妊娠線クリームはどうやって選べば良いの?

妊娠中に妊娠線のケアを怠ってしまうと、産後に痕が残ってしまうためしっかりとケアをする事がとても重要になってきます。
妊娠線を予防するためにも、お腹が膨らむ前の早めのケアが必要です。

しかし妊娠線をケアするためのクリームにはたくさんの種類があり、実際にどれを選んで使用したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか?
またどの妊娠線クリームも同じ成分が入っているわけではないので、必ずしも自分の肌に合う物とは限りません

妊娠線クリームを選ぶ際には、成分や肌質や効果やコストなどにおいていくつか注意しておきたいポイントがあります。そこで今回は、自分に合った妊娠線クリームを選ぶ方法について詳しくご紹介します。

 

妊娠線の原因は何?

妊娠線が出来てしまう原因は、大きく分けると2つあります。

まず一つ目はお腹の赤ちゃんが成長するにつれてお腹が大きくなるために、皮膚が急激に伸ばされてしまう事です。

目安としてお腹が大きくなり始めるのは、妊娠5か月ごろです。
お腹が大きくなり始めると、次第に皮膚の下にある真皮やコラーゲンや弾性線維が皮膚の伸びに追いつく事が出来なくなってしまうため、断裂してしまうのです。
そしてその断裂した所に赤紫色の線状の斑が出来てしまうのが、妊娠線なのです。

そして二つ目は、コルチコステロイドと言われるホルモンの影響です。

妊娠するとこのコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加するため、肌の新陳代謝が抑制されてしまうのです。
そのため肌には弾力性がなくなり、より断裂のしやすい状態になるのです。

妊娠するとこれらの影響が出るため、お腹が大きくなる前にしっかりと妊娠線ケアをする事が必要になるのです。

 

妊娠線クリームの選び方

妊娠線ケア用品には、オイルやローションやクリームなど様々な種類があります。その中でも特にクリームは油分と水分がバランスよく配合されているため、肌の真皮や皮下組織へ水分が浸透しやすくなっているのです。

しかしそのクリームには種類によって配合されている水分量や油分の量は様々です。中にはその配合されている分量によって、オイルに近い物になったりローションに近い物になったりする事もあります。

b5188ad353bffd704cabda7318ba4237_s_s妊娠線クリームを選ぶ際には、保湿成分が豊富に含まれているか、真皮までしっかり浸透するか、引き締める効果のある成分は配合されているか、1か月あたりどのくらいのコストがかかるかを見るのがポイントになります。

妊娠線を予防するために最も重要な事は、乾燥から肌を守る事です。そのため妊娠線クリームには、コラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分がたっぷりと含まれているかどうか確認するようにしましょう。

またお腹が大きくなり始める頃から使い始めると考えて、長期的に使用しなければいけないので経済的にも無理のないような物を選ぶ事が大切です。

私のおすすすめの妊娠線クリームは以下です!

妊娠線予防クリーム

 

コメントを残す