男性は本当のところ妊娠線についてどう思っているのでしょう?

妊娠してお腹が大きくなるにつれて、妊娠線ができることがあります。急激に皮膚が引っ張られることで、肉割れの状態が起こるのです。

まるでスイカの模様のように見えます。この妊娠線、男性はどのように思っているのでしょうか。

 

男性はショックを受ける!?

563ad187f9a6ba200de2975ba06cc5f2_s_s男性の中には、女性が妊娠したら妊娠線ができてしまうことを知らない人もいます。そのため、妊娠線が出たお腹を見てショックを受ける男性もいるようです。男性の中には、自分の目の前で妊娠線を見せないで欲しいとか、女性としての魅力がなくなったように感じるという人がいて、女性が聞くとショックを受けるような内容のコメントをしている人が多いです。

その反面、妊娠線ができてしまって気にしている女性に、「赤ちゃんが元気にすくすく育っている証拠。大事に育ててくれてありがとう」とか、やや太り気味の男性がお腹に肉割れを起こしていて、「お揃いだね~」とうれしそうに言う男性もいるんですよね。

世の中の男性すべてがこんな人だとうれしいのですが、なかなかそうもいかないようですね。男性からすれば、女性は常にきれいでいて欲しいと思っているので、体型の変化にはついていけないのが本当のところなのかもしれません。それは自分が愛する人だから、よけいにそう感じるのでしょうね。

 

妊娠がわかったらすぐに妊娠線ケア!

妊娠線ができたことに関しては、女性もかなりショックを受けるものです。結構くっきりとできてしまうものなので目立ちますし、出産した後消えるものでもありません。ですから女性自身もつらいものなんです。男性はそんな女性の気持ちもわかっているのですが、ショックを受けてしまう人が多いようですよ。

妊娠線ができた、できないで結婚生活がぎくしゃくするのなんて考えたくありませんよね。妊娠線は早いうちからケアすれば予防できるものなので、これからママになろうとする人、妊娠が最近分かった人はお手入れを始めるようにすると安心です。臨月に近づくと妊娠線は出来やすくなるので、それまでにしっかりケアをして美しい肌のまま出産を迎えるようにしたいものです。

妊娠線は誰もができるものではありません。適切なケアにより予防できるものなのです。特に注意したいのは、体重増加です。妊娠すればお腹の中の赤ちゃんが成長するのでお腹もせり出してくるのですが、妊婦さんの急激な体重増加も妊娠線の原因になります。

臨月近くになると、食欲も出てくるのでついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。急激な体重増加は赤紫色のひび割れたような模様がくっきりと目立ってしまいますので、気をつけてくださいね。

コメントを残す