ベルタマザークリームの人気の秘密とは!?

妊娠中・妊活中は身体の内面を葉酸などのサプリメントでケアすると共に、外側からのスキンケアも大変重要です。

引き締め効果に期待出来る“葉酸”を含むことで人気のスキンケアアイテム、“ベルタマザークリーム”についてご紹介致します。

 

皮膚が伸びる前に対処することで安心して過ごせます!

妊娠をすると、子宮とお腹が大きくなって脂肪と一緒に皮膚も伸びていきます。これは急激に起こるので、そのスピードに耐え切れずに皮膚の表面にひび割れたような跡が出来てしまうことがあります。

亀裂から血管が透けて見えるようになるのですが、妊娠中は赤く透けていたものが出産後は白く変化します。これが妊娠線と呼ばれるものです。症状が出る場所は個人差がありますが、お腹、太腿、お尻に出やすいです。

妊娠線を予防するためには、お腹が大きくなる前に保湿をして“弾力のある皮膚”を準備しておかなくてはなりません。特に妊娠線は乾燥によって発症しやすいので、初期の段階から保湿により潤いを保っておくことが重要です。

ベルタマザークリームは、そんな出産に纏わる肌の悩みを抱える方にお勧めのクリームです。アミノ酸やビタミン、コエンザイムQ10、シラノール誘導体などをバランス良く配合したクリームなので、肌への浸透率がとても高いです。

また、肌のキメを整え引き締める効果に期待出来る葉酸、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンも含まれているので、肌を守るだけではなくキープする力があります。

 

葉酸とお肌の関係を考慮して使用しましょう!

葉酸は、お肌のターンオーバーを促す働きに期待できます。妊娠線予防の他に、肌荒れやニキビ、シミ、たるみなども予防できます。内側から葉酸を飲むと同時に、外側から葉酸を取り入れることで効果を高め、ホルモンバランスを整えることに役立ちます。

特に葉酸を必要とする時期は、紫外線が強い夏場と乾燥が進む冬場です。この時期はホルモンバランスが崩れやすくもあるのですが、そこで葉酸の神経を落ち着かせる働きを利用することで、肌をストレスから守ってくれます。肌が生まれ変わる周期が正常化されることで、より短期間で表皮を修復することが出来るのです。

d996e20fe43997234329aabee15af2f5_s_sベルタマザークリームは、妊娠線予防だけではなく既に出来上がってしまった妊娠線にも対応することが可能です。もし妊娠線が出来ないまま出産を終えても、スキンケアクリームとして使い続けられます。また赤ちゃんのデリケートなお肌にも塗布出来るので、様々な用途でスキンケアが出来るメリットだらけのクリームです。

ローションやオイルでは補いきれない水分と油分をどちらも含んでいるので、伸びも良く保湿が継続することが人気の秘密です。日々のスキンケアに不安を感じる女性にピッタリのアイテムなのです。

コメントを残す