産後にも妊娠線できるの?【産後の妊娠線対策!】

妊娠中に体のあちこちに妊娠線が出来てしまうことは良く知られています。

しかし産後にも妊娠線が残ってしまうということがあります。産後に残った妊娠線はなかなか消えないので、しっかりとケアをしてあげるということが大切です。

 

何で産後に妊娠線が出来てしまうの?

妊娠中はホルモンバランスが変化することによって肌が乾燥しやすくなることが知られています。黄体ホルモンというホルモン物質が優勢になるため、肌の状態が悪くなってしまうのです。

妊娠中はお腹やお尻が大きくなって、表皮が急激に伸びてしまいます。潤いのある肌であれば、そうした伸びにも絶えることができますが、肌が乾燥しやすい妊娠中はその伸びに肌が耐え切れなくなって、肉割れを起こしてしまうというわけです。

産後に出来てしまう妊娠線も、原理としてはこれと同じです。産後の急激な身体の変化のために、肉がそれについていけなくなってしまいます。急激なダイエットをした人の身体にたくさんの肉割れが起こってしまうのと同じです。

こうした産後の妊娠線のケアのためは、肌に潤いを持たせることが不可欠になります。それから、肌のターンオーバーを活性化させることも有効です。

妊娠中から妊娠線クリームを使用しておくことが妊娠線予防に良いですが、産後にも同じ妊娠線クリームを使用することで、産後の妊娠線の解消に役立ちます。妊娠線クリームは葉酸含有のものが特におすすめです。

 

葉酸含有の妊娠線クリーム

妊娠中から葉酸サプリを摂取している人は少なくありません。とりわけ合成葉酸は厚生労働省が妊娠中に摂取すべき成分として推奨しているものであり、葉酸が妊娠中の妊婦の身体にとても有効であるということがわかっています。それは妊婦の身体の内側の問題だけでなく、妊娠線のような体の外側に顕れる問題にも効果的に働いてくれます。

産後の妊娠線予防のためには、葉酸入りの妊娠線クリームを使用すると良いでしょう。葉酸を含んでいる妊娠線クリームは、肌の細胞分裂ターンオーバーを活性化してくれる効果があるため、産後に残ってしまった妊娠線であっても、時間をかければ解消することができるのです。

3d17787cf4f4b5b77a2adfaf583b8c9d_s_s葉酸入りの妊娠線クリームを使用しながら、さらに葉酸サプリなどを摂取して体の内側から妊娠線を解消してみても良いかもしれません。葉酸サプリを摂取するときは、天然ではなく合成葉酸がおすすめです。天然葉酸は吸収率が合成葉酸に比べてよくないため、合成葉酸の方が効率的に葉酸の効果を実感することができます。

妊娠線予防クリームと葉酸サプリを併用すれば、より産後の妊娠線の解消に効果的です。

コメントを残す