妊娠線が「できやすい人」と「できにく人」って何が違うの?

妊娠線は全ての人に必ずできるというわけではなく、妊娠線ができる人もいれば、できない人もいます。中には、何人も出産しているベテランママさんでも一度も妊娠線ができないという方もいらっしゃいます。

妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いは何なのでしょうか?

妊娠線ができる主な原因は、お腹が急激に大きくなることにお腹の皮膚が追い付かず、亀裂ができてしまうことです。皮膚のいちばん表面の表皮は比較的よく伸びるのですが、その下の真皮や皮下組織などは元々伸びにくいため、その部分に亀裂が生じやすくなります。妊娠線ができやすい人は、次のような特長を持っているといわれています。

ぽっちゃり型の体格の人

小柄の人

栄養不足の人

高齢出産

日焼けしすぎの肌

乾燥肌などお肌にハリがない人

急激に体重増加した人

双子や三つ子など多胎児妊娠の人

2人目以降の経産婦

 

これらについて、それぞれ見ていきましょう。

ぽっちゃりさんは、元々おなかの皮下脂肪が厚いといえます。皮下組織は伸びにくいため、お腹が大きくなると裂け易く、妊娠線ができやすいといえます。小柄の人はお腹の表面積が小さいため、お腹が大きくなることについていけずに妊娠線ができやすくなります。小柄の人でも大きな人でも中にいる赤ちゃんはだいたい約3キロですので、相対的なお腹の大きさを考えるとより小柄の人の方がお腹が大きくなりがちです。

栄養不足の人やお肌にハリがない人などは、お肌の潤いが足りないために妊娠線ができやすいのです。カラカラに乾いた砂漠に亀裂が入っている状態を思い浮かべてみてください。

急激に体重増加した人は、妊娠線ケアを頑張っていてもやはり急激にお腹が大きくなりすぎるため妊娠線ができやすくなります。また、多胎児妊婦さんも、おなかが大きくなりやすいために妊娠線ができやすくなります。お腹にはいっている人数が増えると、その分お腹も大きくなるのは容易に想像できますね。

2人目以降の経産婦さんは、たいてい早くからお腹が大きくなり始めます。一度ふくらました風船は、2回目以降は簡単にふくらますことができますよね。それと同じで皮膚が以前の伸びた状態を覚えているため、お腹が大きくなりやすくなるのです。急激にお腹が大きくなることで、妊娠線があらわれてしまいます。1人目の時はできなかったけれど、2人目で初めて妊娠線ができたという方も多いです。

そして何より、妊娠線ができにくい人はやはり、妊娠線予防クリームを毎日しっかり使って妊娠線予防ケアを行っているために妊娠線ができにくいのだと思います。

 

コメントを残す