎて胎児ができるとお腹がせり出しすぎてしまいがちになったりする体型ではそれだけリスクが高くなるのは必然です。

また、保湿のためのケアを日頃から行っているのも自己管理ができていることの延長線上にあるものでしょう。

日常的な保湿ケアに加えて、妊娠時には妊娠線クリームを使用して万全の保湿対策を行い、少しでも妊娠線のリスクを軽減しようと努力していると妊娠線ができにくくなります。

また、ガードルやさらしを使って肌にかかる負担を軽減することによって対策をする人もいます。こういった対策を当然のようにできる自己管理能力が大切になるのです。

コメントを残す