ベルタマザークリームを始めるなら妊娠初期!

女性から高い評価を得ている人気のアイテム、ベルタマザークリーム

このクリームは妊娠線を消せる効果が期待できるかもしれないとして、有名なのです。また、妊娠初期に使うのが最も効果的だとも言われています。なぜその時期に使うことが重要なのでしょうか、詳しく見ていきます。

 

ベルタマザークリームってなんぞや?

まずはベルタマザークリームがどのようなものなのかについて、詳しく見ていきましょう。

a33c5304909d0b5ea2c3db1b20874476_s_sこのクリームは、高い保湿力があるとして人気があります。肌のハリを高める効果が期待できるので、妊娠線を消すのにも使えるかもしれません。その割に値段も安く、なんとワンコインで購入することが出来るのです。ネットで注文したらすぐに届くため、妊娠中で体調が優れない場合でも気軽に手にいれることが可能でしょう。

使い心地もとても気持ち良く、魅力的だと実感するはずです。クリームにありがちなベッタリとしていないため、スッキリとしたつけ心地です。クリームの伸びもいいため、体の隅々まで塗りやすいようになっています。浸透性も良く、肌が潤うのをすぐに感じ取れるかもしれませんね。

ベルタマザークリームを塗った後、すぐに下着や服を着ても問題ありません。さらに臭いもほぼ無いため、鼻が敏感な妊娠時に使用しても不快な気分にならないでしょう。よく臭いを嗅いでも爽やかな柑橘系なので、嫌な香りではないはずです。臭いがきついなと思うこともないはずですよ。

 

ベルタマザークリームを妊娠初期に使うべき理由は?

なぜベルタマザークリームは、妊娠初期に使用することが重要なのでしょうか。それは、妊娠線がつく原因が関係しています。

妊娠線が出来る原因は、妊娠による急激な体重変化なのです。妊娠時は体重が増えていくため、どうしても脂肪がつきやすくなるでしょう。脂肪がついてしまうと、肌が乾燥している方は妊娠線の跡がつきやすくなってしまいます。

そのため体重が増え始める妊娠初期に、ベルタマザークリームを用いて肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。脂肪が例えついても肌が潤っていて柔らかければ、妊娠線の跡は残りづらくなるでしょう。体重が増えてからベルタマザークリームを用いる方も多いのですが、妊娠初期にから使用していた方が妊娠線の予防効果は高くなるかもしれません。

使用方法も簡単です。クリームを適量手に取って、特に脂肪がつきやすいおへそから下やお尻を優しくマッサージします。妊娠時は下腹部に脂肪が非常につきやすいため、そこを重点的に保湿することで妊娠線を予防することが出来るはずです。また胸に脂肪がつく人もいるため、胸周辺にもクリームを塗ると妊娠線を緩和できるのではないでしょうか。

コメントを残す