妊娠線はいつできる?【できる前に予防予防】

妊娠線が出来始めるのは、お腹が大きくなり始めるころです。人によって差はありますが、だいたい妊娠6か月から7か月頃からでしょうか。私の場合は少し早くて、妊娠5か月、安定期に入った頃にはお腹が大きくなり始めました。バストや太ももの妊娠線は、体重の増加にともなってサイズアップすることで出来てしまうものなので、体重が増え始める時期が妊娠線のできやすい時期といえますね。

 

お風呂上りに妊娠線クリームでマッサージ♪

妊娠線は表面の皮膚の内側、真皮や皮下組織に亀裂が入ることで起こります。真皮はコラーゲンの網目で構成されていて、肌の潤いを保つ働きを持っています。なので、一度断裂してしまうと元には戻らず、表皮にも潤いが届かなくなり、妊娠線の赤みが引いてもシワシワのままになってしまいます。これを治療するには、今のところレーザー治療で目立たなくするしかありません。ですから、絶対に妊娠線を作らない!という心意気でケアを続けないと、後悔することになってしまうのです。

e81e39301e0c48cab58aca1c38151bc8_s_s妊娠線クリームの成分を浸透させるには、お風呂上り、丁寧にマッサージをしながら塗っていくのが良いと言われています。でも、妊娠初期にはあまりマッサージをし過ぎて刺激をしない方がいいので、ただ塗るだけでも大丈夫です。私はつわりが強く、少しの香りでも吐き気がしていましたので、お風呂上りの妊娠線クリームの香りがダメで、マッサージは5か月に入る少し前から始めました。妊娠後期、臨月の頃になると少しの刺激でお腹が張ってしまうことがあります。強いお腹の張りは、早産や破水の原因になることもありますので、マッサージはお腹の調子を見ながら行ってくださいね。

 

お風呂上りの妊娠線ケアが効果的な理由とは?

お風呂上りがマッサージに適しているのは、妊娠前でも同じです。お風呂に入った直後、肌の中には水分がたくさん浸透しています。何もしなければ、すぐに蒸発してしまう水分ですが、クリームやオイルで蓋をしてあげることで蒸発を防ぐことができます。また、お風呂上りは体が温まっているので毛穴が開いた状態です。毛穴が開いた状態の肌に、クリームやオイルを塗ると、潤い成分がとても浸透しやすくなります

妊娠線クリームやオイルの目的は、真皮や皮下組織にまで潤い成分を届けることですから、お風呂上りで毛穴の開いた状態は、目的にぴったりのベストタイミングといえます。もっともっとクリームの効果を高めたいと思うなら、朝、着替える前にも妊娠線クリームでケアしてあげると良いでしょう。睡眠中に人はたくさんの汗をかきますが、その汗とともに皮膚に必要な潤いも少し逃げていくそうですので、朝もマッサージを行ってあげるといいですね。

コメントを残す