妊娠線クリームの効果を最大限に引き出す方法って?

妊娠線クリームを使う目的は、伸びている肌に潤いを与えて柔らかい状態を保ち、妊娠線を防ぐことですね。そのためにお金を出して買うわけですから、買って、ただ塗っているだけではもったいないです。せっかく買った妊娠線クリームの効果を目一杯引きだしてあげて、妊娠線をしっかりと防いでいきましょうね。

 

妊娠線クリームを一日最低2回塗る!

効果的な塗り方としては、「一日最低2回は塗る」ということをお勧めします。多くの人は、お風呂上り、裸になっている時に妊娠線クリームを使うと思います。私も何も考えず、ただ裸になっていて塗りやすいからという理由だけでお風呂上りに塗っていました。でも、あとで調べて分かったのですが、お風呂上りのお肌が一番水分を保持した状態なのだそうです。そこからどんどん乾燥が進んでいくそうなので、お風呂上りのタイミングで肌の水分にふたをしてあげるのはとても効果的なんだとか。また、お風呂上りは肌がお湯の温度で柔らかくなっているので、クリームの保湿成分が最も浸透するタイミングでもあるそうです。なので、お風呂上りの妊娠線クリームは正解です。

2a9be0147950b31275f749ea95c16b84_s_s
ただ、それだけでは残念ながら足りないのです。夜、寝ている時に私たちは汗をかきます。これは誰にでも起こる体の正常な活動なのですが、この時に汗と一緒に肌に必要な水分も逃げていってしまうのだそうです。夜にクリームでふたをしているので、逃げにくくはなっているのですが、それでもクリームを塗った直後よりは乾燥は進んでいるそうです。なので、朝、着替えるタイミングでも妊娠線クリームを塗ってあげると良いのだそうです。

 

妊娠線クリームでしっかり保湿

私は妊娠前には自分のことを乾燥肌ではないと思っていました。ボディケアも特にしていなかったし、乾燥していると感じたこともありませんでした。でも、妊娠中はお腹や手足の肌が乾燥しているなと感じることがよくありました。その時の状況にもよるのですが、乾燥していると感じたらできるだけすぐにクリームを塗るようにしました。これもクリームの効果を高める使い方だと思います。

妊娠後期にウエスト周りやブラジャーの金具の部分が痒くなることがあったので、看護師さんに相談したことがあります。すると、「乾燥して痒くなってるかも。肌が引っ張られると毛穴も開くから乾燥しやすいんですよ」と教えてもらいました。痒くなったときにはすでに乾燥が進んでいるそうです。妊娠線を防ぐためには、痒みを感じないくらいに、こまめにクリームを塗りなおす方が良いんだなと実感しました。

コメントを残す