バイオイルで妊娠線予防できる?

最近女性に人気が出ている、バイオイルというアイテム。このアイテムを利用すると様々な美容効果が期待でき、なんと妊娠線予防にも効くかもしれないのです。

今回は、そんなバイオイルを利用した妊娠線予防の方法を詳しく見ていきます。

 

バイオイルってそもそもなに?

バイオイルというものは、そもそもどういうアイテムなのでしょうか。妊娠線を予防する効果があるかもしれない、バイオイルについてまずは見ていきましょう。

バイオイルとはアロマオイルビタミン、そしてピュアセリンオイルが主成分となっている美容保湿オイルです。これらの成分により、様々な美容効果が期待できるとして人気になりました。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s_s
特にピュアセリンオイルが含まれていることで、肌にビタミンAやビタミンEといった栄養素が肌に浸透しやすくなります。ビタミンが肌に吸収されると、肌のハリが良くなり見た目も若返るかもしれません。またバイオイルはつけ心地もさっぱりとしており、オイル独特のベタつきはあまり無いでしょう。

このバイオイルは、日本だけではなく海外でも販売されているアイテムです。効果は大きく異なるわけでは無いのですが、成分が少し異なります。日本製のバイオイルのほうが、日本人の肌に合わせて作られているため、海外製のものよりもオイルが肌に浸透しやすいと感じるかもしれません。そのため、日本人の方は日本製のバイオイルを選んだほうが、効果が期待できるはずです。

 

妊娠線を予防するための方法とは?

バイオイルはどのように利用したら、妊娠線予防に効果的なのでしょうか?

妊娠線は急激な体重変化により出現する場合があります。線がつかないようにするために重要なのは、肌を柔らかく保つことなのです。また肌のハリがあると、跡がつきにくくなります。さらに妊娠線が出来てしまっても、バイオイルを利用することで消えるかもしれないのです。

具体的な方法を見ていきましょう。まず手にバイオイルを2、3滴手にたらします。そして、優しくお腹をマッサージしてください。おへそから下は脂肪が多く妊娠線が出来やすい場所でもあるため、念入りにマッサージすると効果が現れるかもしれません。

バイオイルを塗るときに気をつけなければならないのは、強くこすらないこと。こすりながら塗ってしまうと、いくらオイルを使用していても肌を傷めてしまうかもしれません。肌を傷つけてしまうと、湿疹やかぶれが出来てしまう場合もあり、そうなるとバイオイルも使用できなくなってしまいます。大切なのは優しく、そしてゆっくりと脂肪を取り除くようにマッサージすることです。

コメントを残す