AFC妊娠線クリームってデメリットはないの?

葉酸サプリでお馴染みのAFCが開発した「AFC妊娠線クリーム」。無添加で安全なのに良心的なお値段と、コスパの高さで注目を集めています。更にはクリームの伸びが良いため、少量で済むことも魅力。

良いことだらけのAFC妊娠線クリームですが、デメリットは一つもないのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

美容成分はあまり入ってない?

AFC妊娠線クリームには、「ヘスペリジン」と呼ばれる独自成分が配合されています。

これは血流改善の効果が期待出来、冷えを招きがちな妊婦さんにとって嬉しい成分です。実際、塗った箇所がポカポカしてきて心地よくなります。また、フレッシュな柑橘系の香りが広がるのでリラックス効果もあります。香水と同じ成分が使われていますが、鼻につくようなきつい匂いではないので安心です。

この時点では良いことだらけですが、唯一のデメリットと呼べるところは「美容成分があまり入ってない」ことでしょうか。多くの妊娠線クリームは、保湿効果があったり毛穴を引き締めてくれたりと、同時に美容成分もたっぷり含まれています。それに対しAFC妊娠線クリームは、これといった美容成分が入っていないのです。

しかし、血行改善してくれる「ヘスペリジン」が配合されているのはAFC妊娠線クリームだけですから、あまり大きなデメリットとは言えません。血流が良くなることで、肌色が明るくなったり健康体であるために欠かせない免疫力も上がるため、間接的に美容効果が得られるかと思います。

 

他と比べて浸透力がイマイチ

化粧水やクリームを選ぶ際、浸透力を重視する人も多いのですが、AFC妊娠線クリームは浸透力がイマイチです。ほとんどのクリームには、浸透力をアップさせる「シラノール誘導体」という成分が含まれていますが、AFC妊娠線クリームには使用されていません。そのため、肌に馴染むまでに時間がかかります。付け心地も気持ち良いとは言えないため、苦手な人には苦手でしょう。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s_s

しかし、そんなデメリットも吹き飛ばしてしまうほどの効果を得られるので、浸透力はあまり重視すべき点ではないと思います。「他の商品と比較すると少し浸透力が足りない」というだけなので、気を長くして待てばしっかりと浸透してくれます。化学成分が含まれておらず安心して使用することが出来、値段も安いという点も含めて考えると、AFC妊娠線クリームはとてもメリットに溢れた商品と言えます。

浸透力がイマイチと言えど、どう感じるかは人によって異なるため、一概にデメリットとは呼べません。効果的な葉酸が配合されたAFC妊娠線クリームは、たくさんのメリットをもたらしてくれますよ。

コメントを残す