妊娠線を消すなら皮膚科い行くべき?

赤ん坊の誕生という嬉しい出来事と同時に生まれるのが、産後の体型を戻すということです。

出産後は体型が崩れ、とくに妊娠線を気にする女性は多くいます。これを消すには皮膚科へ行くなどさまざまな治療方法があります。

 

妊娠線とは

赤ちゃんの誕生といのは、女性にとって妊娠・出産という多い事を経て生まれてくるということもあって、うれしいもののひとつです。しかし、出産後には赤ちゃんがおなかに入っていた分の体型が崩れて元に戻すことが難しいこともあります。

赤ちゃんが入っていたために伸びてしまったお腹の皮膚や太ってしまった体型をもとに戻すためのさまざまなエクササイズがあり、多くの人々が体型を戻すこともできます。しかし、そのような体型の崩れの中で特に元に戻しにくいのが妊娠線です。

妊娠線とは、妊娠中に生じる体型の変化のひとつです。妊娠に至るとお腹やバスト、おしり、太ももなどさまざまな身体の部位が大きくなっていきます。その体の変化は急激で、あわせて皮下脂肪も皮膚も細胞分裂が急激に進み伸びていきます。しかし、その急激な変化についていけず皮膚が裂けてしまったことによってできるのが妊娠線です。

この妊娠線は、肉離れと同じようなもので、一度ついた脂肪を運動で減らすように簡単には、失くすことができません。そのため、あらかじめ予防することや出産後のケアが必要になります。

 

妊娠線に悩まされないには

妊娠線は、妊娠によりお腹やおしり、バストが急激に大きくなり、そのスピードについていくことができなかった皮膚が裂けてしまうことによって生じます。そのため、妊娠線に悩まされないためには予防が必要です。

d29e671d41353252aa1662676e58f3d5_s_s

その予防法とは肌に柔軟性を持たせることで、そのために葉酸サプリが良いとされています。葉酸とは、妊娠中に摂取した方が良いとされている成分のひとつで、妊娠中の赤ちゃんによいとされていますが、摂取することで細胞分裂が促進されるため予防にも良いとされています。これに合わせて保湿を十分にすることが予防となります。

しかし予防をしていても、できてしまうこともあります。できてしまった妊娠線を消す方法もさまざまありますが、どれも完全に消すことは確証されていません。妊娠線に大敵なのが乾燥なので、肌を十分に保湿すること、そして肌を早く新しいものにするために新陳代謝を活発にさせる食事法などがあります。

そして、どのような方法を持っても治らない場合は、美容皮膚科や美容クリニックに行き相談することが有効です。完全に消すことは保証されませんが、レーザー照射や瘢痕修正術などの方法があります。

コメントを残す