妊娠線は初産の方ができやすい!?

妊娠すると出来てしまう可能性がある妊娠線。女性の中では、この妊娠線が出来るのが嫌だという人もいるでしょう。

実は、この妊娠線は初産の方のほうが出来やすいと言われています。なぜ初産の方が出来やすいのか、今回は詳しく見ていきます。

 

妊娠線が出来る原因はなんなの?

そもそも、なぜ妊娠線が出来てしまうのでしょうか。妊娠線が出来てしまう原因には、大きく分けて2つあると考えられています。

原因の1つ目は、皮膚が伸びてしまうからです。
女性は妊娠してしまうと、どうしても体重が増加してしまうはずです。出産しやすくするためにバストやヒップに脂肪がつきやすくなるでしょう。そうなると皮が伸びてしまい、皮の中にあるコラーゲンがその伸びについていけず切れてしまうのです。このコラーゲンが切れたときに、赤紫色の斑ができてしまいこれが妊娠線になってしまうのです。

2つ目は、ホルモンバランスの影響です。
出産に向けてホルモンバランスは大きく変化することが多いです。ホルモンの量が崩れると、肌の再生能力が失われ肌の弾力まで無くなってしまうかもしれません。弾力がなくなると、肌の組織が断裂しやすくなってしまい、結果これが妊娠線として見えるのです。

このような原因によって、妊娠線は出来てしまうのですが、なぜ初産のほうが出来やすいのでしょうか。それは、先ほど挙げた2つの原因に大きく関与しています。

 

初産の場合、妊娠線が出来やすいのはなぜ?

それでは、なぜ初産のほうが妊娠線が出来やすいのか見ていきます。

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s_s妊娠線の原因の中に、皮膚の伸びがありました。初産の場合、皮膚がかなり伸びるケースが多いからです。2回目以降の妊娠だと、すでに1回目のときに皮膚が伸びてしまっているので、皮膚内のコラーゲンが切れてしまう可能性は少なくなります。

しかし初産の場合だと、初めて肌が伸びてしまうのでコラーゲンの断裂が激しいケースが多いのです。よって赤紫色の斑点になり、結果妊娠線が出来やすくなってしまうのです。

また初産の場合、ホルモンバランスが急激に変化する場合が多いです。2回目以降の妊娠と比べて、初産は出産に慣れていないためホルモン量が通常時とかなり異なるでしょう。そうなると肌の弾力が失われてしまい、妊娠線が出来やすくなってしまうかもしれません。

初産の場合、妊娠線が出来てしまう原因に当てはまってしまうケースが多いので妊娠線の跡が出来やすいのでしょう。初産の場合妊娠線が出来てしまって、悩んでいる人もいるかもしれません。そのような場合は、妊娠線の原因を極力減らせるように保湿クリームなどで肌を保湿しましょう。

コメントを残す