そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。

その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。

しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。

そのような事になってしまわないためにも妊娠線が出来る原因を十分に理解して、妊娠中はしっかりと妊娠線ケアを行う事がとても重要なポイントになってきます。

そこで今回は、その妊娠線が出来てしまう原因について詳しくご紹介させていただきます。

 

妊娠線が出来る原因は?

妊娠線が出来るのには個人差があり、中には太ももや腕や胸に出来る人もいます。また網目にようになったり、筋状になったりして出来方は人それぞれです。

この妊娠線が出来てしまう主な原因は、妊娠で急激にお腹が大きくなり、皮膚が急激に伸ばされてしまう事にあります。私達の皮膚は表皮と真皮と皮下組織の三層に分かれているのですが、妊娠してお腹が大きくなる際に表皮が伸びやすくなってきます。

しかし真皮や皮下組織の一部には弾力性が無いため、急激に伸びてしまう事に対応出来なくなるのです。
さらに皮下脂肪も弾力性がないため、真皮や皮下組織は伸縮する力が限界を超えてしまう事になるのです。

しかしその状況であっても、お腹は大きくなり続けていくため、皮膚は引っ張られ最終的に亀裂が入ってしまう事になるのです。そして皮膚の上に赤紫の線状の班が現れてしまう事になるのです。

c134197882649866167da216cae04ee5_s_s

妊娠線が出来てしまうのはホルモンバランスも影響?

妊娠線が出来るのには、ホルモンのバランスも大きく関係してきます。妊娠するとホルモンのバランスが崩れやすくなり、コルチコステロイドホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。

この影響を受けるとコラーゲン生成が抑制されたり、肌のターンオーバーの働きが抑制される事になるため、妊娠前の状態よりも肌の代謝が悪い状態になるのです。そのため妊娠すると、肌には弾力性がなくなり、ダメージに弱い状態になるのです。

その状態はとてもデリケートな状態であるため、妊娠線が最も出来やすい状態と言えます。特に、脂肪がつきやすいお腹に妊娠線は現れやすくなっているのです。

それらの妊娠線は、基本的にはお腹の大きくなり始める妊娠6か月頃から現れ始めます。さらには下腹部あたりから妊娠線が現れ始める人も多いようなので、見落としてしまう可能性が高くなります。

コメントを残す