妊娠線ケアには体重管理が超重要!

妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか?

お腹の皮膚はあまり伸びません。お腹が急に大きくなると、お腹の皮膚がその大きさのスピードに対応できずに途中で亀裂が生じてしまいます。これが妊娠線の原因です。

実は妊娠線は、体重の増加が8キロ以下だった妊婦さんにはあまり出来ないというデータがあります。おなかがあまり大きくならないため、お腹の皮膚の伸びがお腹の大きさのスピードについていけるためだと考えられます。それでは妊娠中にダイエットして体重を増やさなければ妊娠線は出来ないのではないかと思われるかもしれません。

ですが、赤ちゃんと子宮、羊水、胎盤などの重さを考えると、妊娠期間中にまったく体重を増やさないということは赤ちゃんにとって絶対によくありません。妊娠線が怖いからといって、太らないように食事制限などをしてダイエットすると、赤ちゃんの成長には悪影響です。

 

体重増加のスピードが大切!

妊娠中の理想的な体重増加は8キロから10キロだと言われています。そして妊娠線ケアで大切な体重管理ですが、大切なのは体重増加のスピードです。

お腹が急激に大きくなるとお腹の皮膚がついていけなくなって破裂します。おなかがゆっくり大きくなると、お腹の皮膚は常にお腹の大きさの変化についていけるため、破裂することはありません。

だいたい1週間に約500g以上増やさないようにしていくと、妊娠線ができるリスクは下がると考えられています。なかには10キロ以上体重は増えたけれど妊娠線はできなかったというママもいます。そのような方は体重増加が緩やかであり、お腹の皮膚がお腹の大きさに合わせてゆっくりとのびていくことが出来たからであると考えられます。

 

臨月の時は要注意!

特に注意したいのが予定日間近の臨月のときで、その時に赤ちゃんは一気に大きくなりますのでママの体重も一気に増加しがちです。出産日前日に妊娠線が出来てしまった、というママもいます。

出産日が近くなったら体重管理は特に気をつけましょう。でもあまり神経質になりすぎるのもよくありません。妊娠期はゆったりとした気持ちで過ごすと赤ちゃんの成長にも良いですよ。

ちなみに塩分の取りすぎは体重増加にもむくみにもよくありません。体重が増えすぎて困っている場合は、日々の食事の塩分量を見直してみましょう。

 

妊婦健診が1ヶ月に一度、または2週間に一度ありますよね。その時に体重増加をチェックしてもらうと良いでしょう。もちろん、体重管理とともに妊娠線予防クリームなどでケアをすることも大切ですね。

 

コメントを残す