1人目で妊娠線ができなければ2人目もできない?

妊娠線ができるのは、皮膚が急激に伸ばされてしまうからです。できないようにするためには、肌の保湿や急激な体重の増加などに注意しなければいけません。また、その人の体質(肌質)にもよるようで、できやすい人、できにくい人があるようなんです。

1人目の妊娠で妊娠線ができなかった人は、2人目も大丈夫だろうと思っているようですが、そうではないようですよ。

 

1人目で妊娠線ができなかったからといって油断は禁物!

1人目ができなかったので大丈夫だろうと思っていたら、2人目の妊娠ではたくさん妊娠線ができてしまった!と嘆いている女性もいるんです。ですから油断は禁物ですね。やはり妊娠線ができないようにするには、早い段階からの予防が効果的なんです。

よく、1人目の妊娠の時に妊娠線ができてしまったから、2人目はもっとできやすくなると言われていますが、本当にそうなのでしょうか。確かに、1人出産しているためにお腹の皮膚が伸びやすくなっています。そのために2人目は急激にお腹が大きくなることが多く、妊娠線ができやすいと考えられているんです。

また、1人目の出産からあまり間を開けずに妊娠した場合、体重が妊娠前のものに戻りきっていないとさらに太りやすくなります。急激な体重増加も妊娠線ができる原因の1つですから、このような理由から2人目は妊娠線ができやすいと言われるのです。

 

2人目の方が妊娠線ができやすいは本当!?

1人目で妊娠線ができなかったとしても、2人目はできる可能性があるので体重管理は厳重に行うようにしましょう。2人目は太りやすくてお腹も大きくなりやすいので、特に体重管理は気をつけるようにしたいですね。

つわりでも、ほとんど食べられなくなるものならつわりが終わった時に急激に太る心配があります。何か食べていないと気持ちが悪いというつわりもあるので、その場合は特に体重には注意しなければだめですね。急激な体重増加は、ほぼ間違いなく妊娠線ができます。1人目はできなかったからと安心して油断していると、2人目にできてしまいますよ。

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s_s
妊娠線の予防で心がけたいことは、バランスの良い食事を摂るようにします。そうすると急激な体重増加も抑えられます。妊娠中でもできる、軽い運動をするのもおすすめです。

また、妊娠線予防のクリームなどでお手入れするようにしてください。皮膚にも保湿をしてあげると、妊娠線ができにくくなります。弾力のある皮膚であれば、、お腹が大きくなってきて皮膚が伸ばされても、柔軟性があると肉割れすることはあまりありません。暑い季節だと、保湿クリームなどを塗るのをつい忘れがちですが、いつの季節でもクリームで保湿してあげると妊娠線の予防になりますよ。

 

コメントを残す