妊娠線は何で一度できると消えないのでしょう?

待望の妊娠で赤ちゃんに会えるのを楽しみにしているけれど、妊娠線ができるのが不安。妊娠線はできたら消えないとも言われているので、できてしまったらどうしようとお腹が大きくなるにつれてどんどん不安を覚える妊婦さんもいるようです。

妊娠線自体は、体に悪影響が出るものではありませんが、見た目があまり良くないので女性だけでなくそれを見たご主人も少なからずショックを受けてしまうそうです。

新しい命を大切に育てていく過程でできるものなのに、妊娠線は歓迎されないものなのですね。

 

妊娠線が消えない理由とは?

妊娠線は一度できてしまうと消えないと言われていますが、それは本当なのでしょうか。

妊娠線は急激に皮膚が伸びることによりできてしまうものです。また、妊娠中はホルモンの働きによりコラーゲンの生成が抑制されてしまうので、皮膚の弾力が無くなってしまうのも妊娠線ができる原因だとも言われてるんですね。ですから、できてしまうのは仕方がないことなんです。勲章みたいなものと割り切ればいいのですが、やはり妊娠前のつるんとした肌になりたいというのが女性の本音でしょうね。

妊娠線はお腹だけにできるものと思われていますが、妊娠したらお腹が大きくなるだけでなく、乳腺も発達しますので胸も大きくなります。急激に大きくなるのに皮膚がついていけず、皮膚の奥深くの真皮に亀裂を起こしてしまい、お腹や胸の皮膚がひび割れたようになります。妊娠線ができる人が多いのですが、できない人もいて個人差があります。できてしまうと出産後時間が経つにつれて目立たなくなりますが、薄く線は残ってしまいます。肌の奥深くの真皮が傷ついてしまうために、回復しづらいのです。

 

妊娠線ができても毎日ケア♪

妊娠前の肌のように完全に戻すことは難しいのですが、薄く目立たなくすることは可能ですよ。顔を毎日お手入れするのと同じように、妊娠線ができたところをお手入れしてあげましょう。

5f57836044f8246af9806045fedca928_s_s

やはり一番大事なのが、保湿なんです。週に2回くらいはスクラブで古い角質を落とし、そこにたっぷりと保湿してあげましょう。妊娠線予防クリームなども、保湿成分がたっぷり含まれているので妊娠中から出産後までずっとお手入れで使うと良いですよ。

皮膚科やエステでも妊娠線のケアをしてくれるのですが、完全に除去するのは難しいようです。できてしまってから悩むのではなく、できないように予防すれば良いので、妊娠初期から常に意識して肌のお手入れをするようにしましょう。しっかり予防していたら妊娠線ができなかったという声は、たくさんありますよ。

コメントを残す