ノコアはできてしまった妊娠線に効果ある!?

妊娠中、うっかり予防をすることを忘れてしまい、できてしまった妊娠線はとても気になるものです。妊娠線対策クリームは予防として使用するものがほとんどです。

肉割れ対策クリームのノコアは、このできてしまった妊娠線にも効果はあるのでしょうか。

 

妊娠線の原因と予防

妊娠をすると急激にお腹が大きくなるだけでなく、体全体のサイズが大幅にアップします。そうなると、急激な体型の変化で、皮膚が伸びてしまい、それが跡になったものが妊娠線です。

妊娠中の体重増加が大きかった人ほど、この妊娠線ができやすく、また肌の乾燥も原因の一つです。体重増加が激しいと、お腹もその分大きくなりますし、腕や太ももなど大幅にサイズアップしてしまった箇所にはお腹と同じように複数の妊娠線や肉割れができてしまいます。また、乾燥が原因となるのは、皮膚がのびてしまった時にコラーゲンが不足していると跡になってしまうからです。

産後に後悔しないように、妊娠線の予防のために、おなかが大きくなる前に保湿効果の高い妊娠線対策クリームを塗って予防をする必要があります。妊娠中のお肌はいつも以上にデリケートになっているので、乾燥や環境の変化にも敏感になっています。

そのため、たっぷりとこまめにクリームを塗り、1日も欠かすことなく予防のケアをすることが必要になります。塗る箇所もお腹はもちろん、腕や太ももなどの肉割れができやすい箇所にも塗ることが大切です。

 

できてしまった妊娠線には、ノコア

妊娠線対策の予防クリームの塗り方が適当でなかったり、また、うっかり予防し忘れてしまったりなどで妊娠線ができてしまった場合、どのようなケアをしたらよいのでしょうか。

多くの妊娠線予対策クリームは予防としておなかが大きくなる前から使用するものなので、できてしまった妊娠線には効果のないものがほとんどです。

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s_s肉割れ対策クリームのノコアは、急激に太ったりしたことが原因でできてしまった肉割れの改善やセルライトにも効果があるクリームです。このノコアは、古い肉割れや頑固なセルライトにも効果があるので、できてしまった妊娠線にも効果を発揮してくれます。たっぷりの保湿成分と高浸透型ビタミンCが配合されていて、肌にハリと潤いを与えてくれるクリームです。

ノコアは、古い肉割れにも効果があるクリームなので、できてから時間が経ってしまっている妊娠線のケアにも効果が期待できます。古い妊娠線を諦めかけていた方も希望をもってケアを始めることができます。妊娠線の程度がひどい場合や、古い場合は、一度に使用する量を意識して増やすようにすると、効果的です。

 

 

コメントを残す