妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。

また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしないと言われています。妊娠線のケアの種類を幾つかご紹介します。

 

妊娠線予防のクリームやオイルを使う

まず誰もが思いつくのは妊娠線予防のクリームやオイルを使う事ではないでしょうか。お腹の皮膚が伸びずに亀裂が入ってしまうのが妊娠線です。クリームやオイルを使うことでお腹の皮膚を保湿して柔らかく保つことが出来ます

妊娠線予防のクリームはお風呂あがりなどにたっぷりお腹に塗って、優しくマッサージしましょう。クリームが冷たいとお腹が張ってしまう原因にもなるため、一度手のひらにクリームを乗せ、手でクリームを包み込んで人肌程度に温めてから使うと良いでしょう。出来れば毎日習慣化することが大切です。マッサージするとフワフワの柔らかいお腹になるのが実感できます。赤ちゃんの胎動を直に感じることもできるので、一石二鳥です。

妊娠線予防のクリームやオイル、ジェル、ボディーバターなどは、様々な種類のものが市販されています。目的は、どれも大きくいうとお腹の保湿ケアです。妊娠中に毎日たっぷり使えるように大容量の商品が多いです。使用感も様々です。よく伸びるもの、浸透が良いもの、良い香りのするものなど、自分に合った商品を選んでみてください。サンプルのパウチがある商品もありますので、一度試してみるのも良いですね。

 

さらしやガードルなども有効

78f9f4aafaffe7229d40e44a9f162d13_s_s急にお腹が大きくなると妊娠線が出来やすくなります。お腹をさらしや腹巻き、ガードルなどで固定してお腹を急に大きくしないことも、妊娠線ケアの方法としては有効です。お腹を固定することでお腹を外部の刺激から守り、お腹の保湿効果も期待できます。

昔は妊娠5か月目の戌の日におなかにさらしを巻く習慣がありました。今は赤ちゃん用品店やデパートなどに腹巻タイプやガードルタイプのものが販売されています。お腹を固定することで、赤ちゃんが臨月前に下がってくることを防いだりもできます。あまりに固定しすぎて苦しくなるものは、ママにも赤ちゃんにもよくありません。包み込む感があるものが良いですね。

妊娠線ケアで、赤ちゃんがいても綺麗で素敵なお腹を維持しましょうね。

コメントを残す