妊娠線ケアに体重管理が必要な理由って!?

妊娠線は妊娠して胎児が育ってくるとできてしまうのを経験する人がしばしばいるものであり、一生残ってしまうことが多いことが知られています。

そのため、妊娠線ケアを行っていくことは女性にとって欠かせないことであり、少しでも妊娠線ができないように努力を重ねていく人は多くなってきているのが現状です。しかし、何もしなくても妊娠線に悩まされることのない人もいるものであり、何か違いがあるのではないかと考える人もいるでしょう。

そのときに大きな違いを生んでいるのが体重管理です。体重管理が妊娠線ケアにとって必要であることを理由と共に理解して、妊娠をした時に最も大切になることとして取り組んでいくようにすると良いでしょう。

 

妊娠線ができる理由と体重管理の大切さ

胎児が育つにつれて嬉しい気持ちが隠せなくなってくるのが親心ですが、それと同時に懸念材料となってくるのが妊娠線ができてしまうことでしょう。

妊娠線は平たく言ってしまえば身体の中に胎児を抱えたことによって皮膚の下にある真皮が引き伸ばされてしまい、それによって裂けたことが原因になって生じます。

胎児が育てばお腹が膨らむのは必然ですが、その程度を抑えていくことが妊娠線の予防に重要になるのは明らかでしょう。その観点から重要になるのが体重管理です。

bb537161f69dc0360e1e354803e3bc6b_s_s
妊娠をすると胎児の分まで栄養を摂る必要があることから食欲が高まるようにホルモンが作用します。その影響を受けて体重が増えやすくなりますが、体重が増えればそれだけお腹も大きくなってしまって真皮が裂けてしまいやすくなるのが必然であり、妊娠線ができてしまいやすくなるのです。

 

妊娠線ケアのための体重管理のポイント

妊娠線を作らないようにするためには体重管理をしなければなりませんが、胎児が育つ以上は体重は増えるものです。その目安として知っておきたいのが12kgという境界線であり、体重増加を12kg以下にコントロールできていると妊娠線ができにくいと言われています。

また、急激な体重増加があると12kgも増えなくても妊娠線ができてきてしまうことがあるのも留意しなければなりません。毎日同じ時間に体重を測って、徐々に体重が増えていくように管理していくことが大切な取り組みになります。

しかし、個人差もあることから、別の形で対策をとっていくことも重要になるでしょう。妊娠線クリームを用いて保湿を行っていくのは真皮が裂けてしまうのを防ぐのに役立つ方法です。体重管理だけでは対策が難しいときには考慮してみる価値があるでしょう。

コメントを残す