妊娠線ケアにアットノンて効くの?

アットノンは、皮下組織の血流の循環を促し皮膚の新陳代謝を上げ、傷跡を残りにくくする効果のある医薬品です。

できてしまった直後の妊娠線は赤く、時間が経ってしまった妊娠線は白くなります。

アットノンは、できてしまった直後の妊娠線には効果的なようですが、時間が経過した妊娠線には効果はないようです。

そもそもアットノンは、傷あと・やけどのあとに塗る医薬品で、傷あとを目立たなくしてくれるものなので、妊娠線のケアには向いてない商品です。

 

アットノンでは妊娠線予防もできない!

もちろん、アットノンは妊娠線ケアだけではなく、予防にも向いていないので、妊娠線専用クリームを利用して予防やケアをすることが大切です。

妊娠線ができた直後は痛みがなく、とにかく痒いという症状が出てきます。できたばかりの妊娠線は、痛みはないのですが怪我をした状態とよく似ているので、アットノンでもある程度効果が期待できるのです。

ですが、時間が経過してしまうと効果がないので、使うなら妊娠線がまだ赤みを帯びている状態のときに使用するとよいでしょう。普段から妊娠線の予防をしていても、いつの間にかできてしまう場合があります。そのような時に、応急処置として使用すると良いでしょう!

普段は専用の妊娠線クリームで予防をしていき、それでもできてしまった場合の緊急時にアットノンを利用するのも良い方法です。

 

コメントを残す