出来てしまった妊娠線!薄くするにはこの方法!

妊娠線は、体質や肌質によってできやすいかどうかが決まる場合もあり、自分でしっかり予防しているつもりでも、知らないうちにできてしまうことは多いですよね。

うっかり作ってしまった妊娠線を完全に消すのは時間もかかりますし、かなり難しいですが、薄くする方法はたくさんあるので、目立たなくすることは可能です。

 

クリームで保湿する

まず、妊娠線を薄くするためには保湿クリームを使って肌をたっぷり保湿してあげる方法が効果的です。

妊娠中にはお腹が急激に大きくなり、皮膚が薄くなるために肌はどうしても乾燥しやすくなってしまいます。肌は乾燥すると硬くなるので、お腹が大きくなって皮膚が伸びる際についていけず、内側の組織に亀裂が入ってしまいやすくなります。

また、肌が乾燥するとバリア機能が低下して、下着などわずかな刺激に対しててもかゆくなってしまうことが多くなります。お腹をたっぷり保湿することは、できてしまった妊娠線を薄くする効果があるだけでなく、予防効果も期待できます。私もこの方法で、かなり薄くできました。

マッサージも効果的!

マッサージも効果的です。肌をマッサージすることは、血行を良くするだけでなく肌細胞にたっぷりと酸素や栄養成分が行き届きやすくなりますから、一つ一つの肌細胞を弾力的にして皮膚が伸びやすくなるという効果が期待できます。

マッサージをする場合には、乾燥している肌をいきなりゴシゴシするのは逆効果なので、まずはマッサージクリームや保湿クリームをつけて優しくお腹全体に伸ばしてあげてください。

そして、かゆみを感じる部分や、肌が良く伸びている部分など気になるところは念入りにマッサージしてあげましょう。

妊婦さんのマッサージは、力を入れて行うのはNGなので、血行促進のために行っていることを意識しながら行うのがおすすめです。お腹だけでなく、お尻や太ももなども併せてマッサージしておくと、出産後にスッキリした体型づくりにもつながりますし、血行が促進されるのでセルライト防止効果も期待できるのでぜひお試しください。

 

コメントを残す