妊娠線ケアの頻度ってどのぐらい?

赤ちゃんがお腹の中で成長するにつれてお腹が急激に成長するため、皮膚がその伸びるスピードについていけなくなって亀裂が生じるのが妊娠線の主な原因となります。

妊娠線はお腹周りに多く出来ますが、腕や足や胸やお尻などに現れる事も珍しくありません。しかし出来てしまった妊娠線は出産後に綺麗に消す事は難しいため、出産前の綺麗なお腹や腕や足や胸やお尻に戻る事が出来なくなってしまいます。

後々後悔しないためにも、しっかりと予防する必要がります。妊娠線が出来るのを予防するためには、ケアするための用品を上手に利用しながら正しい方法で妊娠線ケアを行う必要があります。

そこで今回は、正しい妊娠線ケアを行う方法とその頻度について詳しくご紹介します。

 

妊娠線はなぜ出来るの?

妊娠線は、急激な体重の増加とホルモンが大きな原因となります。

妊娠中急激に体に脂肪がついてしまうと同時に、皮膚が引きのばされてしまうため皮膚の上に割れ目が出来てしまうのです。その時皮膚の下では真皮や皮下組織にあるコラーゲンや弾性線維が断裂されているため、赤紫色の痕を残してしまう事になるのです。

さらに妊娠中はコルチコステロイドホルモンというホルモンが多く分泌されているため、この影響で肌のターンオーバーの働きが抑制され妊娠前よりも代謝が悪くなってしまいます。

それらの影響を受けて肌には弾力がなくなり弱い状態になるため、妊娠前の肌よりもダメージを受けやすくなるのです。それが、妊娠線が出来てしまう原因となります。

これらの妊娠線は妊娠中だけでなく、急激に太ってしまった場合にも出来る事もありますので注意が必要です。

 

妊娠線ケアの頻度は?

このやっかいな妊娠線を予防するためには、体重をコントロールする事としっかりと保湿する事がとても重要になります。

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s_s

体重コントロールに関しては、近年どの産婦人科でも太らないように厳しく指導されるようになってきていますので、しっかりとアドバイスを聞く必要があります。

妊娠線に関しては産婦人科では指導を受けない事が多いため、自己流で予防をする人が多いようです。そのため予防方法を間違って行い、ケアをしてたのに妊娠線が出来たという人が多いようです。

正しく妊娠線を予防するためにはとにかく保湿をする事が重要なポイントになり、毎日朝晩たっぷりの保湿クリームを塗り込むようにしましょう。

例え半日でもケアをするのをさぼってしまったら、急に妊娠線が出来てしまう可能性も高くなりますので注意が必要となります。またお腹以外にも妊娠線が出来ないようにしっかりとケアをするようにしましょう。

コメントを残す